メインメニューを開く

津軽蓬田トンネル(つがるよもぎたトンネル)は、青森県東津軽郡蓬田村地内を通る、北海道新幹線鉄道トンネルである。新青森駅新中小国信号場の間に位置する。全長は6,190m。

津軽蓬田トンネル
概要
路線 北海道新幹線
位置 青森県新青森駅-新中小国信号場間)
座標 北緯41度1分49.4秒 東経140度35分8.7秒 / 北緯41.030389度 東経140.585750度 / 41.030389; 140.585750
現況 供用中
起点 青森県東津軽郡蓬田村
終点 青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田外黒山
運用
建設開始 2008年(平成20年)2月
完成 2012年(平成24年)10月23日
開通 2016年(平成28年)3月26日
所有 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
管理 北海道旅客鉄道(JR北海道)
通行対象 鉄道車両(新幹線専用)
技術情報
全長 6,190m
軌道数 2(複線
軌間 1,435mm標準軌
電化の有無 有(交流25,000V・50Hz
設計速度 260km/h
勾配 20.8‰(最大)
テンプレートを表示

整備新幹線の建設を担当している鉄道建設・運輸施設整備支援機構の発注により、2008年(平成20年)2月に着工した。施工者は鹿島鉄建梅林田中組の特定建設工事共同企業体2009年(平成21年)10月26日にSENS発進式が行われた。2011年(平成23年)6月21日に中間立坑に到達した。2012年(平成24年)10月10日に掘削工事が完了し、10月23日に貫通式が行われた。2016年(平成28年)3月26日に開業している。

蟹田層と言われる未固結および半固結の細中粒の砂層および砂岩層を掘削するため、シールド工法新オーストリアトンネル工法 (NATM) の利点を兼ねたSENS工法が採用されている。SENS工法を採用するのは、東北新幹線八戸 ‐ 新青森間)の三本木原トンネルに次ぐ2例目。

当初計画では、蓬田1,970m、小川平770m、田浦790m、関根股310m、西股300m、高根1,170mの6つのトンネルに分かれていたが一本化された。

小川平川の地下を通るため、南側に新青森 ‐ 新函館北斗間の最急勾配20.8が存在する。北側にも15‰の勾配があり、山岳トンネルでは珍しい中央部が低い落ち込み勾配のトンネルになっている。通常、排水の関係で山岳トンネルは中央部が高い拝み勾配である。他には青函トンネル関門トンネルなどの海底トンネルや、北陸新幹線の高丘トンネルが落ち込み勾配となっている。

北側(奥津軽いまべつ方)は第1外黒山トンネルとコンクリート製のシェルターで繋がっている。

関連項目編集

外部リンク編集