津軽暖流

日本列島近海の海流
1. 黒潮 2.黒潮続流 3.黒潮反流 4.対馬暖流 5.津軽暖流 6.宗谷暖流 7.親潮 8.リマン(Liman)寒流

津軽暖流 (つがるだんりゅう、: Tsugaru Warm Current)とは津軽海峡西からへ流れる海流のこと[1]津軽海流(つがるかいりゅう)とも呼ばれる。

対馬海流は津軽海峡西口で二分し、津軽海峡を抜けるものを津軽暖流、そのまま北海道沿岸を北上し宗谷海峡を抜けるものを宗谷暖流という[1]。冬季には、海峡を抜けてからすぐ日本列島沿岸を南下する場合が多く、夏季には襟裳岬の南西約74km付近の太平洋まで達してから南下する場合が多い[1]。流速は1~3ノットで、冬季よりも夏季のほうが比較的強い流れとなっている[1]。また、潮汐による潮位差は、太平洋は大きく日本海は少ないため、その影響により時刻による流速の変動も大きくなっている[2]

水温は冬でも7以上で、盛夏には22℃まで上がることがある。中央部の塩素濃度は年間を通じて18.75以上で、塩分濃度は33.9‰以上。津軽海峡の最も浅い水深は130mほどなので津軽暖流の厚さも200mほどでその下には親潮系冷水が入り込んでいる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集