洛西ニュータウン病院(らくさいニュータウンびょういん)は、京都府京都市西京区にある医療機関洛西ニュータウンの中にあり、京都市行政からの要請を受けて学校法人関西医科大学1982年関西医科大学附属洛西ニュータウン病院として開設した[1]。のちに2006年4月1日から経営移譲により、開設者が医療法人清仁会シミズ病院グループを経営する清水幸夫(しみず ゆきお)となった[2]。京都府のエイズ治療拠点病院に指定されている。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 洛西ニュータウン病院
情報
英語名称 Rakusai Newtown Hospital
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、放射線科、麻酔科、歯科、心療内科、神経内科
許可病床数

184床
一般病床:138床



療養病床:46床
開設者 清水幸夫
管理者 咲田雅一(病院長)
開設年月日 1982年5月1日
所在地
610-1142
京都府京都市西京区大枝東新林町3丁目6番地
位置 北緯34度58分1秒
東経135度40分25秒
二次医療圏 京都・乙訓
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1982年5月1日 - 関西医科大学附属洛西ニュータウン病院開設。
  • 1996年6月10日 - エイズ治療拠点病院の指定を受ける。
  • 2006年3月31日 - 関西医科大学附属洛西ニュータウン病院閉院。
  • 2006年4月1日 - 経営移譲により、開設者が清水幸夫に変更。洛西ニュータウン病院に改称。
  • 2016年4月1日 - 病床再編。一般病床143床(うち地域包括ケア病棟35床開設)と療養病床41床の計184床。
  • 2017年11月1日 - 病床再編。一般病床138床(うち地域包括ケア30床)と療養病床46床の184床。
  この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 特定疾患治療研究事業指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • エイズ治療拠点病院

先進医療編集

  • 超音波骨折治療法

近隣の施設編集

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 病院機能評価結果の情報提供[リンク切れ](日本医療機能評価機構、2010年8月1日閲覧)。Ver4.0の認定期限は2010年7月24日までである。
  2. ^ 洛西ニュータウン病院の紹介特定健康診査機関・特定保健指導機関データベース(いずれも2010年8月1日閲覧)。

外部リンク編集