メインメニューを開く

津川 力(つがわ ちから、1973年5月1日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手外野手)で、現プロ野球審判員

津川 力
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都東久留米市
生年月日 (1973-05-01) 1973年5月1日(46歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1991年 ドラフト4位
初出場 1997年9月30日
最終出場 1997年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物

アマチュア時代

1986年、父親の勧めで高知県明徳義塾中学校に入学。

1989年、明徳義塾高校に進学。

1991年、高校3年の夏に第73回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦の市岐阜商戦で2本塁打を放ち注目され[1]、同年のドラフトヤクルトスワローズから4位指名を受ける。

プロ入り後

1992年ヤクルトスワローズに入団。イースタンリーグでは首位打者を獲得するなどの好成績を残したが、一軍での出場機会はほとんど得られず1999年に戦力外通告を受ける。その後オリックス・ブルーウェーブ西武ライオンズ横浜ベイスターズの3球団の入団テストを受けるがいずれも不合格に終わり、現役を引退した。

プロ引退後

2001年パシフィック・リーグ審判部入局。審判員袖番号は22(入局から2010年までは22、2011年から2013年までは29)。

2005年オールスターゲーム球宴初出場を果たし、第1戦で球審、第2戦でも審判を務めている。

2008年には8年目にして日本シリーズ初出場を果たした。(第4戦で球審。)経験年数10年未満での日本シリーズ出場は快挙といえる(2007年には同僚の秋村謙宏が9年目で日本シリーズ初出場を果たしているが、津川はさらに1年少ない年数での初出場である)。2010年にも日本シリーズに出場し第2戦で球審を務めた。

2012年5月16日東京ヤクルトスワローズ福岡ソフトバンクホークス戦の球審を務め、通算1000試合出場を達成した[2]

2016年セ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第四戦ではストライクゾーンの違いについて解説の野口寿浩に言及された[3]

2017年のWBCでは1次ラウンドA組のイスラエル対台湾戦で球審を務めた。

その他

父親が東京都台東区浅草橋にて飲食店「味処 四国のげんさん」を経営している。義弟は神奈川県川崎市高津区にて士業事務所「海事代理士・行政書士 高松海事法務事務所」を経営している[要出典]。ちなみに、深谷篤審判員と橋本信治審判員とは同じ1973年生まれ(イチロー世代)で同い年である。

審判出場記録

(記録は2017年シーズン終了時)

表彰

  • 審判員奨励賞:1回(2017年)

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注

関連項目

外部リンク