流田Project(ながれだプロジェクト)は、日本の4人組バンド。現在のレーベルNBCユニバーサル・エンターテイメント日本コロムビア(デビューはジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)。

流田Project
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2009年 -
レーベル NBCユニバーサル・エンターテイメント
日本コロムビア
事務所 無所属(Peak A Soul+を2019年4月末日に退所)
公式サイト 流田Project
メンバー 流田豊(ボーカルギター
穴澤淳(ギター)
桃山竜二(ベース
栗川雅裕(ドラムス

概要編集

阪南大学のフォークソング部で出会った4人で2009年に結成。結成当時は、J-POPからヘヴィメタルオルタナティブ・ロックなどのさまざまなジャンルのコピーバンドをしていた。

動画共有サイトニコニコ動画YouTubeに、「流田P」と称しアニメソングのカバーを投稿。紙のお面を着用し、素顔を隠しての動画投稿のため、演奏者の正体が誰なのかは謎に包まれている。だが、動画共有サイト内で約700万という再生回数を出したことにより、2010年12月1日ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントよりアニソンカバーアルバム『流田P』でメジャーデビュー。

デビューを期に『流田P』、『戦闘用洋菓子』、『流田P覆面バンド』など定まっていなかった活動名を『流田Project』に統一した。

多数のアニメソングのバンドカバーをするとともに、オリジナル曲も多数作成している。 2018年には、オリジナル曲をアップするYouTubeチャンネル[1]を新たに開設した。 既存の、アニソンカバーを演奏してみたものをアップするYouTubeチャンネル[2]及びニコニコ動画[3]においても、動画アップを引き続き行っている。

2012年6月20日に、彩音とのコラボレーションシングルcry out」を発売[4]

2013年4月より、自身初のアニメタイアップとなる『聖闘士星矢Ω』新章の主題歌『未来聖闘士Ω〜セイントエボリューション〜』を担当。本人達曰く「人生の転機となった曲。」

2013年9月18日、初のオリジナルアルバム「fake」をリリース。

2014年4月より テレビアニメ『ドラゴンコレクション』の主題歌『ドラゴンコレクション 〜勇気のツバサ〜』、テレビドラマ『乾杯戦士アフターV』の主題歌『アフターVのテーマ』、エンディングテーマ『男たちのララバイ』を担当。

2015年4月より テレビアニメ『トリアージX』の主題歌『triage』を藏合紗恵子 featuring 流田Projectとして担当。

2016年8月24日 μ'sカバーアルバム 『流's the COVER』をリリース。

2017年5月、映画「破裏拳ポリマー」の挿入歌「戦え!ポリマー」を担当。

2018年1月、カバーベストアルバム「流田PPPH」をリリース。

2019年5月、結成10周年を迎えた。

メンバー編集

流田 豊ボーカルギター8月23日生まれ、三重県津市出身、A型)

  • デビュー以前は「流田P」としてソロ名義でも活動。呼び名も「流田p」。
  • 使用機材は以前はPGMのテレキャスターを使用していたが、ESPと契約を結んでいるためNavigatorのテレキャスター、もしくはストラトキャスターを主にしている。アコースティックギターは、ギター職人西野春平作のハンドメイドアコースティクギターを使用。

