メインメニューを開く

津川町(つがわまち)は、新潟県東蒲原郡にあった。2005年4月1日、鹿瀬町、津川町、上川村三川村の4町村の合併による阿賀町の発足により消滅した。

津川町
Flag of Tsugawa Niigata.png Tsugawa Niigata chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
津川町鹿瀬町上川村三川村阿賀町
現在の自治体 阿賀町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
東蒲原郡
団体コード 15381-8
面積 84.19km2
総人口 5,228
(2004年8月31日)
隣接自治体 鹿瀬町上川村三川村
福島県西会津町
津川町役場
所在地 959-4495
新潟県東蒲原郡津川町津川580
外部リンク 津川町Internet Archive
津川町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

阿賀野川常浪川の合流点に位置する。雁木(とんぼ)の街並みが続き[1]発祥の地の碑もある[2]高田が雁木発祥の地とされる場合もある)。

歴史編集

現在は新潟県に属するが、古くは会津藩の領地であった。街中の新潟県道14号新発田津川線会津街道、旧国道49号)はかぎ型に2箇所で折れ曲がり敵の防禦に備えた城下町のようなつくりになっており会津藩の重要な戦略拠点であったことをうかがわせる。水陸の交通結節点として栄え、津川船道(つがわふなどう)と呼ばれる水運業者がこのまちを拠点に阿賀野川の舟運を行っていた[3][4][5]

沿革編集

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い津川町(初代)が発足。
  • 1955年1月15日 - 小川村揚川村の一部と合併し、改めて津川町が発足。揚川村の残部は他村と合併して三川村を新設。
  • 2005年4月1日 - 鹿瀬町上川村、三川村と合併して阿賀町となり消滅。

行政編集

  • 町長:長谷川東二(2000年4月9日から)

経済編集

産業編集

  • 主な産業
  • 産業人口

地域編集

教育編集

  • 津川小学校
  • 三郷小学校
  • 津川中学校
  • 阿賀黎明中高等学校

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

  1. ^ 津川散策マップ - WayBack Machine
  2. ^ 発祥の地コレクション:雁木発祥の地 - 2019年1月18日閲覧。
  3. ^ 川がつくった新潟 -その2 船旅暮らし - 新潟県.2019年1月18日閲覧。
  4. ^ 阿賀野川流域パンフレット-川と交通 - 国土交通省北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所.2019年1月18日閲覧。
  5. ^ 阿賀川河川伝統技術講演会 第3回:阿賀川の舟運 - 国土交通省北陸地方整備局.2019年1月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集