メインメニューを開く

泰山郡(たいざん-ぐん)は、太山郡ともいい、中国にかつて存在した漢代から南北朝時代にかけて、現在の山東省中部に設置された。

概要編集

済北郡を前身とした。

紀元前178年前漢文帝2年)、劉興居が済北王となると、斉国から済北国が分離された[1]紀元前122年元狩元年)、済北王が泰山付近の地を武帝に献上すると、泰山郡が置かれた[2]紀元前87年後元2年)、済北王劉寛が自殺する[3]と、済北国は廃止され、泰山郡に併合された[4]。泰山郡は兗州に属し、奉高山茌肥成蛇丘梁父東平陽南武陽莱蕪鉅平蒙陰寧陽乗丘富陽桃山桃郷の24県を管轄した。前漢末に17万2086戸、72万6604人があった[5]

後漢のとき、泰山郡は奉高・博・梁父・鉅平・嬴・山茌・莱蕪・蓋・南武陽・南城・費・牟の12県を管轄した[6]

のとき、泰山郡は奉高・博・嬴・南城・梁父・山茌・新泰・南武陽・莱蕪・牟・鉅平の11県を管轄した[7]

南朝宋のとき、泰山郡は奉高・鉅平・嬴・牟・南城・武陽・梁父・博の8県を管轄した[8]

北魏のとき、泰山郡は鉅平・奉高・博平・嬴・牟・梁父の6県を管轄した[9]

北斉のとき、泰山郡は東平郡と改められ、泰山郡の呼称は姿を消した[10]

脚注編集

  1. ^ 史記』孝文本紀
  2. ^ 『史記』孝武本紀
  3. ^ 漢書』昭帝紀
  4. ^ 『漢書』淮南衡山済北王伝
  5. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、328-330頁。
  6. ^ 後漢書』郡国志三
  7. ^ 晋書』地理志上
  8. ^ 宋書』州郡志一
  9. ^ 魏書』地形志二中
  10. ^ 隋書』地理志下