この他にも、フェンダー・ストラトキャスターを始め多くのギターを収集しており音楽雑誌「Player」で取り上げられている。

  • メンバーカラーは
  • バンドメンバーの中ではフロントマンとしてMCを務め、関西弁でライブを盛り上げる。
  • メンバーからのあだ名は「ゆたぼう」。
  • 覆面をして動画にアニソンカバーを公開するのを提案したのは流田豊の兄の提案。流田Projectとしてデビューすることを引き受けたのも流田の兄であり、重要な存在である。
  • ビートルズを敬愛しており、ライブでファンの声に応じて即興で演奏したこともある。赤盤、青盤は全てコピーしている。また、学生時代にはオールローズのテレキャスターを使用しベーシストにヘフナーを使わせるなどそのファンぶりは徹底している。
  • 高校時代はベースボーカルであり、また実家にはドラムセットがあった。そのため、多重録音をすることができ、TwitCastingニコニコ生放送等で多重録音を行うことがある。
  • 絵が得意であり、描いたイラスト等をデザインしたTシャツなどがライブのグッズになることもある。
  • 恋愛物の少女マンガが好きで、『君に届け』などを愛読していた。
  • 好きなアニメや漫画は、『CLANNAD』『とらドラ』、『進撃の巨人』、『キングダム』など。
  • 2013年1月8日放送のA&G ARTIST ZONE 2h、にRayの代理として登場。
  • 2014年4月より、声優・柿原徹也とともに超!A&G+にて、「柿原と流田のラジオ+( )」に出演中。
  • 2020年4月より、超!A&G+にて「流田豊の本気!アニラブ」に出演。

穴澤 淳ギターコーラス5月4日生まれ、滋賀県彦根市出身、A型)

  • デビュー前は「坂本」を名乗っており、ライブでついたあだ名「もつ煮」から転じてて親しみを込め「もつ兄」と呼ばれていた。
  • 使用楽器は初期はリッケンバッカーの中古ギター愛称「チューリップ」を使用していたが、 動画で『とある科学の超電磁砲』のオープニングテーマをカバーした際からk&t weeper / crewsを使用。動画「コネクト」のカバーより後では、アレキサンダー社のレスポールモデルを使用していたが、現在は、ESPのポットベリー、アモロスを使用している。
  • メンバーカラーは、濃いピンク
  • バンドメンバーの中では天然キャラにしていじられ役。名前を呼ばれないこともしばしば。
  • 2014年3月にインフルエンザを発症してライブを延期にさせてしまったエピソードからファンからは「穴澤といえばインフルエンザ」と言われる。
  • メンバーの中で、穴澤のみ大学で留年している。
  • ライブではリードギターのみならず、コーラスも担当。「ライオン」では流田豊とツインボーカルを務める。
  • 故郷のマスコット「ひこにゃん」が好き。


桃山 竜二ベースコーラス5月19日生まれ、島根県松江市出身、血液型不明)

  • デビュー前は「龍ヶ崎」を名乗っていて、ライブでエヴァンゲリオン使徒「サキエル」のTシャツを着ていたことから「サキエル」と呼ばれていた。
  • また動画で髪がサラサラでキューティクルが出来ていたので「キューティクル」とも呼ばれていた。
  • 使用楽器はメインもセカンドもジャズベースを使用。ESPとエンドーストメント契約を結んでいるため本人のオーダーメイドモデルを現在は使用している。
  • 奏法は曲によりピック弾きと指弾きを使い分け、ライブのソロ演奏ではスラップ奏法も披露。
  • メンバーカラーは、水色
  • 動画やライブではいろいろなTシャツを披露。サキエルT以外にも『機動戦士Ζガンダム』の百式Tに、『けいおん!!』の夏フェスの回で登場したバンドTなどその服装が注目されている。
  • 漫画が好きで、『ONE PIECE』『NARUTO -ナルト-』『テニスの王子様』などを愛読している。

 最近では、進撃の巨人に影響を受け、髪の毛を染めてサシャ・ブラウスと同じ髪型にして動画に映ることもある。


栗川 雅裕ドラムコーラス1月14日生まれ、兵庫県川西市出身、O型)

