法親王(ほうしんのう、ほっしんのう)とは、日本の男子皇族が出家して僧籍に入った後に親王宣下を受けた場合の身位称号。 これに対して、すでに親王宣下を受けている親王が出家(入道)した場合は入道親王と呼んで区別した。

起源と変遷編集

平安時代中頃まで、出家した親王は入道親王(にゅうどうしんのう)、法師親王(ほうししんのう)、禅師親王(ぜんじしんのう)などと呼ばれていたが、白河法皇の第二皇子で、出家して僧籍に入っていた覚行が親王宣下を受けて「覚行法親王」と呼ばれて以来、男子皇族が出家後に親王宣下を受けた際の称号として定着した。

ただし後代になると、親王宣下を受ける皇族の数が少なくなり、その結果として親王が出家すること自体が稀になったため、入道親王は次第に姿を消していった。この結果法親王は、一般には広く僧籍にある親王を意味する語としても用いられるようになった。

法親王は幕末まで皇室と縁の深い門跡を務める役割を果たしていたが、明治の初頭に法親王や入道親王が次々に還俗して宮家を開いたことで、その歴史に幕を下ろした。ただし還俗した法親王・入道親王は本来本人1代限りの皇族でありその子息は臣下とするものとされ世襲は予定されていなかったことに注意を要する。

主な法親王編集

参考文献編集

・  平田俊春「法親王考―賜姓制度より法親王制への推移―」(『平安時代の研究』山一書房、1943、初出1939)

・  安達直哉「法親王の政治的位置」(竹内理三編『荘園制社会と身分構造』校倉書房、1980)

・  牛山佳幸「入道親王と法親王の関係について」(『古代中世寺院組織の研究』吉川弘文館、1990、初出1984)

・  横山和弘「法親王制成立過程試論―仁和寺御室覚行法親王をめぐって」(『仁和寺研究』2、2002)

・  横山和弘「白河院政期における法親王の創出」(『歴史評論』657、2005)

・  横山和弘「鎌倉期の法親王と寺院社会に関するノート―仁和寺御室と東寺長者・金剛峯寺の諸関係から―」(『朱雀』23、2011)

・  佐伯智広「中世前期の王家と法親王」(『立命館文学』624、2012)

・  柿島綾子「十二世紀のおける仁和寺法親王-守覚法親王登場の前史」(小原仁編『玉葉を読む』勉誠出版、2013)

関連項目編集