メインメニューを開く

流転の海』(るてんのうみ)は、宮本輝の小説。宮本のライフワークとなる長編連作であり、1982年より2018年の完結まで、全9部として発表された。1990年森繁久彌主演で映画化された。

目次

概要編集

  • 作品は第1部から第9部(最終章・月刊誌「新潮」に連載中)まで構成。連載開始から35年間の自伝的大河小説である[1]。宮本自身の父をモデルとした松坂熊吾の半生が描かれる。

シリーズ編集

  • 「流転の海」(1982年1月号から1984年4月号まで「海燕」に連載。単行本は1984年に福武書店から、1992年に新潮社から刊行。文庫化は1990年に新潮社から刊行)
  • 「地の星 流転の海 第二部」(1990年1月号から1992年9月号まで「新潮」に連載。単行本は1992年に新潮社から刊行。文庫化は1996年に新潮社から刊行)
  • 「血脈の火 流転の海 第三部」(1993年1月号から1996年2月号まで「新潮」に連載。単行本は1996年に新潮社から刊行。文庫化は1999年に新潮社から刊行)
  • 「天の夜曲 流転の海 第四部」(1990年4月臨時増刊号から2002年4月号まで「新潮」に連載。単行本は2002年に新潮社から刊行。文庫化は2005年に新潮社から刊行)
  • 「花の回廊 流転の海 第五部」(2004年6月号から2007年4月号まで「新潮」に連載。単行本は2007年に新潮社から刊行。文庫化は2010年に新潮社から刊行)
  • 「慈雨の音 流転の海 第六部」(2009年7月号から2011年6月号まで「新潮」に連載。単行本は2011年に新潮社から刊行。)
  • 「満月の道 流転の海 第七部」(2012年1月号から2013年12月号まで「新潮」に連載。単行本は2014年に新潮社から刊行。)
  • 「長流の畔 流転の海 第八部」(2014年6月号から2016年4月号まで「新潮」に連載。単行本は2016年に新潮社から刊行。)
  • 「野の春 流転の海 第九部」

映画編集

東宝の配給にて1990年11月3日に公開された。

スタッフ編集

キャスト編集

ほか

脚注編集

外部リンク編集