メインメニューを開く

津田駒工業株式会社(つだこまこうぎょう)は、石川県金沢市に本社を置く日本の繊維機械、工作機械用アタッチメントの専門メーカーである。

津田駒工業株式会社
Tsudakoma Corp.
Tsudakoma&nomachi.jpg
津田駒工業本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
921-8650
石川県金沢市野町五丁目18番18号
設立 1939年12月30日
業種 機械
法人番号 3220001004330
事業内容 繊維機械、工作用機器
代表者 代表取締役会長 菱沼捷二
代表取締役社長 高納伸宏
資本金 123億1654万円(2018年11月30日時点)
売上高 連結 422億100万円
単体 386億円
(2018年11月期)[1]
営業利益 連結 9億3400万円
単体 8億7800万円
(2018年11月期)[1]
純利益 連結 8億2300万円
単体 7億9600万円
(2018年11月期)[1]
純資産 連結 146億3200万円
単体 139億4900万円
(2018年11月期)[1]
総資産 連結 396億600万円
単体 366億8000万円
(2018年11月期)[1]
従業員数 連結 1325人
単体 949人
(2017年11月30日時点)[2]
決算期 11月30日
主要子会社 共和電気工業株式会社
ツダコマ・ゼネラル・サービス株式会社
株式会社T-Tech Japan
外部リンク https://www.tsudakoma.co.jp/
テンプレートを表示

国内の織機でトップシェアであり、ジェット・ルーム(高速自動織機)の生産では、世界トップシェアを占める。

目次

沿革編集

  • 1909年 - 3月、金沢市茨木町(現在の金沢中警察署西側の地域)において津田駒次郎が個人経営のもとに絹・人絹織機の製造を開始。
  • 1937年 - インデックス(円テーブル)の開発始まる(工作用機器事業開始)。
  • 1939年 - 津田駒工業株式会社に改組。
  • 1962年 - 現社名に変更。
  • 1961年 - 東京証券取引所大阪証券取引所各2部上場。
  • 1964年 - 技術センター建設。
  • 1968年 - 東京証券取引所、大阪証券取引所各1部上場。
  • 1977年 - エアジェットルーム、ウォータジェットルーム生産開始。
  • 1983年 - ジェットルーム月産400台体制へ。
  • 1985年 - 新本社ビル竣工。
  • 1988年 - ジェットルーム生産50,000台達成。
  • 1990年 - ジェットルーム月産1,000台体制へ。
  • 1993年 - ジェットルーム生産100,000台達成。
  • 1999年 - 創業90周年。
  • 2004年 - 大阪証券取引所上場廃止。
  • 2006年 - ジェットルーム生産200,000台達成。
  • 2008年 - 豊田自動織機と業務提携し、共同出資会社T-Tech Japanを設立。[3] 複合素材の加工設備機械の販売開始。[4]

事業所所在地編集

  • 本社・金沢工場 - 〒921-8650 金沢市野町五丁目18番18号
  • 松任工場 - 〒924-0016 白山市宮永市町500番
  • 野々市工場 - 〒921-8529 野々市市栗田五丁目100番地

関連会社編集

太字連結子会社であることを表す[5]

国内
  • 共和電気工業株式会社
  • ツダコマ・ゼネラル・サービス株式会社
  • 株式会社T-Tech Japan
  • ツダコマテクノサポート株式会社
  • ふぁみーゆツダコマ株式会社
海外
  • 津田駒機械設備有限公司中国上海市
  • 津田駒機械製造有限公司(中国・常熟市
  • 経緯津田駒紡織機械有限公司(中国・咸陽市) - 持分法適用会社
  • TSUDAKOMA SERVICE INDIA PRIVATE LIMITED(インド

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集