メインメニューを開く

法華宗陣門流(ほっけしゅうじんもんりゅう)は、日蓮を宗祖(高祖)とし、日陣(にちじん)(1339年1414年)を派祖(門祖)とする、仏教の日蓮門下の一派である。本尊三宝尊である。法華経題目南無妙法蓮華経)を唱えること(唱題)を正行(しょうぎょう)とする。

宗祖編集

陣門流では高祖(こうそ)とも呼ぶ。

派祖編集

陣門流では門祖(もんそ)と呼ぶ。この門流では、「南無日陣尊聖人(なむにちじんそんしょうにん)」と唱えることがある。

日蓮(宗祖)から日朗総本山越後国三条長久山本成寺初祖)、日印(同開山)、日静上杉氏<藤原北家系>出身、後に除歴)の法脈である。

寺院編集

総本山編集

別院編集

概要編集

陣門流では、三宝の第一を、は久遠実成本仏釈迦牟尼世尊とし、正法ととらえている妙法蓮華経(法華経)とし、日蓮大聖人(陣門流の使用する日蓮の呼び方)とする。教義は釈迦本仏論勝劣派である。

日陣本圀寺京都市日静を師として修学し、日静より遷化に先立ち越後国三条本成寺新潟県三条市)を与えられ、日陣門流を興す。応永13年(1406年)、日陣はでの布教のため、本禅寺を創建する。

教区編集

日本列島を八つの教区に区分して末寺を置いている。

  • 北海教区(北海道の寺院)
  • 東北教区(東北地方の寺院)
  • 新潟教区(総本山本成寺以下の新潟県下の寺院)
  • 北陸教区(北陸別院本法寺以下の富山・石川・福井・岐阜各県の寺院)
  • 関東教区(東京別院本妙寺以下の関東地方・静岡県東部の寺院)
  • 東海教区(東海別院本興寺以下の静岡県西部から愛知県豊橋市の寺院)
  • 中部教区(愛知県下で豊橋市以外の寺院)
  • 関西教区(京別院本禅寺以下で三重県から九州までの寺院)

沿革編集

関連項目編集

外部リンク編集