法句経

原始仏典の一つで、釈迦の語録の形式を取った仏典

法句経』(ほっくぎょう)、または『ダンマパダ』(: Dhammapada)は、仏典の一つで、仏教の教えを短い詩節の形(アフォリズム)で伝えた、韻文のみからなる経典である。「ダンマパダ」とは、パーリ語で「真理: dhamma)の言葉(: pada)」という意味であり、伝統的漢訳である「法句」とも意味的に符合する[1]

『法句経』の名称は、上座部仏教圏の『ダンマパダ』と同一系統の経典が北伝し、中国仏教にて漢訳された際の伝統的名称だが、近代以降の『ダンマパダ』の日本語訳(漢訳)名としても(「ダンマパダ」「真理のことば」等と並んで)用いられることがある[2]

パーリ語仏典の中では最もポピュラーな経典の一つである。スッタニパータとならび現存経典のうち最古の経典といわれている[3]。かなり古いテクストであるが、釈迦の時代からはかなり隔たった後代に編纂されたものと考えられている[4]

類似のテキストとしては、『ダンマパダ(法句経)』系統と『ウダーナ自説経)』系統を掛け合わせ、『相応部』有偈篇、『スッタニパータ』『テーラガーター』に見られる若干の詩句を付け加える形で説一切有部によって編集され、北伝仏教に伝えられた、サンスクリットの経典『ウダーナヴァルガ』(Udānavarga)がある[5]。サンスクリット原典が現存している他、漢訳経典『出曜経』(しゅつようぎょう)等や、チベット語訳もある。(「ウダーナヴァルガ」の意味は、「ウダーナ(無問自説・感興語)ヴァルガ(集まり)」であり、「自説集」といった程度の意味。)

テキスト編集

パーリ語版『ダンマパダ』はパーリ語経典の「小部」に第2経として収録されている。26章に分かれており、423の詩節を収録する。漢訳としては

  • 維祇難等訳『法句経』(大正蔵210)
  • 法炬・法立訳『法句譬喩経』(大正蔵211) - 詩句に因縁譬喩譚を加えたもの。

があるが、パーリ語版とは配列や内容にかなりの違いがある[6]

ガンダーラ語版の断簡の一部分は19世紀末にホータン近辺でデュトルイユ・ド・ランが入手し、別の一部分をロシアのペトロフスキーが入手した[7]。全体の23にあたる350詩節ほどが残っている[8]。パーリ語本と順序は異なるが、本来はパーリ語本と同様に26章からなっていたらしい[9]。1990年代以降に新たな断簡が発見された[10]

ほかに、サンスクリットの強い影響を受けたプラークリットで書かれた『Patna Dharmapada』と呼ばれる版がある[11]。また、『マハーヴァストゥ』には『法句経』の「千」と「比丘」の章を引用する[12]

パーリ語版『ダンマパダ』は、以下の全26章から構成される。

  1. 第1章 - 双(Yamaka-vaggo)
  2. 第2章 - 不放逸(Appamāda-vaggo)
  3. 第3章 - (Citta-vaggo)
  4. 第4章 - 花(Puppha-vaggo)
  5. 第5章 - 愚者(Bāla-vaggo)
  6. 第6章 - 賢者(Paṇḍita-vaggo)
  7. 第7章 - 尊者(Arahanta-vaggo)
  8. 第8章 - 千(Sahassa-vaggo)
  9. 第9章 - 悪(Pāpa-vaggo)
  10. 第10章 - 罰(Daṇḍa-vaggo)
  11. 第11章 - 老い(Jarā-vaggo)
  12. 第12章 - 自己(Atta-vaggo)
  13. 第13章 - 世界(Loka-vaggo)
  14. 第14章 - ブッダ(Buddha-vaggo)
  15. 第15章 - (Sukha-vaggo)
  16. 第16章 - 愛(Piya-vaggo)
  17. 第17章 - 怒り(Kodha-vaggo)
  18. 第18章 - 汚れ(Mala-vaggo))
  19. 第19章 - 法行者(Dhammaṭṭha-vaggo)
  20. 第20章 - 道(Magga-vaggo)
  21. 第21章 - 雑多(Pakiṇṇaka-vaggo)
  22. 第22章 - 地獄(Niraya-vaggo)
  23. 第23章 - (Nāga-vaggo)
  24. 第24章 - 渇愛(Taṇhā-vaggo)
  25. 第25章 - 比丘(Bhikkhu-vaggo)
  26. 第26章 - バラモン(Brāhmaṇa-vaggo)

抜粋編集

Sri Lanka Tripitaka Projectによる。

第20章 - 道(Magga-vaggo)

Sabbe baṅkhārā aniccā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe baṅkhārā dukkhā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe dhammā anattā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.

「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の形成されたものはである」(一切皆空)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の事物は無我である」(諸法非我)と
智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。

第25章 - 比丘(Bhikkhu-vaggo)

Siñca bhikkhu imaṃ nāvaṃ sittā te lahumessati
Chetvā rāgaṃ dosaṃ ca tato nibbāṇamehisi.

