メインメニューを開く

沼尻駅(ぬまじりえき)は、福島県耶麻郡猪苗代町若宮にあった磐梯急行電鉄(旧・日本硫黄沼尻鉄道部)の廃駅)である。磐梯急行電鉄線の廃線に伴い1969年(昭和44年)3月27日に廃駅となった。

沼尻駅
ぬまじり
NUMAJIRI
木地小屋 (3.9km)
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町若宮
所属事業者 磐梯急行電鉄
所属路線 磐梯急行電鉄線
キロ程 15.6km(川桁起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年(大正2年)5月11日
廃止年月日 1969年(昭和44年)3月27日
備考 磐梯急行電鉄線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

目次

概要編集

開業時からの駅の一つで、当線の終着駅として開業した[1]

旧駅名は大原駅であるが、1923年(大正12年)11月から実施された国鉄との連帯運輸に備えて、他の駅と同名になることを避けるために、沼尻駅に改称した[1][2]

当駅から沼尻鉱山のある選鉱所までは索道で結ばれていた[1]

歴史編集

  • 1913年大正2年)5月11日 - 日本硫黄耶麻軌道部川桁駅 - 当駅間開通(全通)に伴い大原駅(おおはらえき)として開業。
  • 1923年(大正12年)10月28日[1] - 沼尻駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)1月1日 - 路線名を日本硫黄沼尻鉄道部に改称。それに伴い同線の駅となる。
  • 1964年(昭和39年)6月1日 - 鉄道会社名を日本硫黄観光に改称。それに伴い同鉄道の駅となる。
  • 1967年(昭和42年)8月1日 - 鉄道会社名を磐梯急行電鉄に改称。それに伴い同鉄道の駅となる。
  • 1968年(昭和43年)10月14日 - 会社倒産による磐梯急行電鉄線の営業休止に伴い休止駅となる。
  • 1969年(昭和44年)3月27日 - 磐梯急行電鉄線の廃線に伴い廃止となる。

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[3]。ホームは線路の南東側(沼尻方面に向かって右手側)に存在した[3]。そのほか、本線のホーム部分の真北に車輌転回用のデルタ線を有し、デルタ線の先端部は側線として長く伸び、さらに途中から計3線の側線が分岐し、うち1線は沼尻鉱山の精錬所から結ばれた索道で運ばれて来た硫黄の積込設備[1]への引込線、残り2線は倉庫への貨物側線であった[3]。また、デルタ線の左辺に当たる部分の途中から分岐しさらに2線に分岐する工場線、及び本線川桁方から構内南西方に分岐しさらに2線に分岐、片方には小さな車庫が設置された車庫線も有した[3]。硫黄の積込設備では、屋内でバケットから無蓋貨車に積載された[4]

職員配置駅となっており、駅舎は構内の南東側に位置しホーム中央部分に接していた[3]

駅周辺編集

駅跡編集

1996年(平成8年)時点では、駅舎の位置が移動し関連会社であった沼尻観光の事務所として再利用されていた[5]。当時の車庫も残存し、その隣に駅舎が移動していた[5]。附近の木材倉庫の陰にレールが6本打ち捨てられていた[5]。2007年(平成19年)5月時点でも同様で、駅舎の移設については向きを東から南に変え、位置を若干西側に移動させたとのことであった[6]。また「なつかしの沼尻軽便鉄道を訪ねて」と記載され、駅の説明文と現役時代の写真が付いた、駅名標を模した案内板が建てられていた[6]。2010年(平成22年)4月時点でも同様であったが[7][8]駅舎は既に利用されていない模様であった[8]

当駅跡附近の線路跡は木地小屋駅跡から続く未舗装道路となっており、2007年(平成19年)5月時点では当駅跡手前にあった小さな橋梁が、林の中に利用可能の状態で残存していた[6]。2010年(平成22年)4月時点でも同様で、渡るために木片が敷かれていた[9]

国道115号線から中ノ沢温泉への分岐地点近くが、「沼尻駅前」という地名となっている[7]

隣の駅編集

磐梯急行電鉄
磐梯急行電鉄線
木地小屋駅 - 沼尻駅

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e 書籍『RM LIBRARY 113 日本硫黄沼尻鉄道部(上)』(著:青木栄一ネコ・パブリッシング、2009年1月発行)20ページより。
  2. ^ 書籍『新 消えた轍 3 東北』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング、2010年8月発行)101ページより。
  3. ^ a b c d e 『RM LIBRARY 113』28-29ページより。
  4. ^ 書籍『写真でつづる 懐かしの沼尻軽便鉄道』(編:『懐かしの沼尻軽便鉄道』編集委員会、歴史春秋出版、2000年2月発行)130-131ページより。
  5. ^ a b c 書籍『鉄道廃線跡を歩くII』(JTBパブリッシング、1996年9月発行)41ページより。
  6. ^ a b c 書籍『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2007年9月発行)47-49ページより。
  7. ^ a b 『新 消えた轍 3』108ページより。
  8. ^ a b 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く2 南東北・関東編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)69ページより。
  9. ^ 『新 消えた轍 3』108-109ページより。

関連項目編集