法勝寺

平安時代から室町時代まで平安京の東郊、白河にあった、六勝寺のうちで最初にして最大の寺
京都市勧業館にあった法勝寺の模型(現在は京都市平安京創生館に移設)

法勝寺(ほっしょうじ)は、平安時代から室町時代まで平安京の東郊、白河(現在の岡崎公園京都市動物園周辺)にあった、六勝寺のうちで最初にして最大の寺である。

白河天皇1076年承保3年)に建立した。皇室から厚く保護されたが、応仁の乱以後は衰微廃絶した。



歴史編集

創建編集

法勝寺の地は藤原氏の別荘地(白河別業)だったが、藤原師実が白河天皇に献上した。天皇はこの地に寺院を造ることを決め、1075年承保2年)に造営を始め、以後長期にわたって多数の建物を造った。1077年承暦元年)に毘廬舎那仏を本尊とする金堂の落慶供養が執り行われた。1083年永保3年)に高さ約80メートルとされる八角九重塔と愛染堂が完成した。高い九重の塔は京に東から出入りする人から良く見えたという。

天皇は「神威を助くるものは仏法なり。皇図を守るものもまた仏法なり。」との考えを披瀝し、仏教を保護して統治する伝説上の金輪聖王(転輪聖王)にならって法勝寺を建立した[1]。代々の天皇の尊崇を受けた法勝寺を、後に慈円は「国王の氏寺」と呼んだ[2]。「国王の氏寺」とは単なる「家」としての天皇家の氏寺という意味だけでなく、太政官機構の頂点に位置する"日本国の王"の寺院でもあった[3]

白河には他にも次々と寺院が作られ、総称して六勝寺と呼ばれた。法勝寺は六勝寺のうち最初にして最大のものであった。

鎌倉・南北朝時代編集

1208年承元2年)5月15日に塔が落雷で焼失したが、このときは栄西が大勧進になって再建した。

1326年嘉暦元年)、後醍醐天皇の命を受けた円観恵鎮)が再び勧進職となり同寺の再興に務め、その功績によってそのまま住持となる。だが、南北朝時代1342年4月25日暦応5年/興国3年3月20日)に火災にあって寺の南半分が失われる。北朝は再度円観を勧進職とするが、7年後の1349年11月25日貞和5年10月15日)に再度火災にあって残りの北半分も失われたため、翌年に円観は勧進職を辞するが引き続き住持の立場で再建に尽力した。だが、「国王の氏寺」と呼ばれた姿は全く失われて、以後恵鎮門流・あるいは黒谷流などと呼ばれた天台宗の一分派の拠点である小寺院に転落する。とはいえ、円観と法勝寺を継承した門人の惟賢の元で延暦寺と一線を画して独自の戒牒を発行するなどの活動を見せている。

室町・戦国時代編集

しかし、円観・惟賢死後には再び衰退を見せ始め、中原康富の『康富記応永25年8月18日1418年9月18日)条にはその荒廃の様子が描かれている。それに追い討ちをかけたのが、相次ぐ戦乱であった。応仁の乱最中の1468年8月21日応仁2年8月4日)の西軍による岡崎攻撃によって青蓮院などとともに焼失、更にその再建がままならないままの1531年2月8日享禄4年1月21日)には今度は管領の座を巡る細川高国細川晴元の戦いに巻き込まれて再度焼失した。

終焉編集

山科言継の『言継卿記』によれば、1535年天文4年)の豊楽門院逝去の際には法勝寺において供養の読経が行われているが、その後の活動は殆ど知られず、1562年永禄5年)を最後に法勝寺名義の戒牒が途絶え、1571年元亀2年)に法勝寺領押領を禁じる綸旨が出されたのを最後に記録から姿を消す。そして天正18年(1590年)に勅命によって同じ円観門流に属していた近江国坂本西教寺に併合された。そのため、この間の19年間に事実上の廃寺になっていたと考えられている。

