メインメニューを開く

泉北天然ガス発電所(せんぼくてんねんガスはつでんしょ)は、泉北天然ガス発電株式会社が運営するガスタービンコンバインドサイクル発電方式による天然ガス火力発電所である。

泉北天然ガス発電株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
大阪市中央区平野町4-1-2
設立 2008年(平成20年)11月4日
業種 電気・ガス業
事業内容 泉北天然ガス発電所の発電および電力供給等
代表者 後藤 暢茂(代表取締役社長
資本金 20億円
売上高 587億5000万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 18億6900万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 13億1900万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 9億4800万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 49億6100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 381億4900万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 大阪瓦斯 90%
Qalhat LNG S.A.O.C 10%
テンプレートを表示

堺泉北臨海工業地域に位置する大阪瓦斯泉北製造所に計4基発電機を設置し、特定規模電気事業者(PPS)の発電所として日本最大級の計110.9万kWの発電を行う。最高効率57%(LHV基準)を実現するなど発電効率に優れている。

発電設備編集

  • 所在地
大阪ガス泉北製造所第二工場内 大阪府高石市高砂3-1(1,2号機)
大阪ガス泉北製造所第一工場内 大阪府堺市西区築港浜寺町4(3,4号機)
1号機
定格出力:27.7万kW
使用燃料:LNG
熱効率:57%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2009年5月1日
2号機
定格出力:27.7万kW
使用燃料:LNG
熱効率:57%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2009年4月1日
3号機
定格出力:27.75万kW
使用燃料:LNG
熱効率:57%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2009年11月1日
4号機
定格出力:27.75万kW
使用燃料:LNG
熱効率:57%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2009年10月1日

沿革編集

  • 2002年 事業化調査を開始
  • 2006年10月2日 建設工事開始。施工は日立製作所東芝が担当した。[3]
  • 2006年2月1日 着工
  • 2009年4月1日 2号機運転開始[4]
  • 2009年5月1日 1号機運転開始[5]
  • 2009年10月1日 4号機運転開始[6]
  • 2009年11月1日 3号機運転開始[7]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集