メインメニューを開く

津末 英明(つすえ ひであき、1958年10月16日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手内野手)。

津末 英明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1958-10-16) 1958年10月16日(61歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手外野手指名打者
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1983年4月20日
最終出場 1990年6月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1990 - 1993)

来歴・人物編集

父は山下泰裕柔道家)の祖父と交友関係があり、山下が九州学院高から東海大相模高に転校する際に、東海大学総長の松前重義と山下家との会談の席を仲介した人物であった[1]

自身も東海大相模高に進学。高校・大学を通して原辰徳と同期。原が3番、津末が4番を打っていた。高校時代は、エース村中秀人を擁し甲子園に4回出場。1974年夏の選手権右翼手として出場。準々決勝で鹿児島実定岡正二に抑えられ、延長15回敗退[2]1975年春の選抜では決勝に進出。杉村繁のいた高知高に延長13回の接戦の末に敗れ、準優勝にとどまる[3]。同年夏の選手権は準々決勝で上尾高に敗退[2]1976年夏の選手権一塁手に回るが2回戦で小山高に敗れる[2]。原らとともに強打のチームとして鮮烈な印象を残した。打球の速さは原をしのぐものがあり、津末を評価する声も高かった。他の高校同期に控え投手岡部憲章がいた。

高校卒業後は、東海大学に進学。首都大学リーグでは在学中7回優勝。1977年全日本大学野球選手権大会では、エース遠藤一彦の好投もあって決勝に進むが、石毛宏典のいた駒大に延長10回の末に敗れ準優勝。同年の明治神宮野球大会でも江川卓を擁する法大に敗れ準優勝。リーグ通算89試合出場、290打数90安打、打率.310、8本塁打、57打点。ベストナイン2回。

1980年オフに、ドラフト外日本ハムファイターズに入団。当時の日本ハムの一塁手には柏原純一がおり、あまり出番に恵まれなかったが、1985年には柏原の不調もあって94試合に先発出場。翌1986年は新入団のパット・パットナムが一塁に入るが、主に指名打者として活躍し、初めて規定打席(19位、打率.285)に到達、19本塁打を記録した。

その後は不振にあえぎ、1988年オフに自由契約となったが、読売ジャイアンツ(巨人)の監督に就任した藤田元司が原を介して津末に声をかけ巨人への移籍が決まった。巨人では左の代打として1989年の優勝に貢献した。同年の近鉄との日本シリーズでは2試合に出場。第2戦では九番、指名打者として先発するが無安打1四球に終わった。1990年シーズン途中に同僚の簑田浩二とともに現役を引退し、三軍コーチに就任した。

1994年にスカウトに転身。

また、高校時代から現在に至るまで原とは親交が深く、原が監督に就任した2002年からは監督付広報担当(兼運転手)となり、2011年には巨人の編成調査課長を務めた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1983 日本ハム 19 22 22 2 4 0 0 2 10 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .182 .182 .455 .636
1984 73 156 134 15 30 2 0 7 53 19 0 0 0 1 21 1 0 22 3 .224 .327 .396 .722
1985 105 341 289 30 79 11 0 8 114 26 0 2 2 1 48 1 1 59 8 .273 .378 .394 .772
1986 119 403 330 38 94 13 1 19 166 52 5 1 9 0 63 1 1 92 4 .285 .401 .503 .904
1987 70 170 145 15 31 3 2 3 47 13 0 1 0 0 25 0 0 34 6 .214 .329 .324 .654
1988 60 81 63 5 13 3 0 1 19 8 0 0 1 1 16 1 0 19 0 .206 .363 .302 .664
1989 巨人 45 51 41 2 12 3 0 2 21 8 0 0 1 0 8 0 1 8 1 .293 .420 .512 .932
1990 18 18 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 5 1 .000 .333 .000 .333
通算:8年 509 1242 1036 107 263 35 3 42 430 128 5 4 13 3 187 4 3 243 23 .254 .369 .415 .784

記録編集

背番号編集

  • 23 (1981年 - 1988年)
  • 37 (1989年 - 1990年)
  • 137 (1991年)
  • 87 (1992年 - 1993年)

脚注編集

  1. ^ “「柔の道 ひと筋に」東海大学副学長 山下泰裕さん”. くまにちコム. 熊本日日新聞. (2012年10月19日). http://kumanichi.com/feature/kataru/yamashita/20121019001.shtml 2017年9月18日閲覧。 
  2. ^ a b c 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集