その後編集

 
法勝寺跡の一部の敷地に存在する京都白河院の庭園。池泉回遊式の山水庭園で京都市指定名勝。

1919年大正8年)、法勝寺跡の一部の敷地に、庭師・植治こと7代目小川治兵衛の作庭による池泉廻遊式庭園と、建築家武田五一の設計による洋館と和館が作られた。[4][5]2014年現在、日本私立学校振興・共済事業団が運営する旅館、京都白河院として[6][7]「白河」の名前を残している。 庭園は1993年(平成5年)に京都市指定名勝に選ばれた。

伽藍編集

二条大路を鴨川を越えて東に行った先に天皇の正式な入場門である西大門があった。 寺域は東西二町、南北三町に及ぶ。承暦元年(1077年)に金堂講堂、阿弥陀堂、法華堂などが建立された。 金堂は現在の東大寺大仏殿にも匹敵する規模で南に広大な池と中島があった。 金堂には三丈二尺(約10m)の毘盧遮那仏を中心に胎蔵界五仏を揃えていた。 のちに金堂の南の池の中島に八角九重塔が建立されるが、金堂、塔、南大門が一直線に並ぶ様は四天王寺のような古代的な構成と言える。 八角九重塔には大日如来を中心に金剛界五仏が安置され、金堂と合わせて両界曼荼羅の世界を創り出していた。 また、塔が池の中島に建つという点も特異である[8]

八角九重塔編集

 
法勝寺九重塔模型

境内にあった八角形の九重の塔で、暦応三年(1340年)の記録では高さは二七丈(約81m)であったとされる[9][10][11][12]。 屋根は十重あるが初重は裳階なので数えない。京都市動物園内の観覧車がある所に建立されていた。

塔の造営は創建から遅れる事4年後に始まり、僅か2年後の永保三年(1083年)に落慶した[8]。九重塔はこれのほかには百済大寺のものしか知られていない。また八角平面の塔は現存する安楽寺三重塔ふくめ4例ほどとされる[13]。 また記録などから、一般的な多層塔と異なり上層に昇れる構造であった可能性が指摘されている。 建立以来、落雷や地震により度重なる被害を受けていたが、承元二年(1208年)に落雷によって焼失。 五年後に栄西によって再建されるが康永元年(1342年)に近隣からの延焼により再び焼失。北朝により再建が計画されるが再建には至らなかった[14]

2010年に行われた発掘調査により規模や形式が判明しつつある。 二回目の焼失について『太平記』に檜皮葺きの屋根に延焼したと記録されている事から、京都市平安京創生館の復元模型は檜皮葺きであるが、発掘調査では塔跡から多数の瓦が出土し、創建時の塔には瓦が葺かれていたことがわかった[10][12]

跡へのアクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 速水侑『日本仏教史 古代』243 - 245頁。
  2. ^ 速水侑『日本仏教史 古代』246頁。
  3. ^ 丸山仁「院政期における鳥羽と白河」(初出:『国際文化研究』第5号(1998年)/改題所収:「院政期における洛南鳥羽と洛東白河」(丸山『院政期の王家と御願寺』(高志書院2006年)))
  4. ^ 庭園めぐり57(都ホテル、白河院庭園) (日本語)
  5. ^ 京都寺社案内*白河院跡・法勝寺跡・白河院庭園 (日本語)オリジナルよりアーカイブ (日本語)
  6. ^ 京都 白河院 しがくのやど (日本語)
  7. ^ 旅館 - 京都 白河院 - (日本語)
  8. ^ a b 冨島義幸 1996, p. 126-132.
  9. ^ 八角九重塔の基壇石(池)(京都市動物園)
  10. ^ a b 法勝寺八角九重塔跡発掘調査現地説明会資料
  11. ^ 法勝寺跡・八角九重塔跡
  12. ^ a b まぼろしの八角九重塔を復元する
  13. ^ 冨島義幸 1996, p. 132-136.
  14. ^ 冨島義幸 1996, p. 138-140.

参考文献編集

  • 速水侑『日本仏教史 古代』、吉川弘文館1986年
  • 松尾剛次『勧進と破戒の中世史 中世仏教の実像』吉川弘文館、1995年
  • 冨島義幸「八角九重の幻の塔」『五重塔はなぜ倒れないか』上田篤編、新潮社、1996年。ISBN 4-10-600491-7

関連項目編集


座標: 北緯35度0分49.62秒 東経135度47分16.14秒