メインメニューを開く

津軽 順朝(つがる ゆきとも、文化11年(1814年) - 天保11年11月17日1840年12月10日[1])は、津軽家一門・津軽百助家の当主。書院大番頭兼参政。津軽承祐津軽承叙の実父。

名前の「順」の字は、本家・弘前藩第10代藩主・津軽信順からの偏諱である。

幕末、弘前・黒石両家で藩祖・為信の血統が途絶えたため、その血を引くこの家から血統の復活がはかられ、順朝の2人の息子がそれぞれの家を継ぐこととなった。しかし、弘前藩主家の養子となった長男・承祐は早世して跡を継ぐことが叶わず、熊本藩主の細川家から養子を迎える結果になった。黒石藩主家を継いだ次男・承叙の血統も、その長男である津軽類橘(るいきつ)の代に途絶えている(類橘の跡は池田源の子・津軽益男が継いだ)。

系譜編集

父母
  • 父:津軽朝定(ともさだ)
    朝定の父の津軽朝儀(とものり)は黒石津軽家5代当主著高の弟で、津軽百助家に養子入りした。
子女

略系図編集

津軽信政弘4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信壽弘5壽世黒(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信興著高黒(5)
 
 
 
朝儀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信著弘6寧親黒(6),弘9
 
 
 
朝定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信寧弘7信順弘10典暁黒(7)順朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信明弘8
 
 
 
親足黒(8)1承祐※a承叙※b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
順徳黒2順承弘11承保黒3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
承祐※a承昭弘12承叙黒4※b
 
 
 
 
 
 
 
  • 実線は実子、点線は養子を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 「弘」を付した数字は弘前藩主代数、「黒」を付した数字は黒石藩主代数(( )内はは旗本としての代数)を示す。

脚注編集

  1. ^ 『青森県史』第3巻