  • デビュー前からメンバーで唯一今と同じ「栗川」と呼ばれていた。
  • 使用楽器はスネアはLUDWIGのLM400、スティックはCANOPUSのオリジナルモデル、ペダルはDW 9002 XF。
  • 2ndツアーの頃からはカノウプスの特注のドラムセットを使用している。
  • チャイナシンバルはK Zildjian Thin China 19、スプラッシュシンバルはZildjian A Customの10インチのSplashを使用。
  • 1stライブツアーより新機材「ロートタム」も使用している。
  • メンバーカラーは、
  • ファンからの愛称は、「まーくん」。
  • トレードマークはチャイナシンバルの高さ。以前は、ライブや動画で着用していた緑の頭を打ちぬかれたニコちゃんTシャツを愛用し、2日連続のワンマンライブのおりでも、洗濯して同じものを着用していた。
  • 10cm程度で細い穴、とマスクの目が非常に小さいため、視界が悪いそうで流田曰く「目隠ししながらドラムを叩いているようなもの」とのこと。マイクも自分の顎で探しているらしい。2014年に、目の穴を広げて叩きやすく改良している。
  • 運転免許のゴールド保有者。移動の際、運転は9割栗川が担当している。
  • 名古屋ライブで名古屋で幼少期過ごしたことがあることを告白。
  • 流田Projectにとって栗川の実家は「第二の家」と言うべき場所である。阪南大学時代は、栗川家にメンバー全員がお世話になりプロデビューした後も関西地方でライブを行う場合は4人揃って泊まることが多い。
  • 料理が得意である。


※なお、メンバー全員、年齢は公表していない。

エピソード編集

  • アニソンをカバーし動画サイトで活動を開始するきっかけを作ったのは、流田豊の兄の助言によるものである[5]
  • 仮面をつけた理由については、最初の動画作品を撮影した際にその場のノリでコピー用紙を切り取り即席で着用し顔を隠した事がきっかけである[6]
  • BEAT CRUSADERS日高央はネットインタビューにて、お面などで顔を隠す匿名的なアプローチは流田Projectなんかにお任せすると冗談交じりで答えている[7]

略歴編集

2009年編集


2010年編集

  • 12月5日、『GENEON fripSide フェスティバル2010』に出演。


2011年編集

  • 5月2日アニソン.J-POPイベント『2.5次元』 第4章を新潟県のGOLDEN PIGS BLACKSTAGEに出演予定。
  • 5月9日東京のライブ会場で LIVE labo YOYOGI「頑張ろう!日本!」続・流田Project 1stワンマンツアー2011-あなたの街に紙(覆面)が舞い降りるツアー開始。ファイナルは5月22日高田馬場club PHASE。ニコニコ生放送にて生中継される。
  • 10月16日、流田Project 2ndアルバム「流田PP」発売記念!全国ワンマンツアー~機材車で行く!北海道から九州まで総走行距離約6000kmの旅~開始。ファイナルは11月26日原宿原宿ASTRO HALL。ニコニコ生放送にて生中継される。


2012年編集

  • 5月4日5月12日、動画UP祝3周年記念ワンマンライブ〜流れる汗と涙の桃栗3年穴8年〜を東京、大阪にて開催。
  • 5月6日、池袋ナンジャタウンにて行われたどこでもいっしょのキャラクタートロのお誕生日会に出演。トロへ書き下ろしの曲をプレゼントし、会場にて披露している。
  • 10月6日〜、全国10ヶ所でのレコ発全国ツアー「「流田PPP」発売記念全国ワンマンツアー〜参度目ノP〜」開催。
  • 12月1日、追加公演として代官山UNITでのライブを開催。
  • 12月31日、初の「カウントダウンライブ〜departure〜」を渋谷チェルシーホテルにて開催。


2013年編集

  • 3月23日3月27日3月29日、「ナガレダ春のPまつり!!〜リクエストツアー〜」を東京、名古屋、大阪にて開催。
  • 8月8日、ニコニコ生放送でにて日本コロムビアより初のオリジナルアルバム「fake」リリースを発表。
  • 9月15日、ドイツ語圏最大のアニメイベントConnichiに出演しライブを敢行。総動員数を更新する大盛況となった。
  • 9月18日、初のオリジナルアルバム「fake」をリリース。
  • 10月5日より、4度目のワンマンライブツアー「全国ドーモTOUR」10都市11公演を開催。


