メインメニューを開く

泉鏡花記念館(いずみきょうかきねんかん)は、石川県金沢市にある泉鏡花を取り扱う金沢市立の文学館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 泉鏡花記念館
Izumi Kyoka Kinenkan Museum
泉鏡花記念館004.jpg
施設外観
施設情報
正式名称 泉鏡花記念館[1]
専門分野 文学
来館者数 16,176人(2010年(平成22年)度)[2]
館長 秋山稔(金沢学院大学学長)
学芸員 穴倉玉日
事業主体 金沢市[1]
管理運営 公益財団法人金沢文化振興財団[3]
延床面積 431.09m2
開館 1999年(平成11年)11月14日
所在地 920-0910
石川県金沢市下新町2番3号[1]
位置 北緯36度34分17.2秒 東経136度39分47秒 / 北緯36.571444度 東経136.66306度 / 36.571444; 136.66306座標: 北緯36度34分17.2秒 東経136度39分47秒 / 北緯36.571444度 東経136.66306度 / 36.571444; 136.66306
アクセス 金沢駅からバス15分
外部リンク 泉鏡花記念館ホームページ
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

1999年(平成11年)11月14日に鏡花の生家跡に建つ邸宅を増築・改修して館施設として開館し、公益財団法人金沢文化振興財団によって運営されている。展示は観光地にある事を考慮して泉鏡花に対する予備知識を持たない者を想定した展示となっている。所蔵品は鏡花の遺品、自筆原稿、鏡花作品の演劇映画等の資料が中心であり、フランス文学者である生田耕作と二男・生田敦夫が収集した鏡花コレクションも引き継いでいる。

館内編集

  • 第一展示室 - 常設展示室「鏡花・美の系譜」(17m2:土蔵)
  • 第二展示室 - 常設展示室「創作活動と人柄」(74m2
  • 第三展示室 - 企画展示室 (土蔵:40m2
  • コミュニティスペース - ミュージアムショップ・シアタースペース・受付(60m2
  • 講座室 - 30m2(土蔵)
  • 応接室 - 12m2
  • 玄関・ホール - (築増:19m2

建築概要編集

  • 構造・規模
    • 主屋 - 造瓦葺き、地上2階
    • 続き棟土蔵3棟 改修(一部増改築)
  • 敷地面積 - 669.82m2
  • 建築面積 - 332.97m2
  • 延床面積 - 431.09m2

利用案内編集

開館時間
午前9時 - 午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般…300円  
団体(20名以上)…250円
65歳以上…200円(祝祭日は無料)
障害者手帳所持者…200円(祝祭日は無料)
高校生以下…無料

金沢市文化施設共通観覧券が使用できる[4]

交通アクセス編集

 
 
泉鏡花記念館
 
金沢駅
金沢市における位置

周辺編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集