浅井 政信(あざい まさのぶ)は、戦国時代武士浅井氏の家臣。

 
浅井政信
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文12年(1543年
官位 大和介
主君 浅井亮政久政
氏族 浅井氏
父母 浅井直政
兄弟 政信蔵屋
政澄政重政成政連
テンプレートを表示

来歴編集

父は浅井直政(浅井宗家・浅井忠政の嫡子)とされる。浅井亮政久政に奏者として仕えた。

直政の子には政信の他に亮政と赤尾教政がいたという系譜がある。一方、別の系譜では、亮政は忠政の弟・浅井直種の実子であり、亮政は直政(従兄弟)の娘の蔵屋と婚姻し、婿養子となったと記されているのみであり、政信は登場しない。

赤尾教政の浅井家一門としての系譜も不詳である。