油日神社(あぶらひじんじゃ)は滋賀県甲賀市甲賀町油日に鎮座する神社である。国史見在社旧社格県社。祭神の油日大神は勝軍神として武士の崇敬を受け、社名から油の火の神としても信仰された。油日岳神体山とし、山頂には罔象女神を祀る岳神社がある。神紋は木瓜二ツ引

油日神社
Aburahi-jinja.JPG
油日神社 楼門
所在地 滋賀県甲賀市甲賀町油日1042
位置 北緯34度53分13.3秒
東経136度14分59.0秒
座標: 北緯34度53分13.3秒 東経136度14分59.0秒
主祭神 油日大神
社格 国史見在社、旧県社
創建用明天皇朝(または天武天皇朝)
本殿の様式 三間社流造檜皮葺
例祭 5月1日
主な神事 太鼓踊(5月1日)
地図
油日神社の位置(滋賀県内)
油日神社
油日神社
テンプレートを表示

歴史編集

創祀年代不詳であるが、用明天皇または天武天皇の時代の創建と伝えられる。油日岳の山頂に油の火のような光とともに油日神が降臨したことから「油日」の名がついたと伝えられる。また、聖徳太子が社殿を建立し油日大明神を祀ったとの伝承もある。

国史の初見は、『日本三代実録』の元慶元年12月3日878年1月9日)条に「近江国の正六位上、油日神に従五位下(の神階)を授く」という記述である。『延喜式神名帳』に記載される「甲賀郡 川枯神社二座」と見る説もあるが[1]、従いがたい[2]

本殿には「正一位油日大明神」と記した明応2年(1493年)の棟札があり、建立年代が判明する。甲賀地域随一の名社であり、中世には甲賀武士聖徳太子を軍神として崇めるとともに「甲賀の総社」として信仰されていた。1906年明治39年)7月に県社に列格し、1911年(明治44年)、村内の10社を境内社として合祀した。

祭神編集

境内編集

文化財編集

重要文化財編集

滋賀県指定有形文化財編集

  • 福太夫神面 1面 附:ずずい子1躯

甲賀市指定有形文化財編集

  • 鐘楼

甲賀市指定天然記念物編集

  • コウヤマキ

国の史跡編集

選択無形民俗文化財編集

  • 油日の太鼓踊り

滋賀県選択無形民俗文化財編集

祭事編集

太鼓踊りは国の選択無形民俗文化財、奴振りは県選択無形民俗文化財
  • み生れまつり

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『近江名跡案内記』
  2. ^ 宇野「川枯神社」。「川枯神」は同じ『日本三代実録』の貞観3年4月8日861年5月21日)条に「近江国の従五位下、川枯神に正五位下を授く」という記述があり、元慶元年(877年)時点で既に正五位下なので合わない。

外部リンク編集