津軽 承叙(つがる つぐみち[1]、津輕承敍)は、江戸時代後期の大名陸奥国黒石藩4代(最後の)藩主。官位従五位下式部少輔。のち子爵正三位

 
津軽承叙
Tsugaru Tsugumichi.jpg
津軽承叙
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保11年8月29日1840年9月24日
死没 明治36年(1903年12月7日
改名 本次郎(幼名)→朝澄(初名)→承叙
墓所 東京都台東区上野の谷中墓地
官位 従五位下式部少輔正三位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
陸奥黒石藩
氏族 津軽氏(百助家)津軽氏
父母 父:津軽順朝、母:高倉盛儀娘・芳光院
養父:津軽承保
兄弟 承祐承叙那須資礼養女
正室:池田仲律四女・千世子
類橘、男鶴、栄子ら
テンプレートを表示

生涯編集

天保11年(1840年)8月29日、津軽氏一門・津軽氏(百助家)津軽順朝の次男として、弘前にて誕生。幼名は本次郎。初名は朝澄(ともずみ)。

陸奥黒石藩3代藩主・津軽承保の養子となる。嘉永4年(1851年)に承保が死去したためにその跡を継ぎ、弘前藩主・津軽順承(承保の養父で黒石藩2代藩主であった。実兄を養嗣子にもしていた)から偏諱を受け、承叙と改名した。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、本家の弘前藩と行動を共にして新政府に与し、箱館に出兵した。この功績により、明治2年(1869年)に賞典金1,000両が下賜された。明治2年(1869年)の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官となった。

明治17年(1884年)、華族令により子爵となる。明治23年(1890年)7月には貴族院の開設と共に貴族院議員(子爵議員)となり、明治30年(1897年)7月まで在職した。明治36年(1903年)12月7日、64歳で死去した。跡を長男・類橘(るいきつ)が継いだ。墓所は東京都台東区上野の谷中墓地

和歌の才に恵まれ、「日本英傑百首」の一人として名を連ねている。

栄典編集

系譜編集

略系図編集

津軽信政弘4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信壽弘5寿世黒(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信興著高黒(5)
 
 
 
朝儀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信著弘6寧親黒(6)→弘9
 
 
 
朝定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信寧弘7信順弘10典暁黒(7)順朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信明弘8
 
 
 
親足黒(8)→1承祐※a承叙※b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
順徳(順承)黒2→弘11承保黒3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
承祐※a承昭弘12承叙黒4※b
 
 
 
 
 
 
 
  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 「弘」を付した数字は弘前藩主代数、「黒」を付した数字は黒石藩主代数(( )内はは旗本としての代数)を示す。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ よみは『平成新修旧華族家系大成』による。『議会制度七十年史』では「つぐつみ」とされている。
  2. ^ 『官報』第308号、1884年7月9日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史』大蔵省印刷局、1962年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
黒石津軽家初代
1884年 - 1903年
次代:
津軽類橘