津村秀介

津村 秀介(つむら しゅうすけ、1933年12月7日 - 2000年9月28日)は、日本推理作家小説家神奈川県横浜市生まれ。本名は飯倉 良(いいくら りょう)[1]

津村 秀介
(つむら しゅうすけ)
誕生 1933年12月7日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 (2000-09-28) 2000年9月28日(66歳没)
職業 小説家推理作家
活動期間 1982年 - 2000年
ジャンル 推理小説
代表作 浦上伸介シリーズ
デビュー作 『影の複合』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

概要編集

編集者、教科書会社勤務(このときの同僚に推理作家の中町信がいた)、新聞社の嘱託などを経て文筆業専業に。約20年にわたって週刊新潮に事件小説「黒い報告書」を書き続けた後、1982年に『影の複合』で作家デビュー。推理作家としての活動には鮎川哲也の強い推奨があった。 1984年には、ルポライター浦上伸介シリーズ第一作の『山陰殺人事件』を刊行。以降、シリーズを中心に、一年に3〜4作を発表。 他に、ミステリーと純文学との融合を目指した長編「裏街」「孤島」があるが、三部作となるはずの「虚空」は未完に終わった。

作風は堅実で、難解で複雑なアリバイ崩しに加えて犯行の動機や社会的背景も重視するという本格派と社会派のテーマの融合が図られている。

主なテレビドラマ化編集

弁護士・高林鮎子編集

1986年から2005年にかけて日本テレビ火曜サスペンス劇場で放送されていた「弁護士・高林鮎子」はシリーズキャラクターはテレビドラマのオリジナルのものであるが、第2作から第34作までの時刻表トリックは津村作品を原作とするものであり、第2作から第34作までのクレジットでは「原作 津村秀介」と表示されている(詳細は「弁護士・高林鮎子」の項目参照のこと)。主演は眞野あずさ

事件記者 浦上伸介編集

津村作品の代表作の一つである浦上伸介シリーズは、「事件記者 浦上伸介」として2001年からテレビ東京女と愛とミステリー及びそれに続く水曜ミステリー9でシリーズ化され放送されている。主演は高嶋政伸

作品編集

  • 偽りの時間(1972年)
  • 影の複合(1982年)
  • 時間の風蝕(1983年)
  • 黒い流域(1983年)
  • 虚空の時差(1983年)
  • 山陰殺人事件(1984年)
  • 紅葉坂殺人事件(1985年)
  • 瀬戸内を渡る死者(1985年)
  • 仙山線殺人事件(1985年)
  • 宍道湖殺人事件(1986年)
  • 京都着19時12分の死者(1986年)
  • 寝台特急18時間56分の死角(1986年)
  • 偽装運河殺人事件(1987年)
  • 猪苗代湖殺人事件(1987年)
  • 新横浜発12時9分の死者(1987年)
  • 天竜峡殺人事件(1988年)
  • 北の旅 殺意の零石(1988年)
  • 諏訪湖殺人事件(1988年)
  • 大阪経由17時10分の死者(1988年)
  • 昇仙峡殺人事件(1988年)
  • 人を乗せない急行列車(1988年)
  • 異域の死者(1989年)
  • 洞爺湖殺人事件(1989年)
  • 保津峡殺人事件(1989年)
  • 西の旅 長崎の殺人(1989年)
  • 松山着18時15分の死者(1990年)
  • 寝台急行銀河の殺意(1990年)
  • 浜名湖殺人事件(1990年)
  • 最上峡殺人事件(1990年)
  • 小樽発15時23分の死者(1990年)
  • 恵那峡殺人事件(1991年)
  • 琵琶湖殺人事件(1991年)
  • 横須賀線殺人事件(1991年)
  • 雨の旅 角館の殺人(1992年)
  • 能登の密室(1992年)
  • 湖畔の殺人(1992年)
  • 白樺湖殺人事件(1992年)
  • 伊豆の死角(1993年)
  • 海峡の暗証(1993年)
  • 裏街(1993年)
  • 真夜中の死者(1993年)
  • 東北線殺人事件(1993年)
  • 奥入瀬・十和田湖殺人事件(1993年)
  • 飛騨の陥穽(1994年)
  • 霧の旅 唐津の殺人(1994年)
  • 定山渓・支笏湖殺人事件(1994年)
  • 山陰の隘路(1995年)
  • 孤島(1995年)
  • 葡萄(1995年)
  • 非情(1995年)文庫版は「迂回の殺意」に改題
  • 上高地・芦ノ湖殺人事件(1995年)
  • 巴里の殺意(1996年)
  • 古都の喪章(1996年)
  • 長崎異人館の死線(1996年)
  • 逆流の殺意(1997年)
  • 山峡の死角(1997年)文庫版は「冬の旅・飛騨路の殺人」に改題
  • 加賀 兼六園の死線(1997年)
  • 仙台の影絵(1998年)
  • 目撃(1998年)
  • 札幌 月寒西の死線(1998年)
  • 伊豆の朝凪(1999年)
  • 毒殺連鎖(1999年)
  • 京都銀閣寺の死線(2000年)
  • 水戸の偽証(2000年)

脚注編集