2014年編集

  • 4月より、流田豊が、声優の柿原徹也とアイドルの藤本結衣palet)とレギュラー番組 文化放送 超!A&G+「生メールpresents 柿原と流田のラジオ+(藤本)」を担当。(2015年4月より、アシスタントがいなくなり、「柿原と流田のラジオ+( )」として柿原徹也と二人でパーソナリティを務めている。)
  • 5月10日、新宿BLAZEにてデビュー5周年ワンマンライブを行う。過去最高のキャパシティに挑戦した。
  • 7月5日レギュラー番組 文化放送 超!A&G+「生メールpresents 柿原と流田のラジオ+(藤本)」内で、アルバム「Realize!」リリースを発表。
  • 8月20日アルバム「Realize!」をリリース。オリジナル曲を前山田健一ら有名作曲家が楽曲提供。
  • 10月4日からアルバムをひっさげ、全国ツアーを開始。


2015年編集

  • 1月17日台北wall公館にて、ワンマンライブを行い台湾で公演を行う。
  • 4月より、「ナガレダ春のPまつり ~怒涛のアニソンオンリー祭~」を開催。
  • TVアニメ『トリアージX』OP主題歌「triage」を担当。(藏合紗恵子 featuring 流田Project)
  • 7月11日、「怒涛のオリジナルオンリー祭り」を開催。
  • 10月より、「デビュー5周年記念全国ワンマンツアー2015~五穀豊穣~」を全国14か所15公演で開催。このツアーでは、会場ごとで初出しの新曲披露するという課題を設け、ツアーを行った。


2016年編集

  • 3月より、「春のワンマンツアー2016 ~メーハン仙人トゥー!!~」を開催。
  • 8月24日、アルバム「流's the COVER」をリリース。全曲μ'sのカバー曲。
  • 、7度目の秋ツアー「流's THE TOUR」を開催。


2017年編集

  • 、結成8周年記念東名阪ワンマンツアーを開催。
  • 、8度目の秋ツアー「Best of アニソンカバー」を開催。


2018年編集

  • 1月、カバーベストアルバム「流田PPPH」を発売。
  • オリジナル曲をアップするYouTubeチャンネル[1]を新たに開設。
  • に東名阪ワンマンツアー~春のPまつり!リターンズ~を開催。
  • には、~夏だから北上ツアー~を開催。
  • には、9度目の秋ツアー~仮面男子の全て~を開催。


2019年編集

  • 4月から、東名阪ツアー~10年振り返るまで帰れま10ツアー~として、10年を振り返る春ツアーを開催。
  • 5月に、結成10周年を迎えた。
  • 6月29日に、結成10周年ライブが行われた。スペシャルゲストとして、柿原徹也が登場した。
  • 9月8日より、10度目の秋ツアー~サンキューツアー~を開催。


2020年編集

  • 3月28日より、春ツアー~ナガレダ春のP祭り~を開催予定であったが、コロナウイルスの影響で、中止。かわりに、無観客配信ライブをYouTubeにて行う。
  • 上記無観客配信ライブの最終日の4月4日、流田Projectの通信販売サイトにて、オリジナルミニアルバム「NAGAREDA ROBO」を発売。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2013年6月26日 未来聖闘士Ω〜セイントエボリューション〜 COCA-16745 51位
2nd 2014年5月21日 ドラゴンコレクション〜勇気のツバサ〜 COCA-16861 112位
3rd 2014年5月28日 アフターVのテーマ/男たちのララバイ USSW-0015
4th 2015年5月27日 triage COCC-1701(通常盤)

COZC-1037-8(DVD付き限定盤)

92位

アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2010年12月1日 流田P GNCA-1273(初回限定盤)
GNCA-1274(通常盤)
47位
2nd 2011年9月28日 流田PP GNCA-1307 74位
3rd 2012年8月8日 流田PPP GNCA-1334 57位
4th 2013年2月20日 流田Project VSスーパー戦隊+宇宙刑事ギャバン COCX-37888 184位
5th 2013年9月18日 fake COZP-798-9(初回限定盤)
COCP-38195(通常盤)
96位
6th 2014年8月20日 Realize! COZP-962/3(初回限定盤)
COCP-38718(通常盤)

87位

7th 2016年8月24日 流's the COVER GNCA-1489
8th 2018年1月24日 流田PPPH GNCA-1519

ミニアルバム編集

  • 「NAGAREDA ROBO」(2020年4月4日発売)

