メインメニューを開く

泰葉

日本の女性シンガーソングライター

泰葉(やすは、1961年1月17日 - )は、東京都出身のシンガーソングライタータレントプロデューサー血液型A型。初代林家三平の娘。春風亭小朝の元妻。本名:海老名 泰葉(えびな やすは)。

泰葉
出生名 海老名 泰葉
生誕 (1961-01-17) 1961年1月17日(58歳)
出身地 日本の旗 日本東京都台東区
学歴 桐朋学園大学音楽学部中退
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライタータレントプロデューサー
担当楽器
活動期間 1981年 - 1988年
2007年 - 現在
レーベル アイアン・キャンドル
つばさレコーズ
事務所 小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ→アイアン・キャンドル→ねぎし事務所→FISEMAN→ねぎし事務所
公式サイト 泰葉オフィシャルサイト&ブログ

所属事務所は、小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ(結婚による芸能界引退まで)→アイアン・キャンドル→ねぎし事務所(亡父の事務所で実母が代表者)→株式会社FISEMAN→ねぎし事務所→泰葉エンターテイメント[1]。結婚引退中は、夫小朝の事務所「春々堂」の社長だった。

来歴・人物編集

父は落語家初代林家三平。母は海老名香葉子。伯父は釣竿職人の中根喜三郎(母・香葉子の兄)、祖父に7代目林家正蔵、実姉に海老名美どり、実弟に9代目林家正蔵2代目林家三平、義兄に峰竜太、義妹に国分佐智子、甥に下嶋兄がいる。

幼少のころクラシックを学ぶ。台東区立根岸小学校台東区立忍岡中学校東京都立芸術高等学校卒業。音大進学の失敗を機にクラシックから転向し、ジャズやポピュラー歌手を志す。1981年に、ポリドール・レコード(現・ユニバーサルミュージック)より『フライディ・チャイナタウン』でシンガーソングライターとしてデビュー。また、アーティストへの楽曲提供も行い、『夏のRELIFE』(松本伊代)、『YES、IT'S MY HEART』(少女隊)『目黒の実家に帰ります』(五十嵐祐子)などを残した。タレントとしては『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)初代アシスタント司会を務めるなどした。

その後、春風亭小朝と婚約し、1988年4月に小朝の援助を受けて桐朋学園大学音楽学部に入学、同年6月に結婚した。しかし、寝坊癖が直らず音大の出席が困難となり、わずか3ヶ月ほどで中退することになる。[要出典]自身は芸能界を引退し、小朝の事務所「春々堂」の社長として小朝のマネージメントを務め始めた。

引退で当然のように表舞台から姿を消したが、2004年のこぶ平(当時)の林家正蔵 襲名記念披露パーティーの企画に携わるなど落語界で裏方的な活動をこなしており、時々テレビに映ることはあった。

2007年11月12日に帝国ホテルの宴会場で小朝と離婚という形で記者会見を開き、久々に公の前に姿を見せることになった。慰謝料は1億5千万円で、泰葉は「安い」と不平を漏らしている。これを機にアイアン・キャンドルを立ち上げるなど芸能界へ本格復帰(エピソードで後述)し、アメブロ上に公式ブログを開設した。2008年に夫婦生活や離婚の経緯などを綴った著書『開運離婚』を出版。父・三平の半生を描いたドキュメンタリー映画を製作するとあったが既に2010年時点で進展が無くなっている。

2008年大晦日有明コロシアムで行われるハッスル・マニア2008の電撃会見を行い、プロレスのリングに於いてフランク・シナトラが360度観客に囲まれて歌を歌ったように、プロレスのリングで歌を歌う「ファイティング・オペラハッスル」として参戦することを公言した。しかしそこに、ハッスルの支配者高田総統が現れ、歌を歌いたければリング上で戦い勝つことを条件として課せられ、強制的にプロレスラーとなってしまった。試合は12月30日に行われ、大晦日のゴールデンタイムに放映され、『NHK紅白歌合戦』とも戦うこととなった。本番試合では対戦相手アン・ジョー司令長官に対し7分10秒で勝利した(決め技は『回転“海老名”固め』)。

