メインメニューを開く
津田純一

津田 純一(つだ じゅんいち、1850年6月21日嘉永3年5月12日) - 1924年大正13年)1月23日)は、明治期の教育者法学者官僚

経歴編集

中津藩士・津田耕烟の子。慶應義塾に学び、藩主奥平昌邁に随行して渡米、カナーバ大学に入った。帰朝後、1879年(明治12年)9月に大学予備門の英語教員として就職したが、このころ慶應義塾夜間法律科講師に転ずる。夜間法律科閉鎖後、一時、外務省へ移ったが間もなく明治十四年の政変で退職した。1881年(明治14年)1月、京浜在住の維持社員が演説館に集まって慶應義塾仮憲法を定め、理事委員を選挙したことがあるが、津田もその一人として選ばれている。その後、東奥義塾の校長に任ぜられて赴任、さらにひきつづき、石川県専門学校教授、三重師範学校長、兵庫師範学校校長、大分中学校長などを歴任した。一時、韓国興農会社を経営したこともあったが、明治の末、ふたたび教育界に復帰し、大分県下毛高等女学校長として十数年在職した。1924年(大正13年)、75歳で死去した。

参考文献編集