油川 信次(あぶらかわ のぶつぐ)は、戦国時代の武将。天正3年(1575年5月21日長篠の戦いにて死去。

 
油川信次
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 天正3年(1575年)5月21日
別名 油川四郎左衛門
主君 武田信玄武田勝頼
氏族 甲斐武田氏油川氏
父母 父:彦三郎信吉
武田信貞(油川信貞)
テンプレートを表示

甲斐守護・武田信昌の次男・油川信恵の子孫で、信恵が永正5年(1508年)に戦死した後に生き残った油川源左衛門(信守と言われていた武将)の孫にあたる。武田信玄の側室となった油川夫人は叔母。子に武田信貞(油川信貞)。

その他編集

死亡年月日に異説在り。

子孫は明治時代兵庫県に移住し、血を受け継いでいる。

脚注編集


参考文献編集