2009年には自作新曲で歌手再デビューを果たし、ライブハウスでのショーやCDのインストアライブに幾つか出演する傍ら、川嶋あいら『つばさアーティスト』の一員としてライブ「つばさ祭」にも出演した。しかし、2010年4月に予定していたミュージックラウンジでのライブ出演が中止となり、所属マネージメント会社をファイズマンへ移籍。同年8月の神宮外苑花火大会への登壇を以て歌手活動を休止し充電期間に入る。休業期間中もブログの更新は続けていた。

2011年5月8日に実弟の2代目三平、義妹に当たる国分佐智子、母(香葉子)と共に東日本大震災の被災地である岩手県大船渡市を慰問[2]。また、同年10月に催された三平と国分の結婚披露宴に出席し、マスコミ取材では「弟やったぜ!」「来年アーティスト活動を(再開)しますので」と発言していた[3]が進展はなく、2013年7月にねぎし事務所への再所属と歌手活動再開を発表。ライブ活動とディナーショーの開催。

2016年6月6日、ねぎし事務所を退社し、個人事務所「泰葉エンターテイメント」を設立。同社社長就任を発表 [1]

2017年9月20日、イラン人会社経営者のメィヒディ・カーゼンプールとの婚約を発表[4]

2017年   クラウドファンディングで詐欺行為をして2019年10月公式ブログ再開した現在も説明がなく社会的責任に問われている。 この詐欺行為は福祉に寄付すると集めたお金を自分の生活費に使うなど悪質。

泰葉キャンプファイヤーとクラウドファンディング騒動まとめWiki - 泰葉寄付金詐欺まとめ #atwiki https://w.atwiki.jp/yasuha/pages/248.html

2018/02/19/00 泰葉 イラン人メヒディさんとの婚約解消発表 フェイスブックで知り合いわずか15日程度のお付き合いでお互いの英語力では意思の疎通も難しく、遠距離で宗教の違いもある交際は難しかったと思えるが、泰葉が語った直接の原因は泰葉のジャケット写真で着ていた服を「まるでお婆さんのようだ」とメヒディさんが言った事によるそうだ。


‪2018年9月18日、元マネジャーの男性宅前に、包丁や犬のふん、脅迫状(イラン人がお前をやりに行く)を入れたポリ袋を置き脅したとして、神奈川県警察藤沢警察署脅迫容疑で書類送検された[5]。同年12月19日、横浜区検察庁検に脅迫罪で略式起訴され、同日、横浜簡易裁判所より罰金10万円の略式命令を受けた[6]。‬ 脅迫罪で前科一犯。

2018年 一泊10万のホテルに連泊したが宿泊料金100万が支払えず、泰葉は数千円から分割で支払うと公式ブログで説明。

2019年3月 テレビ番組バイキングのインタビューにて「自分は一般常識を知らないので清里のペンションCでアルバイトしながら常識を学ぶ」と答え「ペンションオーナーが卒業証をくれたら芸能界復帰を考える」と言い、バイキングの出演者、視聴者、世間に、に、泰葉の行ったクラウドファンディングの詐欺など一番やってはいけない事なのに、なんの説明もなくこの時点で芸能界復帰を口にするのは全く反省していないと批判がでる。

2019年3月14日 自己破産を告げ意味不明な勝利宣言をして公式ブログ泰葉スタイルを閉じる。

2019年9月 突然公式ブログ泰葉スタイルを再開。 清里ペンションCにて調理補助、フロアサービスをしていると報告。 髪も束ねすチューブトップなど半裸に近い苺ジャム作りなど衛生面で清里ファンに不安を覚えさせる。 また短編自主製作映画に出演予定と発表し、原型を留めない修正写真を連日公式ブログにアップしている。 クラウドファンディングや自己破産についての説明もなく見る人が不快になるような自撮り写真やブログの内容で炎上商法を試みていると噂される。