オリジナル曲を6曲収録したミニアルバム。 「青いチカラ」「コントロール」「モンスター」「長い夜」「answer」「IPPEICHANG」を収録。 流田Projectの通信販売サイトのみの取り扱いとなっている。

カバーソング一覧編集

2019年3月現在、ニコニコ動画[3]YouTube[2]に上げられたもの。

アップロード日 タイトル 備考
2009年5月17日 Don't say "lazy" テレビアニメけいおん!』のエンディングテーマ。
初めてバンド演奏にてアップした曲である。
2009年6月28日 Super Driver テレビアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』の
2009年版のオープニングテーマ。
2009年9月28日 ノーザンクロス マクロスF』のエンディングテーマ。
2009年12月1日 君の知らない物語 化物語』のエンディングテーマ。
2010年1月26日 うるまでるびのGO!GO!選挙 うるまでるび』により制作された

アニメーションで使用された楽曲。

2010年3月5日 only my railgun LEVEL5-judgelight- とある科学の超電磁砲』のオープニングテーマ。
メドレーにてカバー。
2010年4月7日 Listen!! けいおん!!』の前期エンディングテーマ。
2010年6月2日 Crow Song Angel Beats!』の劇中歌。
2010年6月3日 ヴィーナスとジーザス 荒川アンダー ザ ブリッジ』のオープニングテーマ。
2010年6月4日 God knows... 涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌。
2010年8月8日 NO,Thank You! けいおん!!』の後期エンディングテーマ。
2011年4月4日 コネクト 魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマ。
2011年4月29日 侵略ノススメ☆ 侵略!イカ娘』のオープニングテーマ。
2011年8月26日 Hacking to the Gate STEINS;GATE』のオープニングテーマ。
2011年8月31日 secret base ~君がくれたもの~ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の
エンディングテーマ。[注 1]
2011年11月1日 Singing! 映画けいおん!』のエンディングテーマ。
2012年1月18日 oath sign Fate/Zero』のオープニングテーマ。
2012年2月16日 宇宙刑事ギャバン 宇宙刑事ギャバン』のオープニングテーマ。
2012年3月9日 メルト 初のボーカロイドソングであり、supercell
ニコニコ動画に投稿した楽曲。[注 2]
2014年2月1日 紅蓮の弓矢 自由の翼 進撃の巨人』のオープニングテーマ。

メドレーにてカバー。

2014年2月8日 ふわふわ時間 けいおん』の劇中歌。

動画ではメンバーが演奏中に各パートのシャッフルを行っている。

2014年2月21日 シリウス ambiguous キルラキル』のオープニングテーマ。

メドレーにてカバー。

2014年3月9日 千本桜 黒うさPによって制作された

初音ミクの楽曲。

2015年3月12日 海色  艦隊これくしょん -艦これ-』のオープニングテーマ。
2015年4月2日 Rising Hope  魔法科高校の劣等生』のオープニングテーマ。
2015年4月10日 IGNITE  ソードアート・オンラインII』のオープニングテーマ。
2015年9月5日 ファッとして桃源郷  Qunka!   てーきゅう』のオープニングテーマ。

メドレーにてカバー。

2015年10月1日 かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!   干物妹!うまるちゃん』のオープニングテーマ。
2015年10月9日 光るなら   四月は君の嘘』のオープニングテーマ。

