法政大学短期大学部

法政大学短期大学部(ほうせいだいがくたんきだいがくぶ)は、神奈川県川崎市中原区木月大町164に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1985年に廃止。大学の略称は法政短大。 学生募集は1980年度まで、1985年4月1日廃止[2]。廃校後の短期大学校舎は、法政大学第二中・高等学校の校舎の一部に転用された。

法政大学短期大学部
かつて短期大学部が併設されていた現在の法政大学第二中・高等学校。写真は、シンボルともいえる時計塔校舎。1936年11月に法政大学予科の校舎として建立されたことに始まる。
かつて短期大学部が併設されていた現在の法政大学第二中・高等学校。写真は、シンボルともいえる時計塔校舎。1936年11月に法政大学予科の校舎として建立されたことに始まる。
大学設置/創立 1950年
廃止 1985年
学校種別 私立
設置者 学校法人法政大学
本部所在地 神奈川県川崎市中原区木月大町164
学部 商経科第二部
  商業専攻[1]
  経済専攻[1]
電気通信科第二部
機械科第二部
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

学風および特色編集

  • 法政大学短期大学部は、京浜工業地帯の中心に位置することから日中そこにある各企業で働きながら夜間学問に勤しむ人が多かった[3]
  • 短期大学部独自のキャンパスがあった。

当時の入学試験について編集

沿革編集

  • 1950年 法政大学短期大学部開学。
    • 商経科[1]
      • 経済専攻[1]
      • 商業専攻[1]
    • 工科
      • 電気通信工学専攻
  • 1962年 工科電気通信工学専攻を電気通信科に改組。機械科を新設[4]
  • 1980年度をもって学生募集最終とする(商経科:男489、女94、電気通信科:男61、女0、機械科:男66、女1[5])。
  • 1985年4月1日をもって正式廃止[2][6]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県川崎市中原区木月大町164

象徴編集

  • 法政大学短期大学部のカレッジマークは法政大学と同じものを使用。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 商経科
    • 経済専攻[1]
    • 商業専攻[1]
  • 電気通信科
  • 機械科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 法政大学短期大学部商経学会『商経論集』1巻1号 (昭37)-10号 (昭51)ほか。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 法政大学短期大学部の学園祭は所在地に因んで「木月祭」と呼ばれていた[3]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 設備:本館・共用棟(学生食堂・図書館)・学生ホール・機械室・実験棟などがあった[3]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 全学科を含め勤労学生が多く、卒業後もそのまま現職を継続する人も少なからずいたといわれる。

編入学・進学実績編集

  • 法政大学への編入学制度があった[3]

法政大学短期大学部に関する書物編集

  • 『10年の歩み/法政大学短期大学部』[10]

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 専攻別の募集は1961年まで。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』273頁
  3. ^ a b c d e f g h 『法政大学短期大学部入学案内 1979』より。
  4. ^ 昭和38年度版『全国学校総覧』27頁には、在学者数「男子118」と記録されている。
  5. ^ 昭和56年度版『全国学校総覧』47頁より
  6. ^ 但し、学生が在籍していた最終年度は1982年度であり、「商経科:男32、電気通信科:男2、機械科:男6」であったことが、昭和58年度版『全国学校総覧』48頁より確認できる。
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)60頁より
  8. ^ 当時、法政大学理事長中村哲となっていた。
  9. ^ http://univranking.schoolbus.jp/00000007.htmより。
  10. ^ 1960年発行。法政大学市ヶ谷図書館に所蔵されている。
  11. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』
  12. ^ 法政大学市ヶ谷図書館に所蔵されている。学外者が閲覧するには居住地付近の公共図書館で紹介状を事前に発行してもらうことが必要である。詳細は、問い合わせること

関連項目編集