メインメニューを開く

泉駅 (福島県いわき市)

日本の福島県いわき市にある東日本旅客鉄道の駅

泉駅(いずみえき)は、福島県いわき市泉町滝尻上谷地(かみやじ)にある東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線福島臨海鉄道本線貨物線)のである。事務管コードは▲421131[1]

泉駅
南口(2013年12月)
南口(2013年12月)
いずみ
Izumi
所在地 福島県いわき市泉町滝尻上谷地30
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
福島臨海鉄道
電報略号 イミ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,449人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1897年明治30年)2月25日
乗入路線 2 路線
所属路線 常磐線(JR東日本)
キロ程 195.0km(日暮里起点)
植田 (7.2km)
(6.5km) 湯本
所属路線 福島臨海鉄道本線(貨物線)
キロ程 0.0km(泉起点)
(4.8km) 小名浜
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
北口(2005年8月)

目次

歴史編集

国際港である小名浜港の最寄り駅であることから、一時期は駅名を小名浜駅に改称する動きがあった。

駅構造編集

2面3線のホームを有する地上駅橋上駅舎を持ち、北口と南口の間は自由通行が可能だが、駅舎横には別に跨線橋がある。また、駅近くに日産自動車いわき工場があることから、駅舎内にエンジンが、また竹内精工ベアリングなども展示されている。直営駅で、みどりの窓口(営業時間 8:00 - 18:00)、Suica対応自動改札機指定席券売機が設置されている。

福島臨海鉄道側は、1998年まで旅客営業当時の旅客ホーム・跨線橋が残っていたが、橋上駅舎化の際に撤去された。運転事務室・て子扱所は新築移設され、現在も使用されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1 常磐線 上り 水戸土浦方面[2]
2 下り いわき方面[2]
3 一部の列車

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は2,449人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,289 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,291 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,276 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,209 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 2,130 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,072 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,089 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,111 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,101 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,039 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,047 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,928 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,141 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,245 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,256 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,445 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,452 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,425 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 2,449 [利用客数 1]

駅周辺編集

小名浜地区への最寄駅であり、新常磐交通バスが連絡している。駅の両方の出入口にタクシーのりばがある。駅前は南側が開けている。

路線バス編集

新常磐交通によって運行されている。1番のりばの路線は、一部を除いたほとんどが小名浜(支所入口)を経由する。※で示した路線は、いずれも登校日のみ運行。

「泉駅前」乗り場(南口)編集

1番のりば編集

2番のりば編集

3番のりば編集

  • 湯本高校
  • 泉市内循環内回り(泉もえぎ台方面)
  • 泉市内循環外回り(泉橋方面)

「泉駅北口」乗り場編集

泉市内循環(泉駅経由泉もえぎ台方面・泉ヶ丘三丁目方面)

廃止路線編集

泉駅~泉立体橋~上釜戸 泉駅~大剣~大畑 (平日朝一往復)2018年3月24日廃止 

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
普通
植田駅 - 泉駅 - 湯本駅
福島臨海鉄道
福島臨海鉄道本線
泉駅 - *滝尻駅 - *東邦亜鉛前駅 - **宮下駅 - *水素前駅 - 小名浜駅
打消線は廃駅(*:旅客駅、**:貨物駅)

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 一本だけ隣の2番乗り場から発車する

出典編集

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ a b 時刻表 泉駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月8日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月5日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集