メインメニューを開く
紫山公園から南を望む

泉パークタウン(いずみパークタウン)は宮城県仙台市泉区の丘陵地帯にあるニュータウン三菱地所グループ(子会社含む)が単独で手がけており、一つの民間企業が単独で手がけるものの中では日本最大規模の複合開発事業である。

概要編集

住基人口
2008年4月1日[1]
高森地区 8,569人
桂地区 6,825人
寺岡地区 6,280人
紫山地区 3,837人
合計 25,511人
  • 総開発面積1,070ha
  • 計画人口50,000人

泉パークタウンは、昭和40年代仙台市(当時)の急激な人口集中により住宅不足が問題になっていたため、当時の仙台市北郊においてベッドタウンとして急速に発展していた宮城郡泉町(1971年泉市)の黒川丘陵上に三菱地所がニュータウン計画を作成した。当時主流だった単に新興住宅地を建設して大都市の住宅供給を行うという趣旨ではなく、最先端の工業団地やゴルフ場、スポーツ施設、大規模商業地区、大学等がある一つの完結した都市を作ることを目的とした[2]。事業期間は1969年昭和44年)からで、1974年(昭和49年)から高森地区の入居が開始された。現在、根白石地区に計画されている第6住区の開発が残っているが、それ以外は整備が完了している。開発されて30余年が経つが、自然と都市が融合し、年月を感じさせない街並みが今も人気である。仙台を代表する新興住宅地として高評価されている。1998年度(平成10年度)に都市景観100選を受賞した。

都市景観の保全という観点から商店の進出が大幅に規制され、コンビニエンスストアや商店は非常に少ない。また、アパートを建てる事ができないため、学生、単身赴任などの短期滞在者がここに住むことは難しい。

分譲から30年以上経過しており、第1期分譲地区である高森地区は住民の少子化、高齢化が著しい。最初に開校した高森小学校1984年(昭和59年)に1084名を数えたが、のちに寺岡小学校高森東小学校に分離、その後の児童数は減り続け、2005年(平成17年)には児童数195名、各学年1クラスとなったが、その後2丁目の共同住宅用地にマンションが建設されたことで子供の数が増加し、2009年(平成21年)4月には久しぶりに1年生が2クラスとなった。

定住型住宅地なので、一度建てると住民の転出入は少ないため、学校を建設しても一時期においてはマンモス校になるが、その後は減少の一途をたどる。これは、仙台市内の他の住宅団地(鶴ケ谷茂庭台南光台・長命ケ丘・泉ビレジ・将監・黒松など)でも同じように見られる傾向である。一方、仙台市都心部に隣接する住宅地(錦町上杉五橋北仙台など)は次々と新しいマンションが出来ており、人口も郊外の団地と比較すれば増加の傾向にある。これは、中心街区は古くより住民の転出入が多かったことや、都心回帰の影響によるとされている。いずれにせよ、仙台市においてもドーナツ化現象に付随する諸問題が浮上している。

2018年11月中旬から、最後の開発区域となる寺岡・紫山地区の西隣接地にあたる第6住区(約148万m2)の造成工事が着手。2022年春以降、一戸建て用の宅地1965区画の分譲が開始される予定である[3]

青葉区堤町に位置するJCHO仙台病院(旧仙台社会保険病院)が、2020年10月、紫山に新築移転を予定している。移転は当初、2017年を予定していたが、周辺道路の交通量調査から敷地を追加取得して、設計を見直したため、開院時期が変更となった。新病院は7階建ての免震構造で、ベッド数は現病棟から44床減の384床、診療科は現在と同じ20科で、新たに地域の医療介護を担う訪問看護ステーションを設けるとしている[4]

構成地域編集

高森・桂・寺岡・紫山から成る「住居ゾーン」のほか、中心部に計画されている「タウンセンター」、ゴルフ場・スポーツガーデンから構成される「スポーツ・レクリエーションゾーン」、明通にある工業団地ゾーン「インダストリアルゾーン」の4つから構成されている。

なお、仙台白百合学園の一部と宮城大学は住所表示上は黒川郡大和町である。両教育施設は泉パークタウンに隣接し、一体となって開発されているものの、厳密には三菱地所が運営主体の泉パークタウンとは異なる開発事業である。

住居ゾーン編集

総面積は1,070ha(約320万坪)[5]。住区番号は東側から順に付与されているが、開発はタウンセンター周辺から始まっており、住区番号に従っていない。住区の一部の未供給の街区を後に売り出す例もあり、2011年(平成23年)5月には「寺岡山南街区」、2013年(平成25年)4月には「紫山1丁目東街区」が分譲開始されている[6][7]。「第5住区」(紫山)および「紫山1丁目東街区」は、都市緑地法に基づく緑地協定を仙台市と締結している[8]

