浅川 梨奈(あさかわ なな、1999年4月3日 - )は、日本女性アイドル女優SUPER☆GiRLSのメンバー。

あさかわ なな
浅川 梨奈
プロフィール
愛称 なぁぽん
生年月日 1999年4月3日
現年齢 19歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 B型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 158.9 cm / kg
活動
デビュー 2012年
ジャンル アイドル
所属グループ SUPER☆GiRLS
活動期間 2012年 -
他の活動 女優
グラビアアイドル
事務所 エイベックス・マネジメント
公式サイト プロフィール
主な出演作 映画
『鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ』
『咲-saki-』
『人狼ゲーム マッドランド』
ドラマ
『オキナワノコワイハナシ』
『ファイブ』
受賞歴

『第3回 カバーガール大賞』コミック部門賞(2017年)[2]

『第4回 カバーガール大賞』コミック雑誌部門賞(2018年)[3]
アイドル: テンプレート - カテゴリ

埼玉県出身[4]エイベックス・マネジメント所属。

目次

略歴編集

アイドル活動開始編集

小学生の頃からSUPER☆GiRLSAKB48などのアイドルが好きで、『avex アイドルオーディション2012』に応募[5]。2012年5月19日に開催された最終選考に合格し、iDOL Streetのデビュー候補生であるストリート生に3期生として加入した。同年6月12日、『SUPER☆GiRLS生誕2周年記念SP & アイドルストリートカーニバル2012』でストリート生内のチーム「e-Street TOKYO」メンバーとして初お披露目された[6]。オーディションに応募したキッカケについて本人は「大好きなスパガさんと一緒にライブとか出てみたぃなーって思ったんですっ」と語っている[7]

同年12月25日、iDOL Street第3弾グループ「GEM」のスターティングメンバーに選抜されたことが発表された[8]。以降、GEMの正式メンバーが決定するまでのあいだは、GEMスターティングメンバーとしての活動とストリート生としての活動を並行して行うこととなる[9]。だが、2013年6月11日に開催された『SUPER☆GiRLS 生誕3周年記念SP アイドルストリートカーニバル 日本武道館 〜超絶少女たちの挑戦2013〜』のステージ上で発表されたGEMの正式メンバーからは落選した[10]。その後はストリート生としての活動に専念し、フィアスホームのCMに出演したり[11]静岡朝日テレビの情報番組『ピンクス』のイメージキャラクター「2代目コピンク」に選ばれたり[12]、個人としての活動の幅を広げていった。

SUPER☆GiRLS加入編集

2013年12月22日に開催された『iDOL Street Carnival 2013 WINTER X'mas Special 〜これが私のアイドル道〜』に出演し、2014年2月23日にSUPER☆GiRLSの新メンバーとして加入することが発表された[13]。この人事についてiDOL Streetの統括プロデューサーである樋口竜雄は「GEMのスターティングメンバーを試していた期間だったんですよね。浅川もその中にいたんですけど、試していく中で浅川はやっぱりスパガなんじゃないかなって思い始めて……。それで、武道館の時にGEMのメンバーを決定して、それでそこから外れてしまった浅川がスパガになっていくっていうストーリーをイメージしたのがその辺りの時期ですね。」と語っている[14]。2014年1月26日開催の『ストリーーーーーグ2 FINAL 閉会式スペシャル』をもってストリート生としての活動を終了し[15]、同年2月23日開催の『SUPER☆GiRLS LIVE 2014 〜超絶革命〜 atパシフィコ横浜国立大ホール』でSUPER☆GiRLSの"第2章"メンバーとして初お披露目された。

グラビアアイドルとして編集

グループ活動のかたわら個人としての活動の幅を更に広げていき、2015年6月に発売された『週刊プレイボーイ』27号で本格的な水着グラビアに初挑戦[注 1]。「1000年に1度の童顔巨乳」と話題になった[16][17]。また同年8月に発売された『週刊ヤングマガジン』39号では初登場ながら表紙・巻頭グラビア・巻末グラビアまでぶち抜きで起用された。初登場にして誌面をジャックするのは創刊以来初めての出来事だった[18][19]