2019年10月 台風19号の被害爪痕残る長野県伊那市で自主制作映画祭が行われた。 この映画祭は伊那市教育委員会の施設で市税を使って開かれる映画祭で伊那市アピールなど含めた上映時間15分程度の15本ほどの自主制作映画上映会で、入場料は無料である。

この映画祭の作品1本に2分くらい出演した泰葉は60人の客席のある会場で舞台挨拶をし、自身のブログに、女優デビュー、芸能界復帰と書き込み世間を不安にさせた。 その理由はそのブログを書く前日に「知人に言われたが私は適応障害です。だから今お世話になっているペンションのママを恨んでしまいます」など主治医に診断してもらってもない診断名を勝手に自己判断して、悪い気持ちや悪い行動を、病、もしくは人のせいだと発言する事が多い。 またあまりにも嘘が多いのも問題。

例えば泰葉インタビュー書下ろしの本「開運離婚」をよむともと夫小朝の暴力などひとつも書かれてない。

それなのに2018年のインタビューで「小朝に殴られ片耳が聞こえなくなり音楽活動が無理になりました。芸能界を引退します。」 とテレビで発言しながら一人で引退と復帰を繰り返している。

また、2019年春に自己破産しました。と債権者に一方的にメールを送り、テレビでも自己破産と発言。 しかし半年後、小規模個人再生と、す・またんで発言。 借金の返済方法も2019年10月現在メディアに説明してない。

病いの可能性があるなら診断と治療を受け、世間に、クラウドファンディングの件、多重債務が自己判断なのか、免責がおりてないのであればどう返済するのか説明を求める声が大きい。


2019年秋現在、清里にあるペンションにて働いている旨、自身のブログで発信している。

一時ブログ放棄後、フジテレビにて映されたものであり、本人も許認可しているものと思われる。


現存の民事・刑事に関わる罰則に関わるであろう事項は以下の通り。

・某ホテルでの無銭宿泊(本件は報道なく終わるものであろう)

・CD制作に関わるクラウドファンディングへの挙証責任不備

・泰葉エンターテインメントの登記法違法行為

・CD発売に関する自身関与の詐称行為

・「これを買ってくれないと自己破産です!買ってください!!」と深愛のmythology発売時に他者を扇動した疑い


上記以外に、法律に関わらないが、他人を不信感と不安感に落とししめると認知するに足る事項は、以下の通り。

・アフィリエイト行為

・業務時間中のネットワーキング行為


上記以外に、元マネージャーへの刑事事件も存在する。

メヒディー・カプンツェール氏は、泰葉エンターテインメントの取締役ではないことを明言しているが、これも不法登記の一部である。


小朝との結婚・離婚編集

仕事のことで悩みがあり引退したがっていたが、辞めたら辞めたでやることがなくなるから辞められない、ということを小朝に相談したところプロポーズされ、2人は結婚した。同時に泰葉は芸能界から引退した。

その後は小朝が所属する事務所の社長を務め、主に小朝のマネージメント活動を行っていたが、時折テレビに出演し、小朝や弟のいっ平と共演する機会もあった。

2007年、自らのプロデューサーとしての活動発展を理由に離婚し、翌日にメディア発表を行い、小朝、実弟2人の同席や金屏風をバックにした異例づくめの離婚会見を行った[7]。離婚の経緯について、仕事を続ける中で主婦業に集中できず、中途半端がいやなため、夫婦という関係を解消しようと申し出たことを明らかにした。TBSの取材では、落語家である小朝を尊敬するあまり、夫の小朝との関係が家族愛ではなく師弟愛であったと涙ながらに語り、落語家の妻には二度とならないと語るなど、落語家の妻として振舞うことに相当の苦労があったことを覗かせていた。

