津軽杉山家(つがるすぎやまけ)は、江戸時代弘前藩津軽家の重臣として仕えた家系。石田三成の子孫の家系である。

杉山家
No image available.svg
本姓 石田氏支流
家祖 石田重成
種別 武家
士族
主な根拠地 陸奥国弘前藩
著名な人物 石田重成
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

石田三成の二男石田重成関ヶ原の戦い後、津軽家を頼って陸奥津軽に落ち延びた。重成は杉山源吾と改名し、弘前藩に仕えた。長男杉山吉成は藩主の娘を娶り、弘前藩家老職となり、幕命による蝦夷出兵の際には弘前藩軍を指揮した。この際に吉成は江戸に上り、弘前藩を代表して幕府に対して戦後報告を行っており、すなわち幕府も石田三成の男系子孫の存在を把握していた。

以後、歴代の杉山家当主は弘前藩の重臣として奉行職や家老などを務め、幕末まで続いた。

歴代当主編集

参考文献編集