その後も『グラビアザテレビジョン』[注 2]、『週刊ヤングマガジン』[注 3]、『月刊ヤングマガジン[注 4]、『ヤングチャンピオン[注 5]、『ヤングアニマル[注 6]、『週刊少年チャンピオン[注 7]、『ヤングガンガン[注 9]、『別冊ヤングチャンピオン[注 10]、『ENTAME genic』[注 11]、『週刊少年サンデー[注 12]、『ヤングアニマル嵐[注 13]、『週刊プレイボーイ』[注 15]、『漫画アクション[注 16]、『週刊少年マガジン[注 17]、『グラビアザテレビジョンExtra』[注 18]、『週刊ビッグコミックスピリッツ[注 19]、『週刊プレイボーイ グラビアスペシャル SUMMER 2017』[注 20]、『ヤングキング[注 21]、『FLASH DIAMOND』[注 22]に、単独で表紙+グラビアに起用されている。そして2017年3月には、2016年に発売された雑誌や電子雑誌のなかで表紙を飾った回数が多かった女性が選ばれる『第3回 カバーガール大賞』の「コミック部門賞」を受賞[2]、2018年3月には『第4回 カバーガール大賞』の総合第3位にランクインし「コミック雑誌部門」「10代部門」の各賞も受賞した[3]

2017年1月には初写真集『なないろ』を発表[20]。同写真集のテーマ「等身大」にかけた"リアル等身大バージョン"[注 23]を同年3月に発売した[21]。2018年4月には初のイメージ映像作品『お待たせしました!』を発売した。

女優として編集

2012年9月、SUPER☆GiRLS〜超絶☆歌劇団〜旗揚げ公演にストリート生から選抜されて出演。これが初舞台となり、女優業のはじまりである[22]。翌2013年には早くも、1本の短編映画、2本のテレビドラマ、2本の舞台、1本のCMに出演している。

2014年、短編映画の初主演となる『鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ』に出演[23]。2015年、テレビドラマの初主演となる『オキナワノコワイハナシ2015夏「アイドル」』に、舞台の初主演となる『座・花御代コンチェルト』に、それぞれ出演。2017年、長編映画の初主演となる『人狼ゲーム マッドランド』に出演した。

受賞歴編集

  • 『第3回 カバーガール大賞』コミック部門賞(2017年)[2]
  • 『TrenVeアワード2017』演技部門グランプリ(2017年)[24]
  • 『第4回 カバーガール大賞』コミック雑誌部門賞、10代部門賞(2018年)[3]

人物編集

SUPER☆GiRLSでのイメージカラー(超絶カラー)はミントグリーン。公式ニックネームは「なぁぽん」。キャッチコピーは「アイスト1のアイドルヲタク! 私の辞書に沈黙の文字はないのだーっ!」[25]。名前の「梨奈」を「りな」と読み間違えられることが多いため、改名したい悩みを持っているという[26]

アイドル研究が趣味で[4]、特に中野風女シスターズ風男塾)、PASSPO☆高橋みなみが好き[27][28][29]。また、同じ埼玉県出身のPASSPO☆の根岸愛や、元私立恵比寿中学廣田あいかなどと交流がある。この趣味を活かして「アイドルヲタクのアイドル」として、TBSテレビ有田チルドレン』(2015年8月25日放送)や日本テレビナカイの窓』(2016年5月18日放送)に出演し、自身の好きなアイドルについて語ったり、ヲタ芸を披露したりしている[30][31]。2017年2月に放送されたフジテレビプレミアの巣窟』で、今後の仕事への影響を考慮して"ヲタ芸収め"をした[32]