離婚後、「落語家の元妻」ということで『笑点』の大喜利でなぜかネタにされることがあり、「金髪糞豚野郎」をもじって、「何々野郎」と罵倒する言葉を考えるというお題が出されたり、特に6代目三遊亭円楽からは、「うるせえ泰葉(アニメのキャラクターをもじる問題が出題された際にて、うる星やつらのもじり)[8]、根岸に近づいたところで「落語家の皆さん、そろそろ根岸ですからね、泰葉が出るぞー[9]」、「春風亭小朝」と「海老名泰葉」で(ネットで組み合わせ)検索したらパソコンが燃えました(いわゆる、「ブログ炎上」をネタにしたものと思われる[10])、「泰葉です。海老名家の 困りもの(「エコ」を頭に付けた言葉を考える問題にて)[11]」などとネタにされることが多々ある。桂歌丸からも、「あれが来るとロクなことがない」と合いの手を入れることがある[12]

有吉弘行からは、泰葉の目の前ではないが、「おしゃべりブタ野郎」というあだ名を付けられた。

アイアン・キャンドル編集

2007年に脚本家田渕久美子と、芸能事務所「アイアン・キャンドル」[13]を共同設立し、本名で代表取締役に就任した。2008年1月から放送されたNHK大河ドラマ篤姫」の脚本を担当した田渕のマネジメントと、同作品の総合プロデュースを名目に事業を行っていた。なお、泰葉も同社マメジメント期間中にNHK『思い出のメロディー』に出演している。

しかし事務所設立前に、田渕が自身の衣装として事務所に向けて発注した着物の代金未払いが発覚し、2008年11月に事務所に対して2000万円の損害賠償請求訴訟が提起された。続いて泰葉が呉服店関係者に対して、田渕の再婚した夫の最期が近いことなどを連絡したにもかかわらず連絡に応じなかったとして、留守番電話電子メールに罵倒を発したことから、同年12月には泰葉に対して名誉毀損訴訟も提起された。泰葉はハッスル・マニア2008の練習などで顔を出し、マスコミに対して損害賠償については和解勧告を受けており、名誉毀損については罵倒を認め、謝罪文を送付したことを明らかにしている。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ポリドール
1981年9月21日 EP 7DX-1120 A フライディ・チャイナタウン 荒木とよひさ 海老名泰葉 井上鑑
B モーニング・デート
1982年3月 EP 7DX-1161 A ブルーナイト・ブルー
B 突然ハプニング
1982年8月 EP 7DX-1179 A 水色のワンピース 荒木とよひさ 海老名泰葉 萩田光雄
B Thinking of you
1983年4月 EP 7DX-1224 A ポール・ポーリー・ポーラ 荒木とよひさ 海老名泰葉 鈴木茂
B 涙のブロークンハート
1983年10月 EP 7DX-1264 A COOL TOWN
B HOT TOWN
1984年6月25日 EP 7DX-1315 A 夏の恋・ジェラシー 海老名泰葉・竜真知子 海老名泰葉
B 夏のエピソード
1984年9月25日 EP 7DX-1333 A 下町スウィング
B ショート・ストーリー(短編小説)
1986年9月25日 EP 7DB-0001 A Sincerely Yours
B Don't You Know
IRON CANDLES
2008年12月17日 CDS XNIC-10001 1 お陽様よほほえんで
2 大聖堂
2009年12月2日 CDS XNIC-10003 1 I Believe
2 フライディ・チャイナタウン2009
SANPEIDO
2015年3月4日 CD SPDO-1001 1 桜舞う日は
2 ひとひらひらり
3 HAND in HAND~手をつなごう~
泰葉エンターテイメント
2017年7月20日 デジタル配信 1 Smile
2018年4月21日 デジタル配信 1 深愛のmythology

