メインメニューを開く

法善寺

大阪府大阪市中央区にある寺院

法善寺(ほうぜんじ)は、大阪府大阪市中央区難波にある浄土宗の寺院。山号は天龍山。本尊は阿弥陀如来。全身が苔むした姿の水掛不動が有名である。千日念仏を行ったことから俗に千日寺と呼ばれ、千日前の地名は当寺の門前に由来する。

法善寺
法善寺 水掛不動.jpg
 水掛不動
所在地 大阪府大阪市中央区難波1-2-16
位置 北緯34度40分4.29秒
東経135度30分9.46秒
座標: 北緯34度40分4.29秒 東経135度30分9.46秒
山号 天龍山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 寛永14年(1637年
開山 琴雲
正式名 天龍山法善寺
別称 水掛不動、千日寺
札所等 大阪新四十八願所第48番
公式HP 大阪千日前 水掛不動尊 法善寺
法人番号 9120005001618 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

 
水掛不動を訪れる人が絶えない
 
法善寺横丁
 
法善寺横丁

山城国宇治郡北山村に琴雲上人が開山として法善寺を建立する。寛永14年(1637年)、金比羅天王懇伝の故事により中誉専念上人が現在地に移転する。他説では、同年に現在の大阪市天王寺区上本町8丁目より現在地に移り、寛永21年(1644年)から千日念仏回向が始まったという。

文政2年(1828年)に焼失するが、澄誉が再建する。嘉永5年(1852年)、再び消失する。しかし、安政2年(1855年)に見誉が再建した。

1945年昭和20年)3月13日・14日の第1回大阪大空襲で水掛不動明王を残し、すべて焼失する。

1955年(昭和30年)頃、同じ浄土宗の寺院であり、大阪新四十八願所阿弥陀巡礼第37番札所である長圓寺と縁を結ぶ。1960年(昭和35年)頃、金毘羅堂や庫裡などは再建できたが、本堂は再建できていなかった。そこで、法善寺は長圓寺を法善寺別院とし、そこに本尊の阿弥陀如来を移して法善寺本堂を建立する。

法善寺横丁編集

当寺院の北側にある細い通り。もとは境内だったことから法善寺裏、法善寺露地などと呼ばれていた。昭和初期に小説『夫婦善哉』や『法善寺横丁』に登場して有名になり、横丁の名が定着した。

2002年9月9日、隣接する旧中座の解体工事中のガス爆発事故により19店舗が焼失。法規制により原状への再建が危ぶまれたが、2004年3月にかけて順次営業再開することが出来た[1]

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集