メインメニューを開く

津軽 承昭(つがる つぐあきら)は、江戸時代後期の大名陸奥国弘前藩12代(最後の)藩主。官位従四位下越中守。のち知藩事伯爵。和歌にも優れていたと言われている。

 
津軽承昭
Tsuguakira Tsugaru.jpg
津軽承昭
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 天保11年8月12日1840年9月7日
死没 大正5年(1916年7月19日
改名 寛五郎(幼名)→細川護明(初名)→津軽承烈→承昭
墓所 東京都台東区谷中谷中霊園
官位 従五位下土佐守越中守従四位下侍従左近衛権少将従一位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
陸奥弘前藩
氏族 細川氏津軽氏
父母 父:細川斉護、母:青木甚之助
養父:津軽順承
兄弟 細川慶前細川韶邦細川護久承昭
友之丞、長岡護美、勇姫ら
正室:津軽順承四女・常姫
継室:津軽尹子
側室:多津、阿弥
楢麿津軽行雅室、寛子
養子:英麿
テンプレートを表示

生涯編集

熊本藩主・細川斉護の四男として江戸にて誕生。初名は細川護明(ほそかわ もりあきら)。安政4年(1857年)6月28日、弘前藩11代藩主・津軽順承の婿養子となり、その偏諱を受け津軽承烈(つぐてる)と名乗り、後に承昭と改名した。同年12月16日、従五位下・土佐守に叙任する。後に越中守に改める。安政5年(1858年)11月23日、従四位下に昇進する。安政6年(1859年)2月7日、養父の隠居で家督を継ぐ。藩政においては洋式軍備の増強に努めた。

明治元年(1868年)の戊辰戦争では、当初は新政府に従う。しかし5月、奥羽越列藩同盟に参加する。7月に中央の政局の情報を受け、官軍に与して箱館戦争などで功績を挙げたため、戦後に新政府より1万石を加増された。明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還により知藩事となる。明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県で免官、東京へ移る。明治11年(1878年)、麝香間祗候を命じられる。明治17年(1884年)に伯爵となる。

その後は第十五国立銀行取締役となる。大正5年(1916年)7月19日、77歳で死去した。跡を養子・英麿近衛忠房次男)が継いだ。実子の楢麿は分家して男爵となっている。

栄典編集

位階
勲章等

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1191号「叙任及辞令」1916年7月20日。
  2. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。


日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
弘前津軽家初代
1884年 - 1916年
次代:
津軽英麿