アルバム編集

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 備考
1981年11月1日 ポリドール LP 28MX-1069 TRANSIT
1986年12月21日 ポリドール CD H32P-20135
1994年11月26日 ポリドール CD POCH-1432
1982年4月25日 ポリドール LP 28MX-1092 ViVid
1982年6月11日 ポリドール LP 14MX-1120 わっ不っ思議ー。 レコードの溝が2本切ってある特殊加工レコード(A面のみ)。

同じ曲(「水色のワンピース」)のアレンジ違い版が入っており、レコード針の落とし方でどちらかが流れる。

1983年3月25日 ポリドール LP 28MX-1128 RESERVED
1983年11月1日 ポリドール LP 14MX-1152 わっ不っ思議ー。Part.2 レコードの溝が逆方向に切ってある特殊加工レコード(A面のみ)。

通常のレコード盤と違い、針を内側に落として再生する。曲の進行とともに針が外側に移動する。

ジャケットはアルバム「RESERVED」のジャケットを反転(文字が裏返し)したもの。

1984年9月5日 ポリドール LP 28MX-1187 White Key

テレビ東京おはようスタジオ』テーマ曲「GOOD MORNING T.V SHOW」は本作に収録。

1986年3月25日 ポリドール CD H32P-20070 Yasuha ‎– シングル・コレクション
1986年9月25日 Broadway LP 28MB-0001 YAHHOO!!
2006年3月1日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-6120 GOLDEN☆BEST 泰葉
2016年6月22日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-9311
2017年9月20日 泰葉レコーズ CD YZYY-3001 フライディ・チャイナタウン 後に発売中止。

コンピレーション・アルバム編集

  1. 横浜幻想(2004年1月28日、GT Music) - 「フライディ・チャイナタウン」
  2. ISETAN Songs Collection 1972-1986(2011年4月13日、GT Music) - 「セクシー28℃」(『わっ、不っ思議ー』の収録曲。伊勢丹のキャンペーンソングとしてタイアップ)

出演映像作品編集

  1. 一慶・泰葉のTHE VHD WORLD

著書編集

主な出演番組編集

ラジオ編集

泰葉役を演じた女優編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “泰葉『ねぎし事務所』円満独立 新事務所設立で社長に就任”. ORICON STYLE. (2016年6月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2072914/full/ 2016年6月7日閲覧。 
  2. ^ “泰葉、国分と初対面「私たち美人姉妹!?」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2011年5月9日). オリジナルの2011年5月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110512135751/http://www.sanspo.com/geino/news/110509/gnj1105090503007-n1.htm 2018年4月23日閲覧。 
  3. ^ “三平の結婚式に姉・泰葉「弟は親孝行」”. eltha (oricon ME). (2011年10月3日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2002323/full/ 2018年4月23日閲覧。 
  4. ^ “泰葉、イラン人男性と並んで婚約会見「感無量だわ」と目頭押さえる”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2097525/full/ 2018年4月23日閲覧。 
  5. ^ “泰葉さんを書類送検 元マネジャーを脅迫容疑”. 産経新聞 (株式会社産業経済新聞社). (2018年9月28日). https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180928/afr1809280004-s1.html 2018年12月19日閲覧。 
  6. ^ “タレントの泰葉氏に罰金10万円 「しまつする」脅迫罪”. 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). (2018年12月19日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDM5RC1LDMULOB018.html 2018年12月19日閲覧。 
  7. ^ “小朝&泰葉“陽気離婚”強調もポロリ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2007年11月14日). オリジナルの2008年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080125221432/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007hakyoku/KFullNormal20071114069.html 2018年4月23日閲覧。 
  8. ^ 第2143回
  9. ^ 第2148回
  10. ^ 第2151回
  11. ^ 第2168回
  12. ^ ちなみに「金髪糞豚野郎」のもじりで6代目円楽は歌丸のことを「ハゲタカ骨野郎」と呼んだことがある。
  13. ^ 鋼の蝋燭(溶けない蝋燭)という意味。

外部リンク編集