メインメニューを開く

泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅

泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」(うたかたサタデーナイト!/ザ・ヴィジョン/トウキョウというかたすみ)は、2016年5月11日にアップフロントワークス(zetimaレーベル)から発売されたモーニング娘。の61枚目のシングル。「モーニング娘。'16」(モーニングむすめワンシックス)名義でのリリースとなっている[4][5][6]

泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅
モーニング娘。'16シングル
初出アルバム『プッチベスト17[1]
ベスト!モーニング娘。20th Anniversary
A面 泡沫サタデーナイト!
The Vision
Tokyoという片隅
リリース
規格 マキシシングル
(CD、CD+DVD)
ダウンロードシングル
96kHz/24bitによるハイレゾ音源版を含む)
アナログシングル
録音 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル zetima[2]
(CDシングル)
UP-FRONT WORKS
(アナログシングル)
作詞・作曲 津野米咲(#1)
つんく(#2、#3)
プロデュース つんく♂
(#1を除く音楽プロデュース)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2016年5月度月間3位(オリコン
  • モーニング娘。'16 シングル 年表
    冷たい風と片思い/
    ENDLESS SKY/
    One and Only

    (2015年)
    ※ ここまでモーニング娘。'15名義
    泡沫サタデーナイト!/
    The Vision/
    Tokyoという片隅

    (2016年)
    ※ これよりモーニング娘。'16名義
    セクシーキャットの演説/
    ムキダシで向き合って/
    そうじゃない

    (2016年)
    テンプレートを表示

    初週に11.4万枚を売り上げ、2016年5月23日付のオリコン週間シングルチャートで2位に登場した。

    概要編集

    リリース編集

    • 2016年3月12日に行われたライブツアー『モーニング娘。'16コンサートツアー春 〜EMOTION IN MOTION〜』の初日公演内で収録曲「Tokyoという片隅」の初披露と共に本作の発売が発表された[7]
    • 初回生産限定盤A・B・C・通常盤A・B・Cの6形態で発売され、このうち初回生産限定盤A・B・CにはDVDが付属する。全ての初回生産限定盤にはイベント抽選シリアルナンバーカードが封入される。初回仕様の全ての通常盤にはトレーディングカード(通常盤A:「泡沫サタデーナイト!」衣裳のソロ12種+集合1種よりランダムにて1枚、通常盤B:「The Vision」衣裳のソロ12種+集合1種よりランダムにて1枚、通常盤C:「Tokyoという片隅」衣裳のソロ12種+集合1種よりランダムにて1枚)が封入されている。
      • なお、通常盤A「泡沫サタデーナイト!」衣裳の集合写真のみ、鈴木が不在の11人の写真であるという不備が発売時に判明し、希望者には交換が行われた。鈴木自身「衝撃的な事件」と語っている[8]
    • moraレーベルゲート)にて96KHz/24bitハイレゾ音源(ファイルはFLAC形式)の配信が行われている[9]
    • 同年8月10日、同作品をアナログシングルとして再リリース。『泡沫サタデーナイト!』のニュー・バージョンである川辺ヒロシREMIXがアナログシングル限定で収録されている[注釈 1]

    楽曲編集

    泡沫サタデーナイト!
    津野米咲赤い公園)による楽曲提供[6]
    ベースストリングスが生演奏となっているディスコ調で、歌詞や振り付けも比較的キャッチーなものであり、EDM基調で複雑なフォーメンションダンスが中心となっていた当時の楽曲とは異なる作風となっている[10]
    PVでは鈴木がDJに扮しており、間奏の鈴木による台詞に「この曲、あと58秒で終わっちゃうんだって!」とあるのに合わせ、その時点から映像の左上にカウントダウンタイマーが表示される演出がある[11]。コンサートや歌番組では間奏の台詞がその場の状況に合わせた内容に変更されており、鈴木の卒業後は在籍メンバーが持ち回りで担当している。
    The Vision
    ミディアムテンポの楽曲で、楽曲のテーマは「どんな未来を想像出来るか」[12]
    この曲ではダンスパートと歌パートに分かれており、ダンスパートを譜久村聖生田衣梨奈石田亜佑美が、歌パートをそれ以外のメンバーが担当する。
    Tokyoという片隅
    つんく♂曰く、この曲での「Tokyo」とは都会の代名詞として使われ、「世の中のシビアさと正直に生きることの難しさ」を意味している。歌詞のテーマは「時は止まらない」[12]