自他ともに認める「変わり者」とのこと[33]原付免許の試験を4回続けて落ちた経験もある[34]。アイドル好きかつ一人っ子であるうえに人懐こい性格ゆえ、メンバーから「レズビアン」と思われたこともある[35]

ドラマ版『咲-Saki-』で原村和を演じた際には、原作の読者である浅川自身が同役の特徴である巨乳を強調するために制服をきつく、本作の「はいてない」を表現するためにスカートを短くしてもらい、役作りに挑んだことを、キャストコメントにて明かしている[36]

作品編集

参加楽曲編集

  • 『コピンクス!メロディーズ2〜focalize〜』収録(2014年10月8日、スペースシャワーネットワーク
    • コピンク*feat.浅川梨奈「ティアラの条件」 - 「コピンクス!」2014年テーマ曲
    • コピンク*feat.浅川梨奈「スーパースター」 - 「コピンクス!」2014年テーマ曲
    • コピンク*feat.浅川梨奈「カリーナノッテ ARIETE」
  • 清澄高校麻雀部「きみにワルツ/NO MORE CRY」(2017年2月1日(2016年12月4日先行配信)、A-Sketch) - 「咲-Saki-」テーマ曲[37]
  • 妖ベックス連合軍「ハロ・クリダンス」(2017年9月27日、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ) - アニメ「妖怪ウォッチ」エンディングテーマ曲

映像作品編集

出演編集

映画編集

テレビ編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

  • Cheeky Parade独占密着〜アイドル前線行進中!(2013年5月20日、TBSチャンネル1
  • コピンクス!ストーリーズ(2013年10月26日・12月21日、静岡朝日テレビ) - 声優(ナナ 役)[55]
  • ストリーーーーーーグ!〜バレンタイン大作戦〜(2015年2月1日、BS-TBS) - ナレーション
  • ピンクス〜PINK!SS〜(2015年3月28日 - 、静岡朝日テレビ) - 番組プレゼンター
  • コピンクス! 2020(2017年10月10日 - 、静岡朝日テレビ) - 声優(ナナ 役)

ネット配信編集

  • 映画「咲-Saki-」公開&きみにワルツ発売記念!清澄高校麻雀部〜嶺上開花〜(2017年1月25日、ニコニコ生放送) - 浜辺美波廣田あいか私立恵比寿中学)と共演
  • 浅川梨奈、次に来るアイドルを探す(2017年3月15日、ニコニコ生放送)
  • なな星レストラン(2017年3月16日、ピンクスCHANNEL、Sun Set TV)
  • &美少女 NEXT GIRL meets Tokyo「meets6 原宿×PM1:00 &浅川梨奈」(2017年5月10日、フジテレビオンデマンド) - 主演・原口加奈美 役
  • ファイブ(2017年6月30日 - 8月17日、フジテレビオンデマンド) - ヒロイン・麻生ひな 役
  • SUPER☆GiRLS浅川梨奈×宇野常寛【特別対談】「アイドルの作法とアイドルブームのゆくえ」(2017年7月18日、ニコニコ生放送)
  • 高見と浅川のデレニヤな月刊ドルネク(2017年11月22日 - 12月27日、U-NEXT

ラジオ編集

  • 清澄高校麻雀部のオールナイトニッポンR〜映画『咲-Saki-』スペシャル〜(2017年2月3日、ニッポン放送) - 浜辺美波、廣田あいか(私立恵比寿中学)と共演
  • ラップが僕らのメッセージ〜フリースタイルラップ・サイファーと言う武器〜(2017年8月19日・2018年3月18日、NHK-FM) - MC

