メインメニューを開く
津軽半島のランドサット衛星写真。青森市付近は雲に隠れている。
津軽半島の位置(日本内)
津軽半島
津軽半島
津軽半島の位置
津軽半島の地形図
岩木山山頂より津軽半島西海岸
出来島付近から見た七里長浜

津軽半島(つがるはんとう)は、本州の北端の半島のひとつである。東岸は青森湾陸奥湾とその開口部である平舘海峡を挟んで下北半島に対峙する。一方、北岸は津軽海峡を挟んで北海道松前半島に対峙する。西岸は日本海である。全体が青森県に属する。

津軽半島中央部に広がる津軽平野は、主にの生産が盛んである。

最北端は竜飛崎(龍飛崎)と呼ばれる。これは北岸の西端に位置し、北岸の東端の高野崎との間に三厩湾がある。竜飛岬から東南東に向かって津軽山地と呼ばれる山脈が続く。竜飛岬から南に小泊岬がある。さらに西岸を南に進むと、十三湖という内潟がある。そこから南の海岸は七里長浜と呼ばれる。この内陸には、田光沼平滝沼ベンセ湿原などの湖沼が数多く存在し、海岸沿いは砂地とアカマツなどの針葉樹による小高い防風林の屏風山(びょうぶさん)が半島付け根まで続き、水はけが良い砂地に適したスイカ・メロン・長芋・ごぼうの生産が盛んである。

行政地域編集

交通機関編集

観光編集

関連項目編集