比丘よ、この舟から水を汲み出せ。
汝が水を汲み出せば、軽やかに進むであろう。
貪欲瞋恚とを断ったならば、汝は涅槃に達するだろう。

日本への伝来編集

『ダンマパダ』は漢訳仏典『法句経』として伝来していたが、「小乗のお経」と認識され、ほとんど顧みられることのなかった歴史がある。漢訳の大蔵経では本縁部に収録されている。『ダンマパダ』に日が当たるようになったのは明治期以降であり、ヨーロッパでの仏教研究で『ダンマパダ』が重要文献として扱われていた影響が大きい。

パーリ語からの日本語訳として、友松円諦訳『法句経』が有名である。友松は1933年にラジオで『法句経』講義を行い、たいへんに歓迎された[13]中村元訳『ブッダの真理のことば・感興のことば』は、「真理のことば」がパーリ語『ダンマパダ』の翻訳、「感興のことば」がサンスクリット『ウダーナヴァルガ』の翻訳である。

ウダーナヴァルガ編集

サンスクリット経典である『ウダーナヴァルガ』(Udānavarga)は、説一切有部および根本説一切有部で編纂されたもので、『法句経』と『自説経』等を掛け合わせたもの[14]。これに対応する漢訳は、

  • 竺仏念訳『出曜経』(大正蔵212)
  • 天息災訳『法集要頌経』(大正蔵213)

がある。ほかにチベット語訳および、チベット語訳の注釈書が現存する。

(本偈)

  • Ched-du brjod-pa'i tshoms
    • リンチェン・チョク(Rin-chen mchog)、ヴィディヤーカラプラバ(Vidyākaraprabha)共訳、ペルツェク(Dpal brtsegs)校訂[15]

(注釈書)

  • Ched-du-brjod-pa'i tshoms-kyi rnam-par 'grel-pa
    • プラジュニャーヴァルマン(Shes-rab go-cha)造、ジャナルダナ(Janardhana)、シャーキャ・ロドゥ(Śākya blo-gros)共訳[16]

またクチャ語(トカラ語B)訳の断簡がある[17]

書誌情報編集

日本語訳編集

英訳編集

英訳はミュラーによるもの(1869年、のち『東方聖典叢書』に収録)や、ロックヒルによるチベット語版『ウダーナヴァルガ』の翻訳(1883年)など、長い歴史がある。インド人による翻訳も少なくない。

  • The Dhammapada:The Path of Perfection. Anonymous;Juan Mascaro (Paperback ed.). Penguin Classics. (May 30, 1973). ISBN 0-14-044284-7 
  • Dhammapada:The Sayings of the Buddha. Shambhala Pocket Classics. Thomas Byrom (Paperback ed.). Shambhala. (November 9, 1993). ISBN 0-87773-966-8 
  • The Dhammapada:The Sayings of the Buddha. John Ross Carter;Mahinda Palihawadana (Paperback ed.). Oxford University Press. (December 15, 2008). ISBN 978-0-19-955513-0 
  • The Dhammapada. Classics of Indian Spirituality. Eknath Easwaran (Paperback ed.). Nilgiri Press. (April 13, 2007). ISBN 978-1-58638-020-5 
  • The Dhammapada:A New Translation of the Buddhist Classic with Annotations. Gil Fronsdal (Paperback ed.). Shambhala. (December 5, 2006). ISBN 1-59030-380-6 
  • The Dhammapada. Balangoda Ananda Maitreya;Thich Nhat Hanh (Paperback ed.). Parallax Press. (August 1, 1995). ISBN 0-938077-87-2 
  • Word of the Doctrine. K.R. Norman. Pali Text Society. (1997). ISBN 0-86013-335-4. http://www.palitext.com/palitext/tran.htm#ttword 
  • The Dhammapada:Verses on the Way. Modern Library Classics. Glenn Wallis (Paperback ed.). Modern Library. (January 9, 2007). ISBN 978-0-8129-7727-1 

パーリ語本文編集

関連文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 今枝 2015, p. 3.
  2. ^ 南伝大蔵経』など。
  3. ^ 岩波仏教辞典第2版 1989, p. 3.
  4. ^ 中村(1978) p.377
  5. ^ 中村(1978) あとがき
  6. ^ 中村(1978) pp.384-385
  7. ^ Brough (1962) p.2
  8. ^ Brough (1962) xiv
  9. ^ Brough (1962) p.13
  10. ^ Timothy Lenz, ed (2003). A New Version of the Gāndhārī Dharmapada and a Collection of Previous-birth Stories: British Library Kharoṣṭhī Fragments 16 + 25. Univeristy of Washington Press. ISBN 0295983086 
  11. ^ Norman (1997) xx
  12. ^ Norman (1997) xxi
  13. ^ 中村元『原始仏典I 釈尊の生涯』東京書籍、1987年、34-35頁。
  14. ^ 中村(1978) p.376
  15. ^ No.326 - Digital Database of Buddhist Tripitaka Catalogues
  16. ^ No.4100 - Digital Database of Buddhist Tripitaka Catalogues
  17. ^ 中村(1978) p.388

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集