メインメニューを開く

浅井 助七郎(あざい すけしちろう、生年不詳 -元亀元年6月28日1570年7月30日)は、戦国時代の武将。近江浅井氏の一門衆、もしくは浅井姓を与えられた近臣と思われる。

元亀元年6月28日1570年7月30日)の姉川の戦いでは、浅井長政の配下として働いた。しかし、奮戦するが、織田軍の赤母衣衆筆頭の前田利家一騎打ちし、討ち取られた。