洪清泉

韓国の囲碁棋士

洪 清泉(ほん せいせん、1981年12月30日 - )は、関西棋院所属の囲碁棋士、四段。韓国済州出身。本名は洪 マルグンセム(ホン マルグンセム、韓国語: 홍 맑은샘)[1]。2019年9月より休場。

洪道場」を主宰し、多くのプロ棋士を送り出している。

人物編集

韓国のアマチュア全国大会で優勝18回、準優勝9回の実績を残すなど、2000年代初頭の韓国では強豪アマチュアとして有名であった[2]。一方で、数回の挑戦も実らず韓国でプロ入りすることはできなかった[2]

2002年、世界アマチュア囲碁選手権緑星囲碁学園を主宰する菊池康郎に会ったのが一つの転機となった。菊池との会話を通して「菊池先生のようになりたい」と考えるようになり、子ども教室を開きたいというかねてからの思いもあって日本に渡ることを決意した[3]。2004年に韓国を離れて日本に移住し、2005年から洪道場を始める[3]

日本のアマチュア棋戦でも活躍したのち、関西棋院で入段試験に合格し2009年に27歳で入段。入段を機に、読みやすく親しみを持ってもらえるように「洪清泉」という呼称を用いる[1]

所属は関西棋院であるが、洪道場は東京にあった。そのため、道場の主宰者として東京で活動する傍らで、水曜日や木曜日に関西棋院での手合いがあるときは火曜日の夜8時に道場を出て新幹線に乗って12時に大阪に到着し、日中に関西棋院で手合いをこなし、木曜日の夜中に東京に戻り金曜日からまた道場で活動するという生活を送った[3]。2016年のインタビューでは、「死ぬまでに、道場出身の棋士100人を達成したい」と語っている[3]

2019年9月1日より棋士対局を休場。日本の囲碁の人気の衰えに危機感を覚え、事実上棋士を引退する覚悟で普及活動に専念するとしている[4]

毎年3月に韓国を訪れて子ども大会「マルグンセム子ども最強戦」を開催している[5]

経歴編集

洪道場編集

来日後、2005年に市ヶ谷のマンションで開設し、2013年に杉並区内の一軒家に移る[3]。日本は木谷道場以来、菊池康郎が主宰する緑星囲碁学園しか専門的な道場がなかったが、それ以来の存在として2019年の時点で21名の棋士を輩出している。この中には、棋聖戦挑戦者などの実績を持つ一力遼、史上最年少の19歳で名人位に就いた芝野虎丸、女流タイトル19期獲得の藤沢里菜ら、多くの有力若手棋士が含まれる。

2016年現在、約30人の子どもたちが通っている[2]宋光復九段門下の子どもも道場に参加していたほか、平成四天王である張栩山下敬吾羽根直樹の子どもたちもこの道場で修業している[2]

洪には囲碁の勉強を苦痛に感じて棋士への道から外れてしまったという経験があったため、公園やボウリングに連れて行ったり、他のボードゲームで遊んだりするなど、囲碁だけの生活にならないような配慮を心掛けているという。詰碁もチームを組んで競わせたり、賞品にお菓子を出すなど、常にメリハリをつけ子どもたちに飽きさせないことを重視しているという[3]

出身棋士編集

下記は洪道場出身の棋士一覧。洪道場のホームページでの記載[6]をもとにしており、洪と正式に師弟関係を結んでいるわけではない棋士も含む。

入段者
棋士 入段 段位 生年 実績 外部
リンク
平田智也 2009年 七段 1994年 28 名人戦リーグ入り、2019年若鯉戦優勝 [7]
藤沢里菜 2010年 五段 1998年 23 女流タイトル計19期など [8]
出口万里子 2010年 初段 1991年 31 [9]
一力遼 2010年 九段 1997年 25 天元位1期、碁聖位1期など [10]
宮本千春 2011年 初段 1994年 28 [11]
風間隼 2012年 四段 1991年 31 [12]
姚智騰 2012年 六段 1998年 24 [13]
新井満涌 2013年 初段 1994年 28 [14]
小山空也 2013年 五段 1996年 25 [15]
呉柏毅 2014年 五段 1996年 26 [16]
金子真季 2014年 二段 1995年 26 [17]
芝野虎丸 2014年 九段 1999年 22 史上最年少名人位・王座位・竜星戦優勝・本因坊戦リーグ入りなど [18]
小池芳弘 2015年 七段 1998年 23 [19]
芝野龍之介 2016年 二段 1997年 24 [20]
伊了 2017年 二段 2000年 21 [21]
岩田紗絵加 2017年 初段 1997年 25 [22]
武井太心 2018年 二段 2001年 20 [23]
五藤眞奈 2018年 初段 2001年 20 [24]
池本遼太 2018年 二段 2001年 20 [25]
福岡航太朗 2018年 三段 2005年 16 [26]
大須賀聖良 2019年 初段 2004年 18 [27]
三浦太郎 2020年 二段 2004年 17 [28]
曽富康 2020年 二段 2003年 19 [29]
並木響 2021年 初段 2001年 20 [30]
日野勝太 2022年 初段 2005年 17 [31]

脚注編集

  1. ^ a b 師範の紹介”. 洪道場ホームページ. 2022年1月28日閲覧。 「マルグンセム」は「清い泉」を意味し、古代韓国語に由来するため漢字表記は存在しない。
  2. ^ a b c d 일본서 명문도장 운영…홍맑은샘의 반상 스토리”. baduk.netmarble.net. 2019年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 囲碁が強くなる子の特徴とは──囲碁道場主宰 洪清泉二段に聞く NHKテキスト View
  4. ^ 洪清泉四段が長期休場 芝野ら育てた棋士、囲碁の普及に専念”. 朝日新聞デジタル (2019年9月2日). 2019年11月19日閲覧。
  5. ^ “한국바둑, 뭉치면 다시 세계 1위될 저력 있어””. www.cyberoro.com. 2019年1月11日閲覧。
  6. ^ 洪道場出身棋士の紹介”. 洪道場ホームページ. 2022年1月28日閲覧。
  7. ^ 平田智也
  8. ^ 藤沢里菜
  9. ^ 出口万里子
  10. ^ 一力遼
  11. ^ 宮本千春
  12. ^ 風間隼
  13. ^ 姚智騰
  14. ^ 新井満涌
  15. ^ 小山空也
  16. ^ 呉柏毅
  17. ^ 金子真季
  18. ^ 芝野虎丸
  19. ^ 小池芳弘
  20. ^ 芝野龍之介
  21. ^ 伊了
  22. ^ 岩田紗絵加
  23. ^ 武井太心”. 日本棋院. 2019年11月27日閲覧。
  24. ^ 五藤眞奈”. 日本棋院. 2019年11月27日閲覧。
  25. ^ 池本遼太”. 日本棋院. 2019年11月27日閲覧。
  26. ^ 福岡航太朗”. 日本棋院. 2019年11月27日閲覧。
  27. ^ 大須賀聖良”. 日本棋院. 2019年11月27日閲覧。
  28. ^ 三浦太郎”. 日本棋院. 2022年1月29日閲覧。
  29. ^ 曽富康”. 日本棋院. 2022年1月29日閲覧。
  30. ^ 並木響”. 日本棋院. 2022年1月29日閲覧。
  31. ^ 日野勝太”. 日本棋院. 2022年1月29日閲覧。

関連書籍編集

  • 洪道場秘伝問題集(マイナビ出版, 2015)
  • 碁が強い人はどのように上達してきたか? (囲碁人ブックス, 2017)

外部リンク編集