津田 青楓(つだ せいふう、1880年9月13日 - 1978年8月31日)は、京都府出身の画家書家随筆家歌人良寛研究家としても知られる。本名、津田亀治郎。旧姓、西川。津田は母方の姓。最初の妻の山脇敏子も洋画家である。

生涯編集

華道家去風流家元西川一葉の息子として京都市中京区押小路に生まれる。兄の西川一草亭も華道家で、去風流家元。

はじめ四条派升川友広日本画を師事し、1897年京都市立染織学校に入学。傍ら、谷口香嶠に日本画を師事[1]。同校卒業後、同校の助手を務める。1899年関西美術院に入学し、浅井忠鹿子木孟郎に日本画と洋画を師事。関西美術院で学びつつ京都高島屋の図案部に勤め、1903年には図案集『うづら衣』(山田芸艸堂)を刊行した[1]

1904年、兄の西川一草亭らと共に小美術会を結成。

1907年から農商務省海外実業実習生として安井曾太郎と共にフランスの首都パリに留学し、アカデミー・ジュリアンにてジャン=ポール・ローランスに師事。アールヌーヴォーの影響を受ける。1909年に帰朝。在仏中に安井曽太郎荻原守衛高村光太郎ら画家・彫刻家と交遊した[1]1913年文展を脱退し、1914年二科会創立に参加。1929年京都市東山区清閑寺霊山町に津田洋画塾を開く。

夏目漱石とは晩年の5年ほど門下および友人として付き合った[1]。漱石に油絵を教えた他、漱石の『道草』『明暗[1]森田草平の『十字街』などの装丁を手がけた。

漱石の没後、河上肇の感化を受けてプロレタリア運動に加わり[1]1931年、第18回二科展に、立派に聳え立つ国会議事堂と粗末な庶民の家屋群を対比させた『ブルジョワ議会と民衆の生活』を出品したが警察当局の圧力により『新議会』と改題させられた。1933年小林多喜二への虐殺を主題に油絵『犠牲者』を描いていたところを警察に検挙され、留置を受け、処分保留で釈放される。のち転向して二科会から脱退し、洋画から日本画に転じる。

東京都にある練馬区立美術館で2020年、没後初の本格的回顧展「背く画家 津田青楓とあゆむ明治大正昭和」展が開かれた[1]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集