CM編集

舞台編集

  • SUPER☆GiRLS〜超絶☆歌劇団〜
    • 旗揚げ公演『妄想GiRLS』(2012年9月15日 - 22日、東京タワーフットタウン[22]
    • 2013年公演『SUPER☆WORLD 〜彼女達の冒険〜』(2013年11月2日・9日、DDD青山クロスシアター) - エンビー 役(日替わり)[60]
    • 2015年公演『SUPER☆WORLD RETURNS 〜彼女達の冒険〜』(2015年2月11日 - 15日、DDD青山クロスシアター) - 僧侶 役(△チーム)[61]
  • アリスインプロジェクト『ダウト!国立公安女子高』(2012年10月25日 - 28日、博品館劇場) - 月組 モエ 役[62]
  • W-Speak第7回公演『カンキン!?』(2013年7月11日 - 14日、赤坂元気劇場)[63]
  • Girls Street Theater 2015『座・花御代コンチェルト』(2015年11月6日 - 15日、CBGKシブゲキ!!) - 主演・楓 役(さくら組)
  • 「GANTZ:L」-ACT&ACTION STAGE-』(2018年1月26日 - 2月4日、天王洲 銀河劇場) - ヒロイン・岸本恵 役[64]

イベント編集

  • 映画『鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ』上映会&トークショー(2014年3月2日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014』会場 ホワイトロック/3月22日、AKIBAカルチャーズ劇場
  • ピンクス関連
    • ピンクス&コピンクス!トークライブ2014〜私のリバースデー〜(2014年3月13日、AKIBAカルチャーズ劇場)
    • ピンクス&コピンクス!スペシャルライブ2014〜嘘みたいな今日〜(2014年9月23日、静岡市清水文化会館
    • 『コピンクス!メロディーズ2〜focalize〜』リリース記念イベント@秋葉原ソフマップ(2014年10月8日、アキバ☆ソフマップ1号店)
    • ピンクス&コピンクス!ラストライブ2016 MOMENT memories/memorize(2016年3月12日、ディファ有明) - MCも務める
  • 映画『14の夜』関連
  • 映画『咲-Saki-』関連
  • 映画『人狼ゲーム マッドランド』関連
    • 初日舞台挨拶(2017年7月15日、シネマート新宿)
    • DVD発売記念 浅川梨奈トーク&お渡し会(2017年9月30日、HMV & BOOKS TOKYO)
  • UNIRAP 大学対抗 MC BATTLE 日本一決定戦(2017年9月8日、新宿ReNY) - MC
  • 映画『恋と嘘』初日舞台挨拶(2017年10月14日、TOHOシネマズ新宿TOHOシネマズ川崎
  • 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』舞台挨拶(2018年1月21日、梅田ブルク7T・ジョイ京都
  • 映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』関連
    • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」舞台挨拶(2018年3月17日、ひまわり)
    • 完成披露上映(2018年5月28日、ユナイテッド・シネマ豊洲)
    • 初日舞台挨拶(2018年6月9日、イオンシネマ板橋、シネマート新宿、イオンシネマみなとみらい、渋谷HUMAXシネマ/同16日、シネマート心斎橋
  • 映画『honey』初日舞台挨拶(2018年3月31日、丸の内TOEI新宿バルト9

イメージキャラクター編集

書籍編集

写真集編集

デジタル写真集編集

  • デジタル週プレ写真集(集英社
    • 浅川梨奈「始まり」(2015年12月14日)
    • 浅川梨奈「忘れられない冬に」(2016年4月1日)
    • 松永有紗/早乙女ゆう/浅川梨奈「2代目週プレ3姉妹 青春の1ページ」(2016年6月17日)
    • 浅川梨奈「アイドル」(2016年12月9日)
    • 松永有紗/早乙女ゆう/浅川梨奈「2代目週プレ3姉妹 日本一の富士3姉妹!」(2017年3月3日)
  • FRIDAYデジタル写真集 浅川梨奈「夢みるEカップ」(2017年5月26日、講談社)
  • FLASHデジタル写真集 浅川梨奈「SUPER☆BODY」(2017年7月28日、光文社
  • 週プレ PHOTO BOOK 浅川梨奈「浅川だってエロいのである。」(2017年9月8日、集英社)
  • SPA! デジタル写真集 浅川梨奈(2017年10月3日、扶桑社
  • ヤンマガデジタル写真集(講談社)
    • 浅川梨奈「はじまりの16歳」(2017年12月15日)
    • 浅川梨奈「常夏の記憶」(2018年1月12日)
  • ヤングチャンピオンデジグラ 浅川梨奈「vivid memories」(2018年6月1日、秋田書店