アコースティック形態でカバー。

2015年11月25日 はなまるぴっぴはよいこだけ   おそ松さん』の前期オープニングテーマ。
2016年2月13日 全力バタンキュー   おそ松さん』の後期オープニングテーマ。
2016年2月21日 スーパーウルトラ ハイパーミラクルロマンチック   ヴァルキリードライヴ マーメイド』のエンディングングテーマ。
2016年3月5日 愛のプリズン   監獄学園』のオープニングテーマ。
2016年9月3日 それは僕たちの奇跡 ラブライブ』第二期オープニングテーマ。
2017年2月2日 ときめきエクスペリデンス キラキラだとか夢だとか~Sing Girls バンドリ!』オープニングテーマ、エンディングテーマをメドレーでカバー。
2017年2月10日 マクロスΔメドレー(一度だけの恋なら いけないボーダーライン ルンがピカッと光ったら 破滅の純情 絶対零度θノヴァティック) 『マクロスΔ』のオープニングテーマ、挿入歌、エンディングテーマをメドレーでカバー。
2017年2月28日 ようこそジャパリパークへ けものフレンズ』オープニングテーマ
2017年4月3日 心臓を捧げよ! 進撃の巨人』season2オープニングテーマ
2017年11月14日 にめんせい☆ウラオモテライフ! うまるん体操 干物妹!うまるちゃんR』オープニングテーマ、エンディングテーマ
2017年12月1日 BLACK SHOUT ティアドロップス バンドリ!』より
2018年2月15日 POP TEAM EPIC POPPY PAPPY DAY ポプテピピック』のオープニングテーマ、エンディングテーマをメドレーでカバー。
2018年9月14日 ミッション!健・康・第・イチ はたらく細胞』オープニングテーマ
2018年9月21日 甲賀忍法帖 バジリスク~甲賀忍法帖』オープニングテーマ
2019年5月4日 けいおん!メドレー
(Don't say "lazy"
Cagayake!GIRLS
Listen!!
GO! GO! MANIAC
NO,Thank You!
Utauyo!!MIRACLE
ふわふわ時間
ごはんはおかず
天使にふれたよ!
Don't say "lazy")
結成10周年記念の動画。
結成のきっかけとなり、一番最初に演奏動画をあげたDon't say "lazy"をはじめとして、同じく10周年を迎えた『けいおん!』の楽曲をメドレーでカバーした。
2019年8月22日 お願いマッスル ダンベル何キロ持てる?』オープニングテーマ
2020年2月27日 Easy Breezy 映像研には手を出すな!』オープニングテーマ
2020年3月6日 紅蓮華 鬼滅の刃』オープニングテーマ

※その他、動画にアップされていないが、ライブで披露されているカバー曲が多数ある。

オリジナル曲編集

  • 2018年開設のオリジナル曲アップ用のYouTubeチャンネル[1]にアップされたもの。
・「青いチカラ」

(作詞・作曲:穴澤淳、編曲:流田Project)

2018年秋ツアーパンフレットにこの曲のライブ音源CDが付属している。

・「IPPEICHANG」

(作詞・作曲・編曲:流田Project)

・「answer」

(作詞・作曲:流田豊、編曲:流田Project)

・「モンスター」

(作詞:穴澤淳・流田豊、作曲:穴澤淳、編曲:流田Project)

・「長い夜」

(作詞:流田豊、作曲:穴澤淳、編曲:流田Project)


  • 流田PP収録「月ノ夜ニ」「奏でるチカラ」、流田PPP収録「departure」


  • オリジナルアルバム「fake」収録のもの。


  • アルバム「Realize」収録

「世界の果てに」「Say! “So Cool”」「青春エブリディ」「Dreamer」「distance」「漆黒の扉(初回限定盤のみ収録)」「ラグナロク(通常盤のみ収録)」「ヴァンパイヤ学園☆CHU-WA」「CONSISTENT」「本当の宝物 (TVアニメ『ドラゴンコレクション』挿入歌)」「ドラゴンコレクション~勇気のツバサ~」


  • オリジナルミニアルバム「NAGAREDA ROBO」収録

上記YouTubeチャンネルにて公開のものに加え、「コントロール」


  • シングル収録のもの。


※なお、音源化されていないオリジナル曲も多数ある。

楽曲提供編集

  • A応P「呼べよ嵐」(作詞・作曲・編曲・演奏)
  • 柿原徹也「カモン×3」「愛がモットー」「アイコトバ」(作詞・作曲・編曲・演奏)、「聴かせて」、「始まりの日」(作詞・作曲)
  • 聖闘士星矢Ωキャラクターソング/龍峰(CV:柿原徹也)「明日へ吹く風」(作詞・作曲)
  • 彩音「cry out」(作詞・作曲・編曲・演奏)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし厳密的にはZONE3rdシングルがオリジナルである。
  2. ^ supercellの1stアルバムに収録されている。

出典編集

外部リンク編集