メインメニューを開く

洋風画(ようふうが)は、江戸時代に、油彩画の道具が日本にまだ輸入されていなかった頃に、西洋画を見よう見真似で描いた絵。

概要編集

絵画技法は西洋画と同じ技法だが、絵画道具は日本にあるものだった。代表的な洋風画としては、小田野直武佐竹曙山を中心とする一連の秋田蘭画が挙げられる。他には平賀源内司馬江漢渡辺崋山などの作品もよく知られる。

出典編集