メインメニューを開く

浄土寺 (松山市)

愛媛県松山市にある寺院、四国八十八箇所霊場の第四十九番札所

浄土寺(じょうどじ)は、愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺院。山号は西林山、院号は三蔵院。本尊は釈迦如来四国八十八箇所第49番札所。

浄土寺
浄土寺 本堂
本堂
所在地 愛媛県松山市鷹子町1198
位置 北緯33度49分0秒
東経132度48分30.7秒
座標: 北緯33度49分0秒 東経132度48分30.7秒
山号 西林山
院号 三蔵院
宗派 真言宗豊山派
本尊 釈迦如来
創建年 (伝)天平勝宝年間(749年-757年
開基 恵明
正式名 西林山三蔵院浄土寺
札所等 四国八十八箇所第49番
伊予十三仏霊場第2番
文化財 本堂・木造空也上人立像(重要文化財)
不動明王像(市指定文化財)
法人番号 5500005000254
浄土寺 (松山市)の位置(松山市内)
浄土寺
浄土寺
松山駅
松山駅
松山市における位置
テンプレートを表示

本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく

御詠歌:十悪の 我身を棄てず そのままに 浄土の寺へ まいりこそすれ

納経印:本尊、奥之院地蔵尊

沿革編集

 
山門前に咲く御衣黄桜
 
仁王像

伝承によれば、天平勝宝年間(749年-757年)に孝謙天皇勅願を受けて恵明(えみょう)上人が開創、本尊として行基が刻んだ釈迦如来像を祀ったという。当初は法相宗であったが、空海(弘法大師)が伽藍を再興した際に真言宗に改宗したという。

平安時代中期の天台宗の僧空也天徳年間(957年-960年)にこの寺に滞在し布教に努めた。建久3年(1192年)に源頼朝が堂宇を修復するが、応永23年(1416年)には兵火で焼失。河野通宣によって文明14年(1482年)に再建された。現在の本堂はそのときのものである。慶安2年(1649年)には大規模な修繕、昭和36年(1961年)には解体修理が行われている。

なお、本堂に置かれた厨子に巡礼者が書いた墨書落書きがあり、その最古のものに大永5年(1525年)の年号が見られる[1]。 また、院号の「三蔵院」は、浄土宗の開祖・法然上人、第二祖・聖光上人、第三祖・良忠上人の自作像を安置していたことに因むが、1945年の出先での空襲で焼失している。

境内編集

石段を上って山門を入ると右手に手水場その後ろに弁財天、さらに石段を上って右に鐘楼があり、正面に本堂が建つ。本堂の左側に阿弥陀堂と愛染堂が、右側に大師堂がある。納経所は鐘楼の後ろにある門を入りずっと奥にある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:20台、大型4台(駐車料金:普通車で100円)

文化財編集

 
空也上人立像
重要文化財
  • 本堂(附:厨子)文明16年(1484年)建立、昭和28.3.31指定
  • 木造空也上人立像 - 木造、彩色、玉眼、121.5cm、鎌倉時代作、昭和11.9.18指定
松山市指定有形文化財
  • 不動明王像 - 三尺不動といわれる像高94.4cm一木造り、平安時代後期作、昭和62.5.26指定、(光背と二童子は1756年の追補作)

交通案内編集

鉄道
バス
道路

奥の院編集

 
牛之峯地蔵堂
牛之峰地蔵堂 地図
  • 本尊:地蔵菩薩
  • 本堂左から裏山に入って行くと山頂に地蔵堂があり、後ろにはミニ八十八箇所がある。

札所等編集

四国八十八箇所
48 西林寺 -- (3.2km)-- 49 浄土寺 -- (1.7km)-- 50 繁多寺

脚注編集

参考文献編集

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎健樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

外部リンク編集