浄土真宗親鸞会

日本の仏教、浄土真宗系の宗教法人

浄土真宗親鸞会(じょうどしんしゅうしんらんかい)は、1958年昭和33年)に発足した宗教法人

浄土真宗親鸞会
地図
親鸞会館(富山県射水市
設立 1958年(昭和33年)
種類 宗教団体
法人番号 1230005007438 ウィキデータを編集
法的地位 宗教法人
所在地 富山県射水市上野1191
座標 北緯36度41分15.8秒 東経137度5分21.6秒 / 北緯36.687722度 東経137.089333度 / 36.687722; 137.089333座標: 北緯36度41分15.8秒 東経137度5分21.6秒 / 北緯36.687722度 東経137.089333度 / 36.687722; 137.089333
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

親鸞会は新宗教というより「どちらかと言えば教団改革運動ないし再生運動と理解した方が適切である」[1]とされる段階である。

概要 編集

1958年、高森顕徹を会長として設立[2][3]富山県射水市(旧射水郡小杉町)に本部を置く宗教法人[4][5]

親鸞を信奉する団体[6][7]。正式名称は「浄土真宗親鸞会」だが、一般的な浄土真宗の宗派とは関係がない[5][8][9]機関紙は「顕正新聞[9]や「顕真」[7]

親鸞会では「南無阿弥陀仏」の名号を本尊に用いる。寺院で広く見られる木像本尊や絵像は一切用いていない。

各種報道によると、同会の会員数は1980年(昭和55年)時点で約5万人[10]1997年(平成9年)時点で約10万人[3][11]、2017年(平成29年)時点で公称約30万人という[12]

目的 編集

親鸞会は、「親鸞の教えを教義の根本とし、阿弥陀仏への絶対帰依によって現世で救われることを目的」とされる[13]

歴史 編集

  • 1952年昭和27年) - 68名の会員が集まって「徹信会」が発足[7][14]
  • 1957年(昭和32年) - 富山県高岡市前田町に徹信会館(24畳)を建設[7]
  • 1958年(昭和33年) - 宗教法人格を取得し、浄土真宗親鸞会と改称[7]
  • 1974年(昭和49年) - 高岡市芳野へ本部を移転(100畳)。
  • 1988年(昭和63年) - 富山市に隣接する射水郡小杉町に本部を移転。親鸞会館(現本館・520畳)となり、支部は全国及び南米・北米・台湾韓国に及ぶ[7]
  • 1992年平成4年) - 既存の親鸞会館本館の収容能力不足から、隣接地に顕真会館を建設。
  • 2004年(平成16年) - 参詣者で溢れるため、親鸞会館本館の隣接地に2,000畳の講堂を持つ正本堂を建設。
  • 2013年 (平成25年) - 札幌市厚別区に北海道会館が開館。

布教 編集

日本全国や日本国外で積極的な布教活動を展開して、その会員はあらゆる年齢層・地域・職業に広がっており、伝統教団の苦手とする若年層の会員の獲得にも成功している[7]

現在は公民館や市民センターなど各地でアニメ上映会や、仏教講師による講演会を行っている[14]。近年、日本各地に会館が建設されたり、アニメ映画『世界の光 親鸞聖人』、『親鸞聖人と王舎城の悲劇』、『なぜ生きる』(主演:里見浩太朗)、『歎異抄をひらく』(主演:石坂浩二)などを上映している。

『なぜ生きる』『光に向かって ―心地よい果実―』『光に向かって100の花束』『歎異抄をひらく』の広告を新聞に打っている。

偽装勧誘 編集

統一教会と同様に宗教であることを隠して勧誘を行う[4][8][15][16]。特に大学においてダミーサークル「学生生活に役立つ情報を提供するサークル」「古典を学ぶサークル」などと偽って学生への勧誘活動を行い、問題視されている[17][5][18][19][16]。一般市民向けには、公共施設を借りてアニメ上映や「仏教講座」と称して勧誘を行う[4][17][20][21][16]日本脱カルト協会(JSCPR)は、浄土真宗親鸞会による施設利用を認めないように求める要望書をNHK文化センター世田谷区に送付した[8][22][23][24]。「浄土真宗親鸞会被害家族の会」という被害者の会が存在する[16]

出来事 編集

親鸞会の幹部信者・柴田未来が2016年の参院選(第24回参議院議員通常選挙)で野党統一候補として立候補し、落選した[4][16][5][25]。2017年の衆院選では、柴田は希望の党公認候補として立候補した[26][27]

