メインメニューを開く

津島 利章(つしま としあき、1936年5月22日 - 2013年11月25日)は、日本作曲家岡山県出身。

津島 利章
生誕 (1936-05-22) 1936年5月22日
出身地 日本の旗 岡山県
死没 (2013-11-25) 2013年11月25日(77歳没)
学歴 日本大学芸術学部
ジャンル 映画音楽、ドラマ音楽
職業 作曲家
活動期間 1960年代 - 2013年

目次

来歴・人物編集

愛媛県立新居浜工業高等学校電気科を卒業。上京し、東京工業大学を受験するも不合格となり、日本大学芸術学部音楽理論科に入学。音楽を志すつもりはなく、合格後も代々木の予備校に通った。夏休みに黄疸にかかり、翌年春までの闘病となり、工大受験を断念。

日本大学芸術学部3年生の折に作曲した『管弦四重奏』が、毎日音楽コンクールで入賞。周囲の勧めもあり、作曲家となる。1961年、フジテレビの『宮本武蔵』で注目を浴び、 1964年の『三匹の侍』で東映京都のプロデューサーの目に留まり、誘いを受けて映画音楽家となる。以後様々な映画テレビドラマ音楽を担当した。『木枯し紋次郎』や『仁義なき戦い』にも映画音楽を提供した。

多作で知られ、1970年には年間14本の映画音楽を手掛けており、これは総計で約420曲を作曲した計算である。自ら「津島節というものがない」と語り、作曲手法も個性的な独自の手法だった。譜面はほとんど人に進呈してしまい、手元に残さない。「忘れるのも仕事のうち」と語り、作品ごとで完全燃焼するので個々の仕事はあまり覚えていないという。時代劇映画では古めかしい音楽、80年代の『大捜査線』[1]ではワウワウを使用するなど、アクションものにふさわしいファンキーな曲を提供し、常に臨機応変な作曲姿勢だった。

2013年11月25日、誤嚥性肺炎により死去[2]。77歳没。

作風は可聴域を広く埋めてから、小節線を越えるタイで旋律を引き伸ばすなど、発想がシンフォニックなのが特徴だが、80年代にはビッグ・バンド・ジャズ的な曲をドラマに提供するなど、多彩な音楽性を持っていた。

作品編集

※は合作

映画編集

テレビドラマ編集

参考文献編集

  • 季刊誌「シネマアイ」1982年夏号

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集