法務省大臣官房

大臣官房の一つ

法務省大臣官房 (ほうむしょうだいじんかんぼう) は、法務省内部部局として設置される大臣官房の一つ。

所掌事務編集

 
法務省から内閣あての人事申請書[注釈 1]
  • 法務大臣等の秘書関係、各部局の所管行政の総合調整、国会関係、広報等の事務。
  • 職員の定員、任免等の人事事務、司法試験委員会の庶務及び試験等の実施事務。
  • 法務省全体の予算の作成、執行、決算、会計の監査等に関する事務及び本省の収入、支出等に関する事務。
  • 国際関係事務についての基本的な政策の立案、総合調整、国際会議の開催、外国政府職員による表敬対応等の事務。
  • 法務省が所管する国有財産の管理並びに施設の新築、修繕工事等の企画、設計及び実施に関する事務。
  • 共済組合に関する事務、職員の福利厚生及び能率の推進、年金、災害補償に関する事務。
  • 司法制度に関する法令の立案、外国法事務弁護士に関する事務、弁護士資格認定に関する事務、債権管理回収業の監督、総合法律支援に関する事務及び民間紛争解決手続の業務の認証に関する事務並びに内外の司法制度に関する調査研究を始めとした法務に関する各種資料、法令判例の収集、整備のほか、法務大臣の諮問に応じて民事、刑事その他法務に関する基本法の調査審議を行う法制審議会の運営に関する事務。法務省所管の各種統計資料の刊行に関する事務。国立国会図書館支部法務図書館及び法務史料展示室の管理業務を行う。

組織編集

  • 官房長
  • 政策立案総括審議官
  • 公文書監理官
  • サイバーセキュリティ・情報化審議官
  • 審議官 (6。国際・人権担当、民事局担当、刑事局担当、矯正局担当、訟務局担当(2) )
  • 参事官 (7)
  • 秘書課
    • 企画再犯防止推進室
    • 広報室
    • 政策立案・情報管理室
  • 人事課
  • 会計課
    • 監査室
    • 庁舎管理室
  • 国際課
  • 施設課
    • 技術企画室
  • 厚生管理官

司法法制部編集

  • 参事官
  • 司法法制課
  • 審査監督課

歴代幹部編集

 
官房長人事(2021年1月4日)。

官房長編集

氏名 司法修習の期 任命日 退官時官職
大林宏 24期 2002年1月18日 検事総長
小津博司 26期 2004年6月25日 検事総長
池上政幸 29期 2006年6月30日 大阪高等検察庁検事長(辞職後最高裁判所判事)
稲田伸夫 33期 2008年10月17日 検事総長
黒川弘務 35期 2011年8月26日 東京高等検察庁検事長
辻裕教 38期 2016年9月5日 仙台高等検察庁検事長(現職)
小山太士 40期 2018年1月9日 横浜地方検察庁検事正(現職)
川原隆司 41期 2019年1月18日 法務省刑事局長(現職)
伊藤栄二 43期 2020年1月9日 静岡地方検察庁検事正 (現職)
高嶋智光 42期 2021年1月4日 法務省事務次官(現職)
松本裕 43期 2021年9月3日 現職

司法法制部長編集

氏名 司法修習の期 任命日 退官時官職
寺田逸郎 26期 2001年12月1日 最高裁判所長官
倉吉敬 28期 2005年1月18日 東京高等裁判所長官
菊池洋一 30期 2006年6月30日 広島高等裁判所長官
深山卓也 34期 2008年1月16日 最高裁判所判事(現職)
後藤博 35期 2010年7月13日 東京高等裁判所部総括判事(現職)
小川秀樹 37期 2012年1月17日 東京高等裁判所部総括判事(現職)
萩本修 40期 2014年7月18日 名古屋高等裁判所部総括判事(現職)
小山太士 40期 2016年8月 横浜地方検察庁検事正 (現職)
小出邦夫 41期 2017年9月11日 東京高等裁判所部総括判事 (現職)
金子修 42期 2019年7月16日 法務省民事局長 (現職)
竹内務 45期 2021年7月16日 現職

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 最高裁判所事務総局人事局から法務省大臣官房長に送付された、裁判官検事転官計画の承認と、裁判官本人の同意書を求めるもの。

出典編集

外部リンク編集