メインメニューを開く

波多野秋子

日本の雑誌記者

波多野 秋子(はたの あきこ、1894年 - 1923年6月9日)は、中央公論社の『婦人公論記者有島武郎愛人で心中相手。

経歴編集

出自は不明ながら、当時の新聞報道によれば、新橋の芸者の庶子であるともされている。大正元年(1912年)実践女学校を卒業。この時、英語塾経営者であった波多野春房(烏峰)は前妻を離縁して18歳の秋子と結婚。秋子は春房の学費提供により女子学院英文科に入学、大正3年に卒業し、青山学院英文科に入学。同7年(1918年)に卒業後、高島米峰の推薦で『婦人公論』の編集者となり、美人記者として名高かった。妻に先立たれた有島武郎と劇場で席を前後したことをきっかけに次第に恋愛関係となり、これを知った春房が武郎を呼び出し金銭を要求。また訴訟を起こすとも告げたため、大正12年6月有島と二人で失踪軽井沢の別荘で心中した。7月7日に遺体が発見され、当時の新聞紙上でセンセーションを巻き起こした。

演じた俳優編集

映画「華の乱」(1988年公開、深作欣二監督)は、吉永小百合与謝野晶子役)、松田優作有島武郎役)主演で、与謝野晶子の生涯を描いた作品。作中、有島と愛人関係だった秋子は夫である春房によく扱われなかったことを苦に、有島武郎と自殺を遂げている。波多野秋子役は池上季実子。夫である波多野春房役は成田三樹夫