津幡バイパス(つばたバイパス)は、石川県かほく市内日角から、金沢市今町に至る国道8号国道159号(重複:国道249号)のバイパス道路である。

一般国道バイパス地域高規格道路
国道8号標識国道159号標識国道249号標識
津幡バイパス
一般国道8号バイパス
開通年 1974年 -
主な
経由都市
石川県かほく市津幡町金沢市
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
津幡バイパス
石川県河北郡津幡町

当初は舟橋ジャンクションより国道8号金沢バイパスに繋がる今町ジャンクションまでの区間は国道159号(重複:国道249号)として供用されていたが、同ジャンクションで分岐する津幡北バイパスの全線開通により、該当区間は国道8号・国道159号(重複:国道249号)の重複区間となった。併せて、同区間に並行する旧道区間は県道等に降格した。

金沢東部環状道路金沢外環状道路)、また、石川県道56号七塚宇ノ気線と共に、月浦白尾インターチェンジ連絡道路を形成しており、北陸自動車道のと里山海道(旧 : 能登有料道路)を結ぶ役目を持つ道路でもある。

接続するバイパスの位置関係編集

国道8号編集

(京都方面)金沢バイパス - 津幡バイパス - 津幡北バイパス(新潟方面)

国道159号編集

(七尾方面)押水バイパス - 現道 - 津幡バイパス - 金沢東部環状道路(金沢方面)

国道249号編集

(輪島方面)荒屋バイパス - 現道 - 津幡バイパス - 金沢東部環状道路(金沢方面)

インターチェンジなど編集

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 交差する道路は、県道以上の道路および立体交差をするもしくは立体交差をする計画の道路。特記がないものは市町道
交差する道路など 交差する場所 備考
石川県道56号七塚宇ノ気線 白尾IC方面
              国道159号国道249号 かほく市 内日角IC(内日角高架橋) 羽咋方面
金沢方面出入口
石川県道8号松任宇ノ気線とも間接接続
河北潟干拓地方面 河北縦断道路方面[注 1] 狩鹿野IC 狩鹿野南 金沢方面出入口
河北潟干拓地方面 能瀬駅方面 河北郡
津幡町
能瀬IC 能瀬
河北潟干拓地方面 舟橋IC(舟橋高架橋) 舟橋 金沢・富山方面出入口
国道8号
<津幡北バイパス>
舟橋JCT 今町JCT終点まで国道8号と重複
本津幡駅方面 庄IC 庄西
石川県道217号川尻津幡線 中橋IC 中橋
五反田方面 中須加方面 中須加IC 金沢方面出入口
津幡南中学校方面 石川県道216号南中条津幡停車場線 南中条IC 南中条西
潟端方面 太田方面 太田IC 太田西 金沢方面出入口
潟端方面 利屋町方面 金沢市 利屋IC
岸川町方面 岸川IC 今町JCT方面出入口
二日市町方面 二日市IC 今町JCT方面からの出口のみ
才田町方面 花園小学校方面 今町IC(今町第二橋) 金沢市今町
国道8号(今町跨線橋方面) 今町JCT 津幡BP⇔金沢BP今町跨線橋方面は通行不可
国道159号国道249号
<金沢東部環状道路>
通称山側環状
金沢森本IC方面
金沢BP⇔金沢東部環状道路は通行不可
金沢バイパス 国道8号 金沢東IC小松方面

歴史編集

  • 1971年昭和46年):津幡バイパス事業化。
  • 1974年(昭和49年):河北郡宇ノ気町狩鹿野(現:かほく市狩鹿野) - 津幡町庄間が供用開始。
  • 1992年平成4年):河北郡宇ノ気町内日角(現:かほく市内日角) - 同町狩鹿野間が供用開始。
  • 2004年(平成16年)3月20日:かほく市内日角 - 津幡町舟橋間、4.2 kmが連続立体交差区間として供用開始(暫定2車線)。
  • 2008年(平成20年)3月:津幡北バイパス開通に伴い、金沢市今町 - 津幡町舟橋を国道8号に指定(国道159号・国道249号と重複)。
  • 2009年(平成21年)
    • 6月:舟橋JCT - 能瀬IC間の4車線化完成。
    • 11月:能瀬IC - 内日角IC間の4車線化完成。これにより津幡バイパス事業完了。
  • 2010年(平成22年)7月26日:舟橋JCT - 内日角IC間の制限速度が70 km/hに引き上げ。

脚注編集

  1. ^ 河北縦断道路へのアクセスは、以前は狩鹿野ICが主要な接続ICとして利用されていたが、2016年11月に河北縦断道路が全線開通した後は津幡北バイパス加茂ICが接続ICとなった。舟橋JCTの手前に案内表示も設置されている。

関連項目編集

外部リンク編集