メインメニューを開く

流血(りゅうけつ)とは、負傷病気等により、人体もしくは動物等の体外に、その血液が流出する現象を言う。

概要編集

流血状態が続くと身体中の血液の量が減少し、生命の危険をもたらす。また傷口から感染症にかかることも想定しうる。

従って通常は流血状態を確認次第、止血消毒処置を施した後に医療用ガーゼで固定する。傷の広がりによっては縫合を行う。状況に応じて、流血原因である傷部位を加熱消毒すべきことがある。

プロレスでは団体・選手によっては流血をすることが、魅せるエンターテイメントになっていることがある。たとえばアブドーラ・ザ・ブッチャーは試合のたびに必ずといっていいほど額から流血し、自伝にも「幸福な流血」と題している。またフレッド・ブラッシー力道山との試合の際にかみつき攻撃で大流血させ、テレビで観戦した老人ショック死するという事態を起こしている。このようなレスラーの中には、ブッチャーはじめ額が切り傷でギザギザになっている者も多い。

デモ活動革命などの政治運動、またはそれ以外の事故事件について、死傷者がある様子を「流血の惨事」と表現することがある。この場合、対義語無血である。

以上のように物騒なイメージもある単語のため、「出血大サービス」「月経で出血」などの際に「流血」ということはあまりない。

関連項目編集