新聞コラム編集

カレンダー編集

  • アイドル×ビリヤード ポスターカレンダー2017(2016年、日本ビリヤード商工連合会)
  • 浅川梨奈 2018年 カレンダー(2017年10月21日、トライエックス)[68]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ グラビア以外での同誌初登場は2013年22号で、テレビドラマ『幽かな彼女』の紹介記事で登場した。
  2. ^ 2015年41号、2016年49号
  3. ^ 2015年45号、2016年4・5号、同18号、同26号、同30号、同40号、2017年4・5号、同25号、同46号、2018年6号、同17号
  4. ^ 2015年11号、2016年8号、2017年2号、2018年5号
  5. ^ 2016年1号、同6号、2017年12号、2018年7号
  6. ^ 2016年4号、同11号、2017年15号、2018年3号
  7. ^ 2016年14号、同31号、同40号、2017年1号、同29号、同39号、2018年9号
  8. ^ 同誌史上初となるソロDVDが付録としてついており、これは浅川自身にとっても初のソロDVDとなる。
  9. ^ 2016年7号、同17号、同23号、2017年19号[注 8]
  10. ^ 2016年12月号、2017年3月号、同8月号、2018年新年2月号
  11. ^ 2017年1月号
  12. ^ 2017年14号
  13. ^ 2017年4号、2018年5号
  14. ^ 「SUPER☆GiRLS結成7周年記念」と題し、裏表紙と巻末グラビアは渡邉幸愛だった。
  15. ^ 2017年12号、同26号[注 14]、2018年22号
  16. ^ 2017年14号、2018年7号
  17. ^ 2017年33号
  18. ^ 2017年4月
  19. ^ 2017年35号、2018年26号
  20. ^ 2017年8月
  21. ^ 2017年17号、同21号
  22. ^ 2018年4月15日増刊号
  23. ^ 10冊限定・完全受注制・定価32万4000円

