法務省刑事局(けいじきょく)は、日本の法務省内部部局の一つ。

任務編集

主な任務は以下のとおり[1]

  • 検察権の行使についての指揮監督に関する事務
  • 検察庁の組織・運営に関する企画・立案及び実施に関する事務
  • 刑事法制に関する企画立案に関する事務
  • 犯罪人の引渡し及び国際捜査共助に関する事務
  • 国際会議への出席

組織編集

歴代幹部編集

刑事局長編集

氏名 司法修習の期 任命日 退官時官職
樋渡利秋 22期 2002年8月1日 検事総長
大林宏 24期 2004年6月25日 検事総長
小津博司 26期 2006年6月30日 検事総長
大野恒太郎 28期 2007年7月10日 検事総長
西川克行 31期 2009年7月17日 検事総長
稲田伸夫 33期 2011年8月11日 検事総長(現職)
林眞琴 35期 2014年1月9日 東京高等検察庁検事長(現職)
辻裕教 38期 2018年1月9日 法務事務次官(現職)
小山太士 40期 2019年1月18日 最高検察庁監察指導部長(現職)
川原隆司 41期 2020年1月9日 (現職)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集