浄土真宗親鸞会を取り上げたメディア 編集

ラジオ放送 編集

2016年10月から日本全国のラジオ局で「浄土真宗親鸞会の時間」を放送している。内容はラジオ朗読版「なぜ生きる」である。

ネット局 編集

評価 編集

井上順孝は一般的な新宗教と比べ、伝統宗教と教義面での違いが少なく、教団改革運動ないし再生運動的な性格を持っているとしている[28]

エドワード・G・サイデンステッカーは『なぜ生きる』の翻訳を終えて、“YOU WERE BORN FOR A REASON is a solemn and profound book.”(『なぜ生きる』は厳粛にして深遠な書である)と裏表紙に記述する。[29]

『宗教問題』編集長小川寛大氏:すべての取材の中で通底して感じたのは“葬式仏教として堕落した伝統仏教教団”への痛烈な批判であった。(中略)これらは間違いなく現在の日本の伝統仏教に根深く存在する“問題点”である。そうだとすれば親鸞会とは、決して“突然変異的に現れたカルト”などではなく、いろいろな意味において“伝統仏教が生み出した存在”であるのだ。親鸞会をどう評価しようと、そこだけは押さえねばならない、と思わされた一連の取材であった[4]

本願寺僧侶紅楳英顕氏:親鸞会は、「本願寺は親鸞会は異安心(正しくない信仰をしている)と言うが、本願寺は無安心(信仰がない)だ」とも言っています。私は親鸞会を肯定的に評価する気などまったくありませんが、こういう親鸞会の、「本願寺は異安心だ」と言った批判は当たっている部分もあって伝統教団側はきちんと受け止め、反省すべきことは反省しないといけない[4]

真宗の伝統改革運動をしている親鸞会は、真宗教団で最大規模を誇る西本願寺に対する抗議を主としている。この会は、かって加賀の国、現富山県の一寺に育ち龍谷大学を卒業した高森顕徹により、1958年に創設されたものである。親鸞会会員は、釈迦牟尼から七高僧を経て親鸞聖人及び覚如、蓮如上人へと続いた正法の正当な継承者の一人、良き師と高森を仰いでいる。世襲によって代々続いてきた本願寺の門主らの権威は認めていない。高森の指導のもと、大変精力的にかつ根気強く親鸞聖人の真実の教えに戻るようにと本願寺に要求している。蓮如上人以後、本願寺が特権を持つ有力な宗教団体にまで成長していった時代に、徐々に教えを歪曲してきたと主張しているのだが、驚くべきことに親鸞聖人回帰説をとっているこの会が蓮如上人をおろそかにしたり、避けたり(無視したり)するようなところが見られない。それどころか、同会における蓮如上人像は伝統的な信者の敬愛していたものとほとんど一致しており、上人が徹頭徹尾祖師親鸞の教えを継承させていると断言している。親鸞会で行う礼拝では『御文章』の「聖人一流の章」または「白骨の章」を読み添えることを常としている。 [30]

連載企画/蓮如さん(23)、第1部・世は乱れ法も無く(その13):北陸から全国展開、若者集める親鸞会 親鸞会の集会は親鸞の「正信偈」などを唱えるお勤めや法話から成り、特に真宗と変わらない。だが、日曜ごとに全国各地で開催される高森会長の法話会は常に満員の盛況である。大学生など若者が詰めかけるのも真宗では見られぬ光景だった。[31]