出典編集

  1. ^ http://supergirls.jp/profile/detail.php?id=1000348
  2. ^ a b c “大賞は高畑充希!『第3回 カバーガール大賞』発表!乃木坂・西野七瀬、スパガ・浅川梨奈等が初タイトル” (プレスリリース), 株式会社エイゼップ, (2017年3月3日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000017780.html 2017年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b c “大賞は有村架純!『第4回 カバーガール大賞』発表!石原さとみ・浅川梨奈が部門賞連覇!齋藤飛鳥・小倉優香初タイトル!” (プレスリリース), 株式会社エイゼップ, (2018年3月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000017780.html 2018年3月4日閲覧。 
  4. ^ a b プロフィール:浅川梨奈”. SUPER☆GiRLS Official Website. エイベックス・マーケティング. 2016年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月1日閲覧。
  5. ^ 浅川梨奈 (2014年3月19日). “アイドル(´・_・`)”. 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ「アイドル大好きなぁぽんDays」. サイバーエージェント. 2016年5月23日閲覧。
  6. ^ 浅川梨奈 (2012年6月12日). “はじめまして★なぁぽん”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  7. ^ 「スト生新聞」、『Top Yell 2013年9月号』76頁、2013年8月6日 
  8. ^ GEM (Girls Entertainment Mixture) 2012.12.25 OP MOVIE. エイベックス・マーケティング.. (2012年12月25日). https://www.youtube.com/watch?v=BcOplOJm06Y 2016年5月23日閲覧。 
  9. ^ 樋口竜雄 (2012年12月25日). “iDOL Street 第3弾アイドル「GEM」結成”. GEM Official Blog. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  10. ^ 浅川梨奈 (2012年6月12日). “なぁぽん(・_・)武道館”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  11. ^ a b “フィアスホーム新CM「大事なもの篇」スタート!” (プレスリリース), LIXIL住宅研究所, (2013年4月9日), http://www.fiace.jp/pdf/130409tvcm.pdf 2014年1月1日閲覧。 
  12. ^ a b 特集"GEMデビュー& 新コピンク・浅川梨奈 挨拶"篇 静岡朝日テレビ「コピンクス!」2013/12/23放送. 静岡朝日テレビ.. (2013年12月23日). http://www.youtube.com/watch?v=UB5V0F61lko&feature=youtu.be&noredirect=1 2014年1月1日閲覧。 
  13. ^ “スパガ新メンバーは13歳&14歳”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年12月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131222-1234668.html 2014年1月1日閲覧。 
  14. ^ 編集部パワープッシュ iDOL Streetリレー特集〜前島亜美(SUPER☆GiRLS)×樋口P 編〜”. SOCIAL TV STATION 2.5D. 2.5D (2016年1月13日). 2017年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  15. ^ 樋口竜雄 (2013年12月22日). “12/22「SUPER☆GiRLS Next Street 2014」本日の発表内容”. SUPER☆GiRLSオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  16. ^ 1000年に一度の「童顔巨乳」スパガ浅川梨奈に撃沈”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2015年6月22日). 2015年6月27日閲覧。
  17. ^ 浅川梨奈、"1000年に1度の童顔巨乳"に恐縮「顔面的には3日に1人の逸材」”. マイナビニュース. マイナビ (2015年6月23日). 2015年6月27日閲覧。
  18. ^ “「1000年に一度の童顔巨乳」スパガ浅川梨奈 ヤンマガ"占拠"”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/18/kiji/K20150818010958780.html 2015年8月24日閲覧。 
  19. ^ “「"1000年に一度の童顔巨乳"スパガ浅川、史上初の"ジャック"”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2015年8月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150818/ido15081805030001-n1.html 2015年8月24日閲覧。 
  20. ^ a b 1000年に一度の童顔巨乳・浅川梨奈、待望のファースト写真集が発売決定。「ど迫力BODYをとくとご覧ください」”. M-ON! MUSIC NEWS. エムオン・エンタテインメント (2016年12月19日). 2016年12月19日閲覧。
  21. ^ “"1000年に一人の童顔巨乳"浅川梨奈、"リアル等身大バージョン"写真集は32万4000円”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170129/ido17012915270003-n1.html 2017年1月29日閲覧。 
