浄土三曼荼羅(じょうどさんまんだら)とは、日本において伝統的に極楽浄土を描いた浄土変相図(浄土曼荼羅)のうち主要な三種の構図を指す言葉である。また、それぞれの種別の元となった原本自体を指して言う場合もある。

関連項目編集