住居ゾーン (Residential Zones)[5][7]
住区 面積 計画 開発 分譲
開始
該当範囲
戸数 人口 住所 地図
第1住区 106ha 02,300戸 09,200人 第4期 1991年 桂1 - 4丁目 地図 - Google マップ
第2住区 089ha 01,960戸 07,840人 第3期 1985年 高森2、3、6、7丁目 地図 - Google マップ
第3住区 105ha 01,657戸 05,800人 第1期 1974年 高森1、4、5、8丁目
第4住区 155ha 02,816戸 09,860人 第2期 1980年 寺岡1 - 6丁目 地図 - Google マップ
第5住区 161ha 02,400戸 09,600人 第5期 1997年 紫山1 - 5丁目 地図 - Google マップ
第6住区 148ha 02,230戸 08,920人 第6期
合計 764ha 13,363戸 51,220人

なお、第二住区(高森)の北東に隣接する「オナーズヒル北高森[9]」(面積:約6ha、全117区画、2010年造成完了)は、東北ミサワホームセントラル自動車東京エレクトロン等の進出による宅地需要増加を見越して開発した[10]

タウンセンター編集

寺岡6丁目、高森1丁目、紫山2丁目、大和町学苑に跨って計画されている泉パークタウンの中心地。主要なものに、以下の施設がある。

スポーツ・レクリエーションゾーン編集

明通地区西部から南部に跨る泉パークタウンゴルフ倶楽部、泉パークタウンスポーツガーデンから構成されるスポーツを楽しむためのゾーン。スポーツガーデンは泉パークタウンテニスクラブ、野球場(市営)、サッカー・ラグビー場、芝生広場、ゴルフ練習場など多彩な屋外スポーツを楽しむことができる。サッカー場はベガルタ仙台により人工芝が敷かれて、ユース、Jr.ユースが主として練習に使う。

インダストリアルゾーン編集

インダストリアルとは、働くという意味で、明通地区北部から東部に跨る工業流通団地。ほかの工業団地とは異なり、緑が多く働きやすい環境となっている。地元の会社の工場が多いが、東北セミコンダクタ(フリースケール・セミコンダクタの生産拠点、かつてはモトローラ東芝の合弁)、アルプス電気トヨタ自動車といった大企業の工場もある。当地に本社のある企業としてはNTKセラテックがあり、また七十七銀行の泉センター(電算センター)、東北電力の泉センター(通信鉄塔がある)、河北新報の印刷工場もあり、仙台都市圏経済を影で支えている。2008年(平成20年)には日本赤十字社宮城県赤十字血液センターが青葉区内から移転している。

大規模イベント編集

1980年代には、泉パークタウンスポーツガーデンが大規模野外コンサートの開催地として利用されていた。現在は周辺に住宅が増えたため、開催例は見られない。以下に主な事例を列記する。

1987年昭和62年)

1988年(昭和63年)

1989年平成元年)

交通編集

鉄道+バス編集

  • 仙台市地下鉄 南北線
    泉中央駅から宮城交通に乗り換え、桂地区まで約8 - 10分、高森地区まで約15 - 20分、寺岡・紫山地区までは約20 - 25分。朝夕の通勤ラッシュ時は、泉中央駅周辺の大渋滞のため、さらに10 - 15分余分に掛かる。
    泉パークタウンは非常に広大で、バス系統も行き先によって複雑なルートを取るため、乗車の際は注意が必要である。

泉パークタウンはバスの本数は少なくないものの、バス・地下鉄の運賃が高いため、都心まではかなりの交通費がかかる。(参考:泉パークタウンの中心の高森地区から仙台駅まで行くとすると、大人1名でバス→地下鉄の乗り継ぎで500~600円台である)

  • 宮城交通 宮城大学線
    仙台駅から上杉(もしくは県庁市役所)・東勝山・宮城学院経由宮城大学行きに乗車。2007年(平成19年)4月1日より新設。泉パークタウン・仙台駅間を毎時3本で結ぶ。都心に直結する系統としては地下鉄開業によって廃止されていた路線が復活した。しかし泉中央駅発着路線との運賃バランスのため、600円台と同距離の路線と比較すると高額な運賃設定となっている。

高速道路編集

一般道路編集

  • 宮城県道263号泉ヶ丘熊ヶ根線
    泉パークタウンの中心部を東西方向に貫いている幹線道路である。現在は紫山から先が不通区間で、ダート区間になっている。将来的に根白石地区が分譲される際に根白石方面へ延長・拡幅工事される予定である。

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

参考文献編集

  • 三菱地所株式会社「泉パークタウン開発概要書」、1998年6月。仙台市史編さん委員会『仙台市史』資料編5(近代現代1交通建設)、1999年、に収録、資料番号344、550-554頁。

関連項目編集

外部リンク編集