  22. ^ a b SUPER☆GiRLSをはじめ、iDOL Streetのメンバーが舞台に初挑戦!!”. SUPER☆GiRLS Official Website. エイベックス・マーケティング (2012年7月22日). 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  23. ^ a b 浅川梨奈 (2013年11月28日). “なぁぽん*526*(・ω・`=)鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  24. ^ 『TrenVeアワード2017』演技部門グランプリ・浅川梨奈に突撃授賞式を敢行【アポなし取材動画必見!】”. TrenVe. TrenVe (2017年12月27日). 2017年12月30日閲覧。
  25. ^ 浅川梨奈 (2014年2月24日). “自己紹介(*´ω`*)”. 浅川梨奈オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年2月24日閲覧。
  26. ^ 1000年に1度の童顔巨乳、浅川梨奈が改名願望”. ORICON NEWS. オリコン (2017年3月7日). 2017年3月15日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ 浅川梨奈 (2013年8月25日). “なぁぽん☆流行に乗り遅れた感…”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  28. ^ 浅川梨奈 (2013年10月21日). “なぁぽん*残り97日*(´・_・`)お久しぶりなぎっくりちゃん”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  29. ^ スパガ浅川梨奈 高橋みなみと2ショット「心から尊敬」”. 日刊アメーバニュース. サイバーエージェント (2015年4月10日). 2015年8月24日閲覧。
  30. ^ "1000年に1度の童顔巨乳"浅川梨奈、TBS『有田チルドレン』で本性現す。「この番組も出禁です!!」”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2015年8月26日). 2015年8月28日閲覧。
  31. ^ 中居正広&バカリズム、「(スパガ)浅川梨奈は1000年に1度ですからね。同じ時代に生きていられる事を幸せに思わないと。」”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2016年5月20日). 2016年5月23日閲覧。
  32. ^ 浅川梨奈 (2017年2月28日). “おはよう(^^)/”. twitter. 2017年3月3日閲覧。
  33. ^ "1000年に一度の童顔巨乳"浅川梨奈の素顔 自他とも認める「変わり者」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2015年9月2日). 2015年10月3日閲覧。
  34. ^ 浅川梨奈、ヤンキー美少女役に「"巻き舌"は意識しました」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年7月3日). 2017年7月3日閲覧。
  35. ^ Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS. TOKYO MX. 2015年7月18日放送.
  36. ^ 浅川梨奈(和)コメント”. 咲-Saki-実写化プロジェクト公式サイト (2016年2月9日). 2018年1月22日閲覧。
  37. ^ 「咲-Saki-」OP曲担当は清澄高校麻雀部!浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいから歌唱”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年11月11日). 2016年12月4日閲覧。
  38. ^ 『浅川梨奈出演! 「大人の文化祭」出品ショートムービー』”. iDOL Street Official Website. エイベックス・マーケティング (2013年8月14日). 2013年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  39. ^ 映画祭の楽しさを全国へ!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」への特別協賛 及び 映画祭上映作品 BSスカパー!で放送決定”. スカパー!エンタメ情報館. スカパーJSAT (2014年1月15日). 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月20日閲覧。
  40. ^ "性春"真っ只中!「14の夜」煩悩まみれの中2男子切り取ったポスタービジュアル”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2016年9月13日). 2016年9月14日閲覧。
  41. ^ 「でけぇおっぱいもませろーっ!」中学生男子が叫ぶ「14の夜」予告編”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年9月29日). 2016年9月30日閲覧。
  42. ^ a b “咲-Saki-:実写版主要キャスト一挙19人公開 原村和役にスパガ浅川梨奈 武田玲奈、永尾まりやも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2016年10月27日). http://mantan-web.jp/2016/10/27/20161027dog00m200016000c.html 2016年12月13日閲覧。 
  43. ^ a b 「咲-Saki- 阿知賀編」に浅川梨奈が原村和役で再び、新キャスト解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年11月17日). 2017年11月18日閲覧。
  44. ^ 浅川梨奈主演「人狼ゲーム マッドランド」が7月公開、共演に松永有紗や佐奈宏紀”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年6月3日). 2017年6月3日閲覧。
  45. ^ 森川葵×北村匠海×佐藤寛太「恋と嘘」に徳井義実、浅川梨奈らが参加”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年6月21日). 2017年6月21日閲覧。
  46. ^ 佐野岳が「honey」でMr.KING平野紫耀と共演、水谷果穂や浅川梨奈も出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年7月4日). 2017年7月4日閲覧。
