メインメニューを開く

津山 栄一(つやま えいいち、1958年4月12日[1] - )は、日本の元俳優、元子役。本名、三木 豊(みき ゆたか)[1][2]

つやま えいいち
津山 栄一
本名 三木 豊
生年月日 (1958-04-12) 1958年4月12日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 170 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
商魂
電子戦隊デンジマン
映画
暴力戦士
テンプレートを表示

大阪府出身[1][2]大阪芸術大学卒業[1]東映俳優センターに所属していた[1]

目次

来歴・人物編集

特技は舞台効果[1]

関西の児童劇団「ホリホック・アカデミー」に所属し、小学校3年生の時(1967年)から、本名で子役として俳優活動を開始[2]。小学校5年生のときには『商魂』(関西テレビ)で準主役を務め、子役時代の代表作となる[2]。その他、時代劇を中心に多数の作品にゲスト出演。『仮面の忍者 赤影』に出演した際には、アフレコルームで主演の坂口祐三郎と一緒になり「赤影さんの素顔が見れた!」と喜んだことを覚えているという[2]

大阪を拠点に活動していたが、20歳になるころより東映俳優センターに所属し東京で活動を始める[2]1980年には『電子戦隊デンジマン』(テレビ朝日)のにデンジイエロー/黄山純役でレギュラー出演。第42話でデンジイエローが分身するシーンでは、津山自身もスーツアクターとして分身の一人を演じている[3]。なお、撮影終了後にデンジイエローのアクション用マスクを貰っており、その後も大切に保管しているという[3]。また、津山の話によれば次作『太陽戦隊サンバルカン』で「デンジマン役の5人がヘドリアン女王とすれ違い、彼女がいぶかしむ」という形でのゲスト出演が検討されたこともあったとのこと[3]

30歳で結婚したのを期に俳優業を引退し、ログビルダーを営んでいる[3]2004年には、東映ヒーローMAXで開かれた『デンジマン』の座談会に出席した[4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 第42話の一部のシーンではスーツアクターも兼任

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、144頁。
  2. ^ a b c d e f 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 157, 津山栄一 スペシャルインタビュー
  3. ^ a b c d 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 159, 津山栄一 スペシャルインタビュー
  4. ^ 「『電子戦隊デンジマン』メモリアル座談会」『東映ヒーローMAX』Vol.11、辰巳出版〈タツミムック〉、2004年、41-45頁。ISBN 4-7778-0104-7

参考文献編集

  • 『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』安藤幹夫(編)、双葉社、2003年。ISBN 4575295205