    収録曲編集

    CD(全盤共通)
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「泡沫サタデーナイト!」津野米咲津野米咲鈴木俊介
    ストリングスアレンジ:クラッシャー木村
    2.「The Vision」つんくつんく大久保薫
    3.「Tokyoという片隅」つんくつんく大久保薫
    4.「泡沫サタデーナイト!」(Instrumental)   
    5.「The Vision」(Instrumental)   
    6.「Tokyoという片隅」(Instrumental)   

    リリース日一覧編集

    地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
    日本 2016年5月11日 zetima[2] CDマキシシングル+DVD EPCE-7217〜18(初回生産限定盤A)
    EPCE-7219〜20(初回生産限定盤B)
    EPCE-7221〜22(初回生産限定盤C)
    CDマキシシングル EPCE-7223(通常盤A)
    EPCE-7224(通常盤B)
    EPCE-7225(通常盤C)
    ダウンロードシングル
    LC-AAC
    EPCE-7223
    ハイレゾダウンロードシングル
    FLAC 96kHz/24bit)
    2016年8月10日 UP-FRONT WORKS アナログシングル UFWT-9006

    参加メンバー編集

    参加ミュージシャン編集

    泡沫サタデーナイト!

    • Guitar & Programming:鈴木俊介
    • Bass:笹本安嗣
    • Violin:クラッシャー木村、石亀協子、遠藤雄一、金子芳子、細川亜維子、矢野小百合
    • Cello:遠藤益民、原口梓
    • Funky Chorus:NAOAYAMI
    • Chorus:モーニング娘。'16、船生浩美

    The Vision

    Tokyoという片隅

    出典・注釈編集

    1. ^ プッチベスト17は「泡沫サタデーナイト!」のみ収録。
    2. ^ a b 泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2016年6月9日閲覧。
    3. ^ 日本レコード協会 認定作品 2016年5月度認定作品を閲覧。 2016年6月11日閲覧。
    4. ^ 【モー娘トーク(4)】石田&真莉愛 「16’」もオリコン1位狙う”. 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2016-03-29. 2016年4月18日閲覧。
    5. ^ a b モーニング娘。'16 鈴木香音にとってのラストツアー初日公式レポート到着”. Billboard JAPAN (2016年3月14日). 2016年4月18日閲覧。
    6. ^ a b c モーニング娘。'16、新曲「泡沫サタデーナイト!」は赤い公園 津野米咲が提供。明るさ入魂のダンスナンバー”. BARKS音楽ニュース (2016年4月8日). 2016年4月18日閲覧。
    7. ^ モーニング娘。’16新曲サプライズ披露 鈴木香音ラストシングルに”. exciteニュース (2016年3月12日). 2016年6月4日閲覧。
    8. ^ ズッキ、モー娘。集合ショット“不在”に嘆き「衝撃的な事件」ORICON STYLE(2016年5月12日)2016年6月4日閲覧。
    9. ^ “泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅”. moraレーベルゲート. (2016年5月11日). http://mora.jp/package/43000030/EPCE-7223-HR/ 2016年6月8日閲覧。 
    10. ^ 指原、柏木も大絶賛!モー娘。’16「泡沫サタデーナイト!」の魅力”. livedoorNEWS (2016年5月12日). 2016年6月4日閲覧。
    11. ^ モー娘。新曲「泡沫サタデーナイト!」 ジャニーズ、宝塚、インド映画…異色コラボで人気爆発リアルライブ(2016年5月8日)2016年5月13日閲覧。
    12. ^ a b つんく♂オフィシャルブログのセルフライナーノーツアメーバブログ2016年4月7日)2016年6月4日閲覧。

    注釈編集

    1. ^ 同年12月14日リリースのハロー!プロジェクトオムニバス・アルバムプッチベスト17』にてCD初収録となった。

    外部リンク編集