メインメニューを開く

浅井 得一(あさい とくいち、1913年 - 2003年[1])は、日本の地理教育学者軍人

経歴編集

東京生まれ。京都帝国大学文学部地理学専攻卒。小牧実繁らの大東亜地理学派の一人。戦時下の1942年12月南方軍情報官としてビルマに赴任、陸軍司政官となる。1944年4月25日、南方軍ビルマ方面軍磯村武亮参謀副長の示唆を受け、ビルマ国国家主席・バー・モウの暗殺を企てるが、ビルマ兵の警戒により失敗[2]逮捕されるも日本へ帰される。逃亡中、長く豚小屋に潜んでいたため豚コレラに感染。終生、右腕が不自由で、黒板の板書は利き腕ではない左手で書くので板書には苦労した。

その後、京都大学人文科学研究所嘱託研究員、1960年、「日本の都市人口地理学的研究」で日本大学文学博士。日本大学助教授明治大学教授、玉川大学講師国士舘大学教授、日本地理教育学会会長を歴任する。

著書編集

1 (アジア)
2 (西南アジア・アフリカ)
3 ヨーロッパ
4 北アメリカ
5 南アメリカ
6 オセアニア
  • 『たべものの地理』玉川大学出版部 1975
  • 資源の地理』玉川大学出版部 1978 玉川選書
  • 『東京地名風土記』産業能率短期大学出版部 1978
  • 『ビルマ戦線風土記』玉川大学出版部 1980 玉川選書
  • 『わたしたちの日本』全16巻 小峰書店、1984-1985
1 (ふるさとの山や川)
2 (ふるさとの海と海岸)
3 (ふるさとの湖と池)
4 (ふるさとの気候)
5-6 (ふるさとの農業牧畜)
7-8 (ふるさとの鉱業工業)
9 (ふるさとの林業水産業)
10 (ふるさとの商業交通)
11 (ふるさとの文化財)
12-13 (ふるさとの動物)
14 (ふるさとの植物)
15 (ふるさとの公害)
16 (ふるさとの調べかた)

編著編集

  • 『総合地理事典』編著 明治図書出版 1957
  • 『玉川こども百科 66 かんとう』玉川大学出版部共編 誠文堂新光社 1957
  • 『玉川こども百科 94 東南アジア』玉川大学出版部共編 誠文堂新光社 1960
  • 『玉川児童百科大辞典 18 世界地理』玉川大学出版部共編 誠文堂新光社 1967
  • 『郷土の研究事典』編著 小峰書店 1968

脚注編集

  1. ^ 柴田陽一「アジア・太平洋戦争期の戦略研究における地理学者の役割 -綜合地理研究会と陸軍参謀本部-」
  2. ^ 『ビルマの夜明け - バー・モウ(元国家元首)独立運動回想録』373頁。

参考編集