メインメニューを開く

浅井東兵衛

日本の政治家

浅井 東兵衛(あさい とうべえ、1927年2月25日 - 2019年3月16日)は、日本政治家。元一関市長。

来歴編集

岩手県一関市出身。中央大学中退。郷里に帰り、石油製品販売業を営む。1995年岩手県議会議員に当選、1期務めた。1999年の一関市長選に立候補して初当選した。2003年でも再選。2005年に一関市は近隣の6町村と合併し、新一関市が発足。合併直後の一関市長選挙では無投票で当選した。2009年に引退した。2010年に建設事業関係功労者として国土交通大臣表彰を受賞[1]。同年旭日小綬章受章[2]

2019年3月16日、多臓器不全のため市内の病院で死去。92歳没[3]。叙従五位[4]

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ “1万3千人の長寿を祝福/浅井東兵衛さん国土交通大臣表彰を受賞”. 一関市HP. (2010年9月28日). https://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/18,20676,153,320,html 2019年4月2日閲覧。 
  2. ^ 「秋の叙勲 県内から73人=岩手」『読売新聞』2010年11月3日朝刊
  3. ^ “新一関市の初代市長 92歳 浅井東兵衛氏死去”. 岩手日日新聞社. (2019年3月18日). https://www.iwanichi.co.jp/2019/03/18/301007/ 2019年4月2日閲覧。 
  4. ^ 『官報』7493号、平成31年4月22日
先代:
初代
  一関市長(新)
2005年 - 2009年
次代:
勝部修