  47. ^ スパガ浅川梨奈がゾンビ化!?「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」公開”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年12月21日). 2017年12月21日閲覧。
  48. ^ トウキョウ・リビング・デッド・アイドル”. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会、特定非営利活動法人ゆうばりファンタ (2018年2月5日). 2018年2月20日閲覧。
  49. ^ 浅川梨奈 (2013年2月11日). “浅川梨奈★なぁぽん★初GEM公演!!”. e-Street TOKYO オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年1月1日閲覧。
  50. ^ 小原南中学校 3年2組 座席表”. 幽かな彼女. 関西テレビ放送 (2012年3月12日). 2013年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  51. ^ “浅川梨奈&南口奈々「オキナワノコワイハナシ」に登場”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2015年7月24日). オリジナル2016年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161001000000*/http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar1047201/le2382/20150724/2_201507241902541646/ 2016年12月13日閲覧。 
  52. ^ “スパガ浅川梨奈、2日連続でドラマ出演を発表”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年3月24日). https://www.barks.jp/news/?id=1000140038 2017年3月25日閲覧。 
  53. ^ “スパガ・浅川梨奈、学園ラブコメのヒロインに抜擢!「高校生活をまともに送れていないので、本当の学校のようで楽しいです!」”. M-ON! Press (エムオン・エンタテインメント). (2017年3月23日). http://www.m-on.press/music-news/0000098577 2017年3月25日閲覧。 
  54. ^ “スパガ浅川梨奈、連続ドラマ「さくらの親子丼」でシングルマザー役”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年9月29日). http://natalie.mu/music/news/250718 2017年9月29日閲覧。 
  55. ^ コピンクス!ストーリーズ 〜star chat〜”. 静岡朝日テレビ. 2017年10月25日閲覧。
  56. ^ “犯人は…童顔巨乳だった!?「少年サンデー」衝撃の予告の正体はスパガ・浅川梨奈!グラビアでコナン風衣装も披露”. music.jpニュース (music.jp). (2017年3月1日). http://music-book.jp/comic/news/news/137039 2017年3月2日閲覧。 
  57. ^ 浅川梨奈:「マンガUP!」CMで部屋デート”. まんたんウェブ. MANTAN (2017年11月18日). 2017年11月18日閲覧。
  58. ^ スパガ浅川梨奈、胸の谷間を見せながらのトレーニングシーンも披露 初のゲームCM出演”. GirlsNews. レゾリューション (2017年12月2日). 2017年12月3日閲覧。
  59. ^ 『放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜』の新TVCMに「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈さんを起用! 3月20日(火)より関東・関西・中部の3地区で放送開始”. ゲームエイト. ゲームエイト (2018年3月16日). 2018年3月16日閲覧。
  60. ^ 「超絶☆歌劇団 2013」開催決定!!”. SUPER☆GiRLS Official Website. エイベックス・マーケティング (2013年9月24日). 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  61. ^ 「超絶☆歌劇団 2015 ~SUPER☆WORLD RETURNS~」”. SUPER☆GiRLS Official Website. エイベックス. 2017年12月1日閲覧。
  62. ^ ダウト! -国立公安女子高-|アリスインプロジェクト”. CoRich舞台芸術!. こりっち. 2014年1月1日閲覧。
  63. ^ 秋山莉奈・浅川梨奈(e-Street TOKYO)・中村知世が舞台 W-Speak「カンキン!?」で熱演中!”. GirlsNews. レゾリューション (2013年7月13日). 2014年1月1日閲覧。
  64. ^ GANTZ:初の舞台化 浅川梨奈がヒロイン岸本恵に”. まんたんウェブ. MANTAN (2017年11月17日). 2017年11月17日閲覧。
  65. ^ 浅川梨奈、フィアスホーム新イメージキャラクターに就任!”. iDOL Street Official Website. エイベックス・マーケティング (2013年4月11日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  66. ^ “ポケットにアイドルを「Girls In the Pocket」” (プレスリリース), ヴィレッジヴァンガード, (2017年7月28日), https://vvstore.jp/feature/detail/11217/ 2017年8月22日閲覧。 
  67. ^ "1000年に一度の童顔巨乳"浅川梨奈、JKラスト写真集”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2018年2月20日). 2018年2月20日閲覧。
  68. ^ スパガ浅川梨奈、初のソロカレンダー発売に大反響!【#浅川梨奈】がTwitterのトレンド入り”. M-ON! MUSIC. エムオン・エンタテインメント (2017年10月29日). 2018年3月16日閲覧。

外部リンク編集