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか?』p210)
  2. ^ 『蓮如さん今を歩む: 真宗王国と新宗教』北國新聞社出版局、1996年12月1日。ISBN 978-4833009621 
  3. ^ a b GW後に本性を現す「浄土真宗親鸞会」”. オーマイニュース. 2024年4月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『宗教問題15:親鸞会とは何か』合同会社宗教問題、2016年8月31日。ISBN 978-4990852641 
  5. ^ a b c d 野党共闘に冷や水 民主・社民推薦候補に“新興宗教”幹部疑惑”. 日刊ゲンダイ (2016年2月25日). 2024年4月1日閲覧。
  6. ^ 別冊宝島編集部『日本の新宗教50完全パワーランキング』
  7. ^ a b c d e f g 小沢浩『岩波講座 日本通史 第21巻』岩波書店、1995年8月1日。ISBN 978-4000105712 
  8. ^ a b c 要望書(NHK)” (PDF). 日本脱カルト協会 (2009年8月20日). 2024年4月6日閲覧。
  9. ^ a b 【参院選】民主・社民推薦の候補はカルト宗教の幹部信者だった=石川選挙区”. やや日刊カルト新聞 (2016年2月25日). 2024年4月1日閲覧。
  10. ^ 「親鸞会は(乃至)会員約五万人」読売新聞 1980年5月28日
  11. ^ 「現在の会員数は約10万人で」小沢浩「新宗教の風土」
  12. ^ 別冊宝島編集部『日本の新宗教50完全パワーランキング』
  13. ^ [引用:新宗教教団・人物亊典 井上順孝 編集 106頁]
  14. ^ a b 『「神よ仏よ」 信仰厚き北陸路を行く』富山新聞、1997年10月28日。 
  15. ^ 5.勧誘開始”. 浄土真宗親鸞会被害家族の会. 2024年4月6日閲覧。
  16. ^ a b c d e 瓜生崇『さよなら親鸞会 脱会から再び念仏に出遇うまで(特別版)』サンガ伝道叢書、2017年12月1日。ISBN 978-4908812088 
  17. ^ a b 要望書(世田谷区)” (PDF). 日本脱カルト協会 (2014年9月4日). 2024年4月7日閲覧。
  18. ^ 新歓期を迎えた東京大学で偽装勧誘が横行”. やや日刊カルト新聞 (2014年4月22日). 2024年4月1日閲覧。
  19. ^ 櫻井義秀『信教の自由というリスク』(レポート)〈第4回日韓宗教研究フォーラム. 平成19年8月20日~平成19年8月21日. 浅口市〉2008年。hdl:2115/35237https://hdl.handle.net/2115/352372024年5月13日閲覧 
  20. ^ 藤倉善郎×鈴木エイト どうなる旧統一教会…宗教法人解散か延命か、他の団体への波及は?”. 日刊ゲンダイ (2023年1月2日). 2024年4月1日閲覧。
  21. ^ カルト問題”. 真宗大谷派 宝林寺. 2024年4月6日閲覧。
  22. ^ 世田谷区への要請について”. 日本脱カルト協会 (2014年9月4日). 2024年4月7日閲覧。
  23. ^ 日本脱カルト協会が世田谷区に要望書「親鸞会への施設提供中止を」”. やや日刊カルト新聞 (2014年10月14日). 2024年4月1日閲覧。
  24. ^ 講師がデタラメ釈明を連発=NHK文化センターはカルト宗教の草刈り場?(3)”. PJニュース (2009年9月6日). 2024年4月6日閲覧。
  25. ^ 宗教「勧誘に注意」の報道で団体名を伏せられる謎”. 東洋経済オンライン (2023年2月5日). 2024年4月1日閲覧。
  26. ^ 衆院選2017 立候補者情報 柴田未来”. 時事通信社. 2024年4月7日閲覧。
  27. ^ 希望の党、柴田未来氏を公認=衆院選・石川2区”. やや日刊カルト新聞 (2017年10月5日). 2024年4月1日閲覧。
  28. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか』三笠書房(2009)p210
  29. ^ 川端康成氏にノーベル賞をもたらしたサイデンステッカー氏も絶賛した親鸞聖人の講演会”. 浄土真宗親鸞会. 2022年12月21日閲覧。
  30. ^ 『蓮如』 マイナー・T・ロジャース アン・T・ロジャース 共著 原文The Shinrankai, a reform movement within Shinshu tradition directs its protests primarily against the Nishi Honganji as the largest branch. It was founded in 1958 by Takamori Kentetsu, a graduate of Ryukoku University,who grew up in a temple household in Toyama prefecture, formed Kaga province. Takamori is seen by members of the Shinrankai as the good teacher (zenchishiki) within a dharma-lineage beginning with Sakyamuni and continuing through the seven Pure Land masters to Shinran, Kakunyo, and Rennyo.The authority of other head priests in the Honganji hereditary lineage is not recognized. Under Takamori's leadership, the Shinrankai vigorously and persistently summons the Honganji to return to Shinran's true teaching, unsullied by what are perceived to be distortions that developed in the years following Rennyo when the Honganji became a privileged and powerful religious institution. A striking aspect of the Shinrankai is that, in espousing a return to Shinran, there is no effort to downgrade or bypass Rennyo. Indeed the organization's image of Rennyo is very close to that of traditional sectarian piety, taking for granted that his teaching is wholly continuous with that of the founder. The Shinrankai's liturgical practice regularly includes the reading of one of The Letters, either "On realizing faith," Shonin ichiryu no (5:5), or "On white bones, Hakkotsu no sho (5;16); see Jodo Shinshu Shinrankai,ed., Shoshin seiten(Takaoka: Shinrankai, 1988). Indicative of the movement's aggressive stance is the title of one of its publications, challenging the Honganji to respond to its charges; see Jodo Shinshu Shinrankai, ed., Shinrankai kaku kotaeru/Honganji naze kotaenu (Takaoka. Shinrankai,1985), with part one by Takamori.The Shinrankai headquarters are in Takaoka, Toyama, with groups in major cities in Japan as well as with representatives in Brazil and North America.
  31. ^ 引用 北陸富山新聞 1996